かわ (こどものとも傑作集 (41)) (こどものとも傑作集 (41))/加古 里子
¥780
Amazon.co.jp

表紙なしで出すのもアレなんですが、とりあえずアマゾンにリンクしているようなので。


かこさとしさんの絵本はとこちゃんはどこでも紹介しましたね。

あったかくてこまかいものをいっぱい描くのが上手な絵本作家さんで

この本では川の流れについて、上流から海までを物語風に語りながら説明している

科学読み物絵本です。


炭焼き小屋があったり、畑を馬や牛で耕していたりするのは

今はないかもと思ったりしますが

大きな流れの中のほんの小さなシーンなので気にならないし

むしろこのあたりの位置でこういう仕事をしてる人がいたんだなぁと

思いながら読めます。



以前にこの本は2冊あると

絵本をばらして貼り合わせることで

ページをめくらなくていい、なが~い絵本にできるのだ

と聞いたことがありました。


たまたまうちの本棚が整理中で

ふと気づいたら、なぜかこの絵本、2冊ありまして…

今回やってみましたよ。


絵本はめくりながら読むのが楽しいんだと思ってたんですが

こういう本だと、つなげて流れに沿って読んでいくのもアリですねー。

ワタシは地図とか読むのがニガテで空間的な力が弱いんだと思うんですが

この工作のおかげで

ページごとにとぎれていた感覚がつながって

川の流れの力強さがしっかり感じられるようになりました。



古本屋で安くなってるのを2冊見つけた

なんて時は迷わず買いをおススメします。

ちょっと分厚くなっちゃうので

しまうのは大変になるかもですが

3倍くらい楽しめますよ。


スポンサーサイト

狼森と笊森、盗森

おそうじをおぼえたがらないリスのゲルランゲ(ジャンヌ・ロッシュ・マゾン文 堀内誠一・絵 福音館書店)

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。