この本も濃かった!です。
パワスト好き、パワーだけじゃなく石のこともう少し知りたいわ、って方必読かも。
【送料無料】ずかん宝石 [ 川嶋隆義 ]

【送料無料】ずかん宝石 [ 川嶋隆義 ]
価格:2,814円(税込、送料込)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
美しいカラー写真が満載!眺めるだけでも楽しめる。楽しいイラスト付きで、内容がすごくわかりやすい。地学的な話から歴史秘話まで。追随を許さない圧倒的な内容。宝石のでき方も科学的に解説。調べ学習に最適。採取・観察の方法や、宝石鑑別の話も。「観察&考察」する力が身につく。

文章は飯田孝一さん
写真は川嶋隆義さん
出版社は技術評論社です。

シリーズの「プランクトン」もおススメで~す♪

前回のプランクトンのディープさから予測はしていましたが
やっぱりマニアックです♪

対象年齢はプランクトンと同じく
小学校中学年以上、でしょうね。

このシリーズが好きな人って
知識欲や雑学欲が深いというか、知識に対して貪欲そうなイメージがあります。
面白そう!と思ったらとことんくいついていくというか。
逆に「だいたいのところがわかればいいよ」って感じだと「なんかめんどい本だなー」で終わっちゃうかも。
(パワーストーンの効果だけわかればいいんだーって人とかにはゼッタイすすめないなw)
そういう意味で、読者を選ぶタイプの本みたいですので
プレゼントにしようかなーと思われるなら
贈る相手の趣味とか傾向に対して
もうひと押し考えてから購入を決定しましょうね
^^


紹介している宝石ですが
一般的に言われている「宝石」ジャンルだけではなく
パワーストーンというカテゴリで知られるようになったタイプの石まで
ずいぶんと網羅しています。
いや、いいわコレ!

パワー的な意味こそ(当然ですが)ないものの
種類だの由来だのの情報がわかりやすい文章で書かれているし
何より写真と絵がステキ!
大人向けの本だと、
文章が難しかったり情報量が多いがために写真があまり載っていなかったりって本が多いのですよ。
嗚呼、素晴らしき哉 児童書!

情報量としては新書レベルをもうちょっとだけ軽くした感じ?
したがって、入門編としては文句なし!です。
難を言えばちょっと大きい?
でも、写真の量と質を考えるとねぇ。
ページ数は150Pを切っているので重さもまあまあレベルと思われますし
うん、とってもバランスのいい本じゃないかな。
結構強くおススメしちゃいますよん♪

近年、めっちゃパワーストーンブームですから
石の意味を書いた本は山盛り出版されています。
その手の本を1~2冊手に入れて
物足りないかも?でも専門書を買うほどでもないな~
なんて迷いがある方

ぜひぜひ手にとってご覧くださいませ。
キレイで面白いし
巻末に宝石が見られる全国の博物館の一覧も掲載されていますから
行ける範囲のご近所に該当施設があるか調べてみるのもまた一興^^

石にハマるかハマらないか?
この本で見極めてみるのも、アリかと思われます~♡

スポンサーサイト

おとなしい凶器 (「ホラーセレクション7 わが家の食卓にようこそ」収録) ※追記あり

チャーリーとチョコレート工場

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。