今日紹介するのは『小説家になろう』に掲載された中編。著者は霧島まるはさん。
下記のタイトルから作品が読めます。

『長靴をはいた侍女』 

<作品よりコピペのあらすじ>
 雨の日は、好きだ。下っ端侍女のロニは、雨が降るたびにそう思う。
 ロニには、雨の日に仕事があった。彼女の仕えているお嬢様の手紙を、とある屋敷にお届けするという大切な仕事が。
 雨降る花の都を長靴で歩くロニの、小さな恋物語。

霧島さんは書籍化された『左遷も悪くない』という全5巻の作品があり、ワタクシ、ただいま読んでる真っ最中。
面白いので読了後、ブログ記事にするかも♪
(ちなみに霧島さん作品はみわかずさんが以前活動報告で『ソバカス隊長と暗闇の蜜蜂』という作品をオススメしていたのが出会いのきっかけなんですな。この作品もよかったよ~!)


『長靴をはいた侍女』は2014年に連載されたのかー。
雨の日になると思い出して読みたくなって、何度も繰り返し読んでるんだよね。

憂鬱な雨の日。億劫な雨の日。
でも、「晴れるのを待つ」んじゃなくて「雨ならではの楽しみ」があったとしたら…。
うん、晴れの日よりもワクワクするかも。
そんな『雨の日だけ届くお手紙』を配達しているのが主人公のロニ。
ネタバレすると「最初の2回は偶然で、指摘されて気づいた」ってことだけど、<雨>という自分たちでは選べないお天気というキーワードと組み合わせられたら、内容が普通だったとしても、特別な手紙に感じてグッときそうよね。
『男性から女性に』じゃなくて『女性から男性に』というのもポイント高い!雨の日だけという、控えめなタイミングで「あなたのことを考えています」ってアピールになるうえ、相手にお返事を強要していない(←ここ重要)。 
うん、素晴らしいアプローチだ。
雨がくると思い出す→お手紙が来る→読む→(たぶんイイ感じのほんのりラブレター)
これはリピートされれば男性も絆されるよね。そして男性がお返事を書き、雨の日の文通となり、関係が深まる、と。

メール中心の現代では無理な「手書きのお手紙」「イレギュラーだけどちゃんとわかるタイミング」「特定の配達人」というスペシャリティのコンボ。
あーなんてロマンティック!ありえないけど体験してみたーい!とか思っちゃう(*´艸`*)

でねでね、この道10年以上のベテラン侍女のロニが、この作品で初めて自分も執事頭の男性と文通するようになるっていう設定も素敵なのね。
本編終了後のおまけの話の最後がふたりの手紙のやり取りになっていて、初々しくて愛らしくて、もだもだニヤニヤ。
主人公ふたりのやり取りを見ながら、お互いの主人の手紙を妄想するのもまた楽し、なのよ。

挿絵つきで書籍化されないだろうか。もしくはコミカライズ。心の底から読んでみたい!
雨と長靴が上手な絵だといいな。主人公カップルは地味目な感じで、主人カップルは男性が派手めなのが希望。
どんな人がいいかな、森薫さんとか川原由美子さんだと絵柄が派手すぎるかな…とかもう妄想が大暴走www
いつか紙でも読めますように…(^人^) 



小説家になろう]  [な行のタイトル
スポンサーサイト

なろうさんも読んでますが、アルファポさんも読んでおりますw
てことで、今回はアルファポさんで見つけた書籍化作品のご紹介。

内容(「BOOK」データベースより)
双子の妹達から保護者役をお願いされ、最新のVRMMOゲーム『REAL&MAKE』に参加することになった青年ツグミ。妹達の幼馴染も加えた3人娘を見守りつつ、ツグミはファンタジーのゲーム世界で、料理、調合、服飾など、一見地味ながらも難易度の高い生産スキルを成長させていく。そう、ツグミは現実世界でも家事全搬を極めた、最強の主夫だったのだ!超リアルなほのぼのゲーム世界で始まった、ツグミ達のまったりゲームライフ。その珍しいプレイスタイルから、いつの間にか他のプレイヤーに大注目されることに…!アルファポリス「第7回ファンタジー小説大賞」優秀賞受賞作!
第1巻がこちら。


最新刊はこちら。

アルファポリスの連載は、書籍になった部分が短縮Ver.で読めるようになっています。未収録の続きも掲載されていますよん♪
のんびりVRMMO記(なろうさんでも連載されてたそうですが、書籍化のため作品が削除された模様)



さて、本の内容の前に、まずはVRMMOとはなんぞや?って話から。
この作品に限らず、VRMMOとついた小説を読んでいると「リアル体感ゲームなのね」というのはなんとなくわかる。
でも記事にするなら正確にわかったほうがいいよね、ってことでググりました。
ニコニコ大百科が詳しく説明してくれてましたよ。
なるほどねー、実現しなさそうだけど楽しそうな架空空間。ファンタジーというか、SF的な設定なのね。ガチSFみたいに世界の作りこみはされていなくてある意味ご都合主義ではあるけれど、SFの小難しい設定を理解するのは大変なのよーってわたしみたいなタイプには好評なのでは?

このシリーズはロジックありきの作品が好きな人にはお勧めしません。
キャラ読みがキモなので、キャラが好きになれるかどうか&ずっと同じのんびりまったりのテンションが気にならないかどうかですごく評価が分かれそう。(実際、最近の巻についてはAmazonのレビューけっこうアレだったりします★)
あと、コミカライズもされているので、そっちのほうが合う人もきっと一定数いると思う。
わたしはコミックも小説も好きだけど、それは単に小説の挿絵のほうがお兄さんの顔が好みだからwwwコミックはキャラが全体的にちょっと幼い印象なんだよね。

ふわふわふらふら気の向くままに遊び暮らすゲームの中の主人公たち一同と、それをこっそり愛で、掲示板で楽し気に語らう他プレイヤーたち。
成長や進歩はあまりないけど、ゲーム内の1日ってリアルの30分だそうで、それを考えるとゆるふわでもいいかー、とw
主人公のツグミが若いのに主夫で家事以外の仕事をほとんどしていないけど大丈夫?とか、ツッコんじゃいけません。
仕事して稼ぐ大人が登場しないよね、ってのも同上。
ゲームの中でも伏線なの?回収しないの?っていうのがありますが、それはまあ、これからに期待…なのか?
文体とか世界観のゆるい感じが魅力なので、詰めちゃって持ち味が変わっちゃうと面白くなくなる可能性が高そうでね。それでいじれないんじゃないかなー、なんて勝手に思ってます。

誌面構成がちょっと凝ってて、テイム(仲間に)したモンスターの感情を顔文字であらわして、本文の上に吹き出しで見せたり、ちょこちょこ現れる掲示板やステータスが挿絵と文のあいだ、みたいなデザインになっていたり。
ラノベというよりも児童書っぽいかな。小学校中学年くらいからなら楽しく読めると思うー。
と、自分で書いてて腑に落ちた!
ラノベだと思って物足りない人もいるが、児童書と思って読めば満足できるはず!
そりゃー、わたしが好きなわけだよwww

納得したところで、また読みなおしましょうかね。
あ、コミックスも面白いので、気になった方はこちらもどうぞ。

掲示板の表現が楽しくて好きです。わたしはゼンゼンマンさん推し!
お仲間がいたら嬉しいでーす\(^o^)/



あ行の出版社]  [アルファポリス]  [な行のタイトル

うーん、濃い…。でも読みだしたら一気です。
以下Amazonの紹介ですが、コピペで1記事にできるんじゃね?ってくらいいっぱいだったので、あえて短い方の文章をコピペ。さらに目次をショートカットしました。

内容紹介
パロディマンガの巨星がマジに描いた、明日は我が身のうつ病脱出コミック!
著者自身のうつ病脱出体験をベースにうつ病からの脱出に成功した人たちをレポート。うつ病について実体験から知識を学べ、かつ悩みを分かち合い勇気付けられる、画期的なドキュメンタリーコミック!


興味がある方は、Amazonのページに行くと目次ともっと詳しい紹介文が見られます。
目次で登場している人名を見て、あの人も?え、この人も?うつの人って多いのねー⁉って驚くんじゃないでしょーか。わたしは驚きました。

実をいうと、わたしも病院にいくほどではないのですが、うつ傾向があります。
ツイートもしましたが、コラム的にはさまっている『あの時ぼくはうつだった その1』の症状に似たようなことやってます。アレ落ち込むんですよねー★
家にこもりっきりになったり、入眠時に声が聞こえる、いわゆる幻聴だろうなーという体験もありますが、基本設定が丈夫なので「動けないかー、寝よ」「声が聞こえるということはそろそろ眠れるのねー」と、後者は不調にすら当時気づかなかったという…。過去の自分にツッコみたいレベルなので病院に行こうとかは思わないんですけどね。

ま、軽度とはいえ、そういう傾向の自覚があるのでこの本も気になったわけですが
読んでみると、気温差、気圧差でうつ傾向が表面化するなど(著者の田中さんは気温差でやられ、ツイートすると気圧差の人からの反応があったそうな)、病気未満でも役立つ情報がいろいろありました。
気分のアップダウン激しいんだよねー、とか、情緒不安定な時あるんだわーって人は読んでみて損はしないと思います。
コミックだから読みやすいですし、掲載著名人の中にファンの人がいたら、今まで知られてなかった一面が見られますよ。

いろんな人のケースが読めるのもいいんですが、表現として秀逸だなーと思ったのは<うつ>。表紙にも登場している、なんだかゲルっぽい妖怪みたいなヤツです。キモイけど嫌悪感を感じるほどではないこの表現うまいです。山盛りいるときしょくて、少ないと「ま、いっか」程度に許容できそうなイメージ。
田中さんはいろんな絵柄を描ける方のようですが、著作の絵柄は手塚治虫ふう。そのせいかブラックジャックを連想してしまいました。似たキャラで表現されている人も登場します。サービスいいなあw
似てるのがダメって人にはおすすめできませんが、気にならないファンの方ならさらに楽しめます。

ところで、この本の本編の終わりに「つづく」ってあるんですけど、コレ、エピローグがあるからなのか、それとも続編の予定があるからなのか、どっちなんでしょうね?
もっといろんなケースが読めれば、自分の不安定さに対応するやりかたが増えそうな気がするので、続きがあるならぜひ読みたいです。 

今、うつや双極性障害のトンネルの中にいる人も、傾向があって不安定な気分の人も、ずーっとそのままじゃないから大丈夫って元気づけてくれる一冊なので、たくさんの人に読んでほしいです~。


か行の出版社]  [あ行のタイトル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。