大好きなシリーズです。が…

 

新刊が出たと思ったら…なんと…

 シリーズの最終巻

残念です~★

 

単行本にしては珍しく著者あとがきがあって、そこで最終巻であるお知らせを読み、ガーンとショックを受けました。

作中では5年ちょっとの経過ですが、現実では出版から13年、著者の構想からは19年たっているとのこと。ずれによっての違和感はないとのことでしたが、そうはいっても作品もイキモノですものね。著者の中で区切りがついてしまったということみたいです。

 

清掃のお仕事をしているのに、いつも華やかな服装で、人がいないときには大声で歌ったりする「らしく」ないキリコちゃんにもう会えないのかと思うと淋しいわーと、再度読み直してみたり。

 

観察眼が鋭くて、推理力もあるので、仕事先のオフィスでトラブルがあったときに誰かが相談すると、清掃のお仕事をしているキリコちゃんが探偵的に日常の謎を解く、というのが基本設定。

お掃除という仕事と、人が無意識に出しているシグナルってリンクしているのかもなー、と読みながら思ったりします。

 

そういえばこのシリーズ、最初は旦那さんの大介くんの語りから始まったんですよね。出会いが最初の話で、その本の終わりでふたりは結婚して。

それからの大介くんは、ときどきぴょいっと顔を出すくらいですが、活躍するというよりも、キリコちゃんをしっかり支えている存在なんですね。

結婚して5年がたってもいいカップルよねーとしばしばにんまりします。

5年以上たって「ちゃんとわたしのことを見ててくれる」ってかなりポイント高いですよ、うん♪

 

そしてシリーズ最終話では久々に彼・大介くんの語りでストーリーが進みますが、これがね、彼のいいところがとってもよく表れているんです。

 

キリコちゃんの家族が亡くなって。急な話だから、気持ちの立て直しがうまくできなくて。

その彼女の「普通にしていなくちゃいけない」を見抜いて「無理しなくていい」って伝えて、彼女のこんなふうに過ごしたいをかなえてあげるの。

何よりも、最中に押しかけてくる親戚のあしらいかたが素晴らしくて、もう神対応

キリコちゃんじゃなくて大介くんの親戚だけど、結婚していれば(とくにうるさい親戚からみれば)そうもいってられないもの。そこをキリコちゃんとは一切会わせず、しかも彼女には責任がないように計らう。

こんなやりかたがあるのかー⁉とビックリでした。

これ、パートナーがいる人は対処法を頭のどこかに入れておいて、もしものときにスマートに対応できれば、パートナーからの評価、めちゃめちゃ上がりそうな気がします。ホントこの話の大介くん、かっこよかったっす!

 

いつも周囲の人の問題を解決するキリコちゃんがこの最終話では自分の問題に大介くんと一緒に立ち向かって。事態には一区切りついて、でも彼女たちの人生はまだこれからも続いていくんだなって物語の結び。

何度も繰り返し読みたくなる作品って、こんなふうに面白くって楽しくて、『登場人物はホントにどこかにいて、わたしたちはその一部分をのぞいてるだけ』って気分にさせてくれるんですよね。

 シリーズ最初の作品からずっと、次はいつ出るのかなって待ってたキリコちゃんの続きが読めないのはホントにホントに淋しいんですが、でも納得できる最終巻なのでした。

 

著者の近藤さんに「楽しい時間をありがとうございました」ってお伝えして記事を結びたいと思います。

(そして早く重版がかかって、最終話の誤植がなおりますように!)

[さ行の出版社]   [ま行のタイトル] 
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。