かえるが冬眠する前にご紹介w



出版社/著者からの内容紹介
であったかえるは目下、アパートさがし中。
かえるが探しあてたアパートは偶然あっちゃんの庭にありました。冬眠から覚めたかえると、春に又会うのが楽しみで、あれこれ考えるあっちゃん。心あたたまる一作。

どくしゃのみなさんへ
にわのすみに、ちいさないけがあって、はるがくるたびどこからか、かえるがやってきました。これは、そのかえるからきいたはなしです。――佐藤さとる

文章は佐藤さとるさん
絵は林静一さん
出版社は講談社です。

佐藤さとるさんの作品は子どものころ好きでして
けっこう読んだと思うんですが
この作品は知らなかったなぁ。
まあ、リアル子どもの時代だとン十年前ですからねw
知らない作品が多くて当たり前、なんですけどもww

お話自体はわりと佐藤さんっぽいかも?と思います。



村上さんの絵じゃないと印象違いますねぇw

佐藤さん、カエルがお好きみたいで
コロボックルシリーズでも結構重要な役柄(?)だったり
それ以外の作品でもちょくちょくお見かけしますが
林さんの描いてるカエルったら

こういうのをブサかわいいと言ってしまってOKなんでしょうか?
なんともくたびれた感じのオッちゃんふうのかえるさん。
引っ越し用らしい鞄と枕を持って
目が眠そうな半目で
かわいくもカッコよくもないのに
なんだかとってもキュートw
保護欲をくすぐられるというのでしょうか
主人公のあっちゃんが気になっちゃうのもわかるなぁ^^

三輪車に乗っているあっちゃんの手足が長くてオトナっぽかったり
おかあさんが妙に若くてかわいらしかったりと
ヒトは絵本というよりマンガっぽいですが
カエルのナイスさでそんなの帳消し!
ってくらい気に入りましたw

秋になって冷え込んできたら
思い出して取り出したくなるような絵本です。
たとえ庭に椿がなくてもね♪
スポンサーサイト

ふだんブログでコミックの紹介をしました

マグナス・マクシマス、なんでもはかります

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。