こちらも「ほろ酔い絵本会」で上がった作品。
選んでくださったのは、ブディマン・きゅうべえ・グルン さん。
紹介文はこちらご参照ください→ http://booklog.jp/users/horoyoiehon/archives/1/4265068197


商品の詳細説明
ボブ・ディランの名曲『Forever Young』に、詩人アーサー・ビナードの訳詩と、新たに爽やかな絵が加わって、希望あふれる絵本になりました!『Forever Young』は、1974年に発表されてから老若男女にうたわれてきた、子どもを思うあたたかな名曲。これまで正式な日本語訳がなかったこの曲を、アメリカ生まれの日本語の詩人アーサー・ビナードが歌える日本語訳にしました。ロックの歴史的名曲と絵本の新しい出会いを味わえる絵本。

詞は上記にもありますように、ボブ・ディランで
訳がアーサー・ピナード。
絵はポール・ロジャース
出版社は岩崎書店です。

さらに中の絵が気になった方に朗報♪
なんと、You tubeで動画を発見しました!下の画面をどうぞ♪


もう、きゅうべいさんの紹介文読んだら
リンク読んでもらって終わりでいいんじゃね?
ってステキさなんですけど
まー、そうもいきませんので追記しますわww

こんな絵本あったの~?ってのが真っ先に感じたこと。
だって
ボブ・ディランの詞の絵本ですよ?ボブ・ディラン!
そんなにポピュラーなんだー、ボブ・ディラン(←しつこいw)。

息子さんのことを考えていてできた曲だそうでして
この詞をみて思い出すのは
長渕剛の「乾杯」とか
斎藤和義の「ウェディング・ソング」とか?
でもなんかこう、ちょっと違いますよね~★
上記の2曲と合わせてワタシが感じたのは
『あなたの幸せを祈っていますよ』ってメッセージが共通してるかな?
ってことなんですけどね。

日本語訳は元歌のメロディーで歌えるように訳してあるそうですが
聴きこんでないとやっぱムリですわ。当たり前か。
ディランファンの方にはぜひ一度歌っていただきたいです。
そしてちゃんと歌えるよコメントをぜひ^^

でもって、
この絵本はとにかく製作者の方たちの入れ込みようがスゴイっぽいのが
なんとな~くですが伝わってきましてね。

絵に関しては
なんと、それぞれの見開きに
ゲームでいうところの『隠しアイテム』みたいなモチーフがちりばめられているそうです。
(てか、どうも隠しアイテムだらけっぽいですよ?)
ポール・ロジャースさんが巻末で「少しだけ」と言って教えてくださってますが
ワタシから見ると全然少しじゃないっすw
ボブ・ディランに限らず、洋楽好きな人はどれだけ探せるのかチャレンジしてみるとかなり楽しかろうと断言!洋楽オンチなワタシでも、アレとコレはわかったもんね~♪んっふっふ。

メッセージ性が強いのに押しつけがましくなくて
洋楽が好きになったら探し物もできるって
かなり奥深い作品でありますが
見た目はいたってシンプル。
だいたいこの表紙でいいんですか?ギターケースのアップて!

全体を通して
知らない人にも教えよう、というより知ってるよね?ってムード満載で
お国柄かなー、日本では洋楽好きさんじゃないとピンとこないぞー
と思いつつも
読んでみるとなんだかとてもいい本ですので
強くおススメしちゃいます。

God Bress You!
スポンサーサイト

キッパリ!

おいで、一緒に行こう 福島原発20キロ圏内のペットレスキュー

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。