今日は「ほろ酔い絵本会」のご紹介本。
これも<hima>さんのおススメですね。


文章は谷川俊太郎さん
絵は土佐信道さん
出版社はクレヨンハウスです。

<hima>さんは
「この本については以前娘に読んだ時の反応をブログに書きました。
拙文ですがご参考まで。
http://korobomemo.blog110.fc2.com/?no=102
とご紹介くださっていますので
リンクの文章もどうぞお読みくださいませ♪

こんなにステキな体験記があるんなら、ワタシもういいんじゃね?

終わってしまいたい気持ちをグッとこらえてw

いやでもホントにねー
書くこと少なくなりますよ。
だって文章が谷川さんですもんw
こんなふうに突拍子もない言葉の組み合わせを「アリ」にしちゃうセンスをほめて
あと
どうするの?ってカンジ☆

ビックリして
面白くて
圧倒されて
すげー!で終わっちゃうという。。。

絵の土佐さんは「明和電機」という芸術ユニットの方なんですね。
ユニット名だけは記憶にありましたが…
ってことで
Wikiの記事をこちらにリンクしました。

なるほど
オシャレなわけだ…

この挿絵
とってもあか抜けてます。デザインぽくてシャープなので
絵に興味ある大人の人も好むでしょうね。

ただ

絵本ってこういうのでいいんじゃね?
って
勘違いする人が増えないといいな~

と、ワタシちょっと心配よ★
だってこういう絵本って
かなりのハイセンスじゃないと、
だっさいを通り越して「つまんなくて読めたもんじゃねえよ!」とキレそうになったりしますからねぇ…。

これはハイクオリティの特例です!


大文字色文字にして
やっと安心したりしてw

でもって
言葉のリズムにしても、独特の絵にしても
やっぱりニガテな人もニガテなお子さんもいらっしゃると思いますので
この本に関しては、購入するなら先にちょいっと試し読みをして
気に入った!って反応をちゃんと得てからのほうがいい
ように感じます。

好きになればもう
ハマってぽえ~っと眺めるだけで幸せになれる
そんな本でございますからね♪
スポンサーサイト

中をそうぞうしてみよ

おかしなおかし

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。