不定期でぽちぽちと更新する
「ほろ酔い絵本会」での皆さんのおススメ絵本紹介。
本日は<よく眠りたまに色々考える主婦>さんのおススメ本です。
<よく眠りたまに色々考える主婦>さんは、絵のきくちちきさんのデビュー作で
『絵本の世界で天才と称されていくであろう作家の誕生にリアルタイムで立ち会えたのだわ!と震え』たそうですよ。
このデビュー作、ワタシは残念ながら未読ですので
読んだらまたぜひ紹介したいと思います!
(そういえば、ほろ酔い絵本会で作家さんかぶりしたのって
きくちさん絵本なんですよ。1次会でも2次会でも現物がとびかっておりました)


内容紹介
ひとりきままに山でくらすやまねこ。あるひ、街へ出てみようと歩き出します。
途中、道ばたに倒れている子猫をたすけ、放っておけなくて山へ連れ帰る事に。
それから2匹の楽しい暮らしが始まるのですが…豊かな自然の世界を、大人気のどいかやと、新鋭の絵描き、きくちちきが描きます。

文章・絵は内容紹介にありますので割愛。
出版社はイースト・プレスです。

この絵本はねぇ
春のうちに読んでおくべき!って気がします。
たんぽぽが大事なモチーフなんですが
黄色が大変素晴らしいので
絵本の前でも後でもいいから外に出て
咲いているタンポポとあわせて愛でていただきたいのですよ。

でもってやまねこが黒猫でねぇ。
タンポポの黄色や白に色が映えます。美しいコントラストです。

落ち着いたムードの本なので
女性でも声の低い人、もしくは男性が読むとステキに響きそう。
やまねこの性別は書いていないのですが
ワタシのなかでは少しだけ老いたジェントルマンになっております。
人でいうと、ちょっと古びてはいるけれど手入れのしっかりしたお仕着せを着た執事のような感じ?
でなかったら
「山崎ぶたぶた」さんかなw
なんかやまねこの声って、ぶたぶたさんと似てるんじゃないかしらんと勝手に妄想してニヤついちゃいます。

文章は少なめです。
音読で読むときには余韻をもたせながらゆったり読むのがおススメかも。
文章も絵も
ゆとりを楽しむというか、森の木漏れ日が透けて見えるのを味わうというか
そんなとっても柔らかい雰囲気。
「和」そのもの、とは違うのですが、「和風」ならうなずけるかしらん。
一枚薄~い紗がかかっていて、その透けたようすがハッキリ見えるより趣がある
ように感じるのですよね。

時間のゆとりを持って
ふわんとした気持ちでのんびりと楽しむのがふさわしい1冊でございます。

どいさんもきくちさんも
まだまだこれからの作家さんたちですので
この1冊も楽しめるし
今後にも期待大です。
コンビでもヨシ、別々でもヨシなので
この方たちの作品は、読んだらまた紹介することあると思います~^^
スポンサーサイト

【開催&まとめ報告】オトナまんが会第1回終了&ざっくりまとめができております

みみかきめいじん

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。