たまには赤ちゃん絵本、いきまーす♪


内容(「MARC」データベースより)
ぽかぽか、うらうら、ぽやぽや、そよそよ、ちもちも、のこのこ、もにもに、てこてこ…。青虫の散歩や葉を食べる様子、眠りにつく様子などを愉快な擬音とともに描く絵本。

著者はひろかわさえこさん
出版社はアリス館です。

ひろかわさんの作品は
ぷくちゃんのとことこあんよ
ぷくちゃんのねんねんぽっぽ
あのやまこえてどこいくの
を紹介しています。

ひろかわさんの作品を読むと
いつも言葉の使い方が気持ちいい方だな~って思うんです。

発音して口が喜ぶというか
音感的に楽しくなるんですよね。

この本は青虫ちゃんの一日の様子を
擬音と造語も混ぜて表現しているんですが
とにかくリズムがよくてステキ。
うんうん、こんなふうに表現するよね~から
ああ、なんかイメージわかるわあまで
多彩な言葉が使われていて
一緒になって立ち止まったり進んだりしながら
言葉と絵を味わうことができます。

裏表紙の見返しも凝ってまして
こっちはちょっと大きくなって、自分で字を読めるようになってからも楽しめそうですよ。

カワイイ絵でも虫はダメ!な方にはおススメしませんが
絵くらいなら大丈夫、というおうちでしたら
買ってみるのもプレゼントにもGOOD!です。
スポンサーサイト

ユリエルとグレン ・その1

なつのいちにち

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。