前回の記事に引き続き、この本の紹介です。

 


今回は登場人物のお話を中心に

わたし、 トラックバック的なことは基本的にしないんですが、自分が過去記事で書いたかどうか探している時に、このブログ記事を発見しまして、やーそうだったと目からウロコ的な思いだしを。

そうだよ、ベッキーおばもロマンスの話をしてたんじゃないか!と。

 

初っ端で衝撃だった過去のロマンス(というか片思い)の告白があったんですよ。しかも遺産分けの集会の真っ最中。やー、すっかり忘れてたわー。

 

モンゴメリには時々過去の回想的な物語があります。

<過去にこんな出来事があった、そして今…>みたいなパターンね。

ロマンスだったりケンカだったりとバリエーションは様々なんですが、

ベッキーおばの「昔あなたが猛烈に好きでした」と、面と向かって相手に告白し、結ばれることがない(というかそもそも今は愛情はない)ってのは、他の作品では読んだことないです。なのでかなり新鮮。

そしてまた、過去の片恋の相手がめっちゃ凡庸な感じで、思ってもみなかった告白に「何を、しかもなんでまた今さら…」と、大変気まずいという。

このあたりのリアルで滑稽な感じ、たまりませんです。モンゴメリファンで未読な方なら、せひ気合入れてチェックいただきたい部分です。

 

これに比べると他の登場人物のロマンスはわりと正統派かも(だからといって面白さがへるわけではないですが)。

…って書いてて、ふと気づいたんですが

この本、主役がいないわ! 

もしかして水差し?って一瞬思いましたが、アレは狂言回しみたいな役割だしなあ。

ゲイもジョスリンもマーガレットもドナも、なんだかんだいってサイドストーリー。

…一歩間違えたらとりとめが無くなる物語をよくまあ絶妙のバランスで仕上げたものです。モンゴメリすげーっす。

 

上記でつらつらと書きだした女性たちはマーガレット以外、モンゴメリの正統派のロマンスを紡ぎだしています。

 

ゲイの幼い恋と破れた後の真実の恋は非常にわかりやすい形ですが、だからといってときめきや切なさが減ることは一切ありません。まさに<少女マンガの世界>でして、あの読んでいないコミカライズもきっとこのゲイの物語を中心にしてるんじゃないかな?と思います。

 

ジョスリンの勘違いの恋と、それに気づいた後の復縁は、モンゴメリの得意なパターンをちょっとひねった感じですね。(とはいえ、これはぶっちゃけどうなの?とも思いますけどねー。相手のヒューのお母さんがジョスリンに対して非常に腹を立てていますが、そっちのが共感できたりする。結婚式で他の男に一目惚れをして、旦那に告白・別居…。それが一時ののぼせあがった錯覚だとわかったからといって元サヤ?ヒューの立場どうなの?って感じです。わたしだけ?

 

ドナは敵だと思ってた相手にまさかの一目惚れで恋が始まります。

激しい恋と激しいケンカ。そしてドラマティックな仲直り。わたしも気が相当に強いので、このカップル(というか、ドナの気性や対応は)あるあるわかるわかるで大変楽しかったです。

未亡人から一転して恋する女性に変わる、その心の動きも瑞々しいですし、盲目ではないけれど一途で、ヒューと世界旅行に行くことに何のためらいもない潔さもステキ。ストーリー的にはうじうじしているゲイの方が読ませるんですがw ピリッとしたスパイスのような存在でした。

 

マーガレットのロマンスは、ちょっと『青い城』を思わせますが。相手が男性ではなくて家というあたりが意外なんです。この発想はなかったw 

でもまあたしかに満足して暮らすのに異性が必要不可欠というわけではないですもんね。プロポーズされてお試し交際をして、やっぱダメ★ってくだりは当時の小説ではかなり斬新な設定だったんじゃないのかなあ、などと勝手に推測しています。

夢の幸せが現実の幸せにシフトしていく移り変わりの場面は、アタマとリアルの違い&腑に落ちる感がとても秀逸。「こう考えていたけど、実際にするならこっちの方がしっくりくるよねー」って、あの感じはスピ系の本好きさんにも楽しめそう。結果的にひとりではなく、ふたりで幸せになるんだーっていうのもよかったです。10年後、20年後の幸せな未来まで想像できます♪ 

 

あとは…狂人と思われている月の男も忘れちゃいけないかー。

普通と違うということで存在がちょっと怖いけれど、本質をついた会話をたびたびします。

「愛しているだけで、姿を見るだけで、幸せなんだ」という至極まっとうに聞こえそうなセリフですが、相手が月で、それを実行していると、とんでもなくシュールでホラーだったりもしますです、ハイ…。

 

主要なところはだいたい書いたよねー?と思っていたんですが残っていたのがビッグ・サムとリトル・サムのコンビ。このふたり、どういう扱いなんでしょうね?

カップルでは当然ないけれど、物語の最後を〆るエピソードは彼らのもの。めでたしめでたしではあるけれど、ちょっと弱かったりもして、なかなかビミョウな感じでした。これも夫婦にこだわらない幸せの形ってことなんかなあ。

このコンビに関しては、読んだ方の感想もうかがいたいです。ぜひに。

 

ということで、シチュエーション読み、キャラ読み、両方について書いていきましたが、どちらもとても楽しい作品でした。

上記のように終わりかたや人間関係など、今ひとつスッキリサッパリしない部分もあったりしますが、全体のバランス感覚は抜群です。

モンゴメリの作品集の中では異色なほうですので、そのあたり含めてお楽しみいただければと思います~^^

 

 

 [か行の出版社]  [ま行のタイトル]
スポンサーサイト

 本日はモンゴメリ作品のご紹介。

これも「紹介してるはず!」と思ったんだけどまだだったみたいです。 

コミックスも出ているようですが、

 [か行の出版社]  [ま行のタイトル]

ダブルで読みました。

 

 [あ行の出版社]   [か行のひと]  [か行のタイトル]

明日の大人絵本会のお題本です。今回はギリギリだけど間にあったぞう♪ 

 

 [か行の出版社]   [ま行のひと]  [か行のタイトル]

かの有名な「1万時間の法則」(下記の「内容」をご参照ください)の元ネタ本です。

 [か行の出版社]  [た行のタイトル]

先日紹介した吉田さんの作品『なぜ、この人と話をすると楽になるのか』ですが

大変面白かったので、他の本も読みたいなー、ということで前作に遡りました。

 

マジで、ついったらーのわたしにはあるあるの宝庫でしたねw

「フォロワーが多いほどいい(Twitter上でモテ)」かどうかはさておいて、ニッチな趣味で語れるというのはなにしろ楽しいです。
わたしは自分の嗜好についていつも暑苦しくツイートしていますが、現実で同じ趣味の方と出会うチャンスってホント難しいんですよ。


出会うって、そもそもどういうところに行けばいいの?
行ったとして、会った人といきなり仲良くなれる?…って、ちょっとハードル高いですもんね★
同じ年代似た嗜好の人間が集まりやすい、学校みたいな環境ならともかく、社会人になってからだと「とりあえず社交辞令的な話題から趣味の話へ」→「趣味が合いそうならその中でどこまで細分化できるか?他の趣味は合うか」などなど自分の発信と相手の受信を一緒にしないと…って、書いてるだけで疲れはじめましたw
かなり高度なコミュニケーション能力を必要とします…よね?

 

SNSの利点って、交流が活字でしやすいこと。さらにSNSの中でもTwitterは風通しがいいほうなので、人の反応を過剰に気にしなくてすみます。
言いっぱなしておけば、好きな人が拾ってくれることもあって、さらに輪がつながることもある。
この放置風味とかまわれ具合のゆるさがなんとも楽しいんですよ~。

 

これも吉田さんが書いていて共感したんですが、書いている文章には、短くても性格がにじみ出ます。
なので、合うなーって人を見つけてフォローしたりフォローされたりで関係性をつくってるうち、もしかしたらオフ会などで会うことだってあるかも?
(ちなみにわたしはTwitterでフォローやリプした人とリアルでお会いすることが時々ありますが、たいてい「初めて会う気がしない」とか「以前から会ってるみたい」と言われます。テンションがTwitterそのままのようですwww)

 

吉田さんがTwitterとつなげているラジオについては、この方は発信する側ですから、リスナーとは距離感違うと思いますけど、でもラジオとTwitterの親和性もなんかわかります。
わたしはもっぱら聴く側なので、ラジオ聴きながら番組ツイートをガンガンするのですがw 同じ番組を聴いてる人のツイートを見るのってやっぱ面白いです。
ハッシュタグという便利なものがあるので、フォロイーさん以外のツイートも拾いながら番組を聴いていて、(お酒飲んでなくても)ラジオとTwitterがおつまみみたいだなー、なんて。
Twitterを使いこんでいる方の中には、発信側にまわって、ポッドキャストをしている方がいらっしゃるみたい。そういう方はどんなふうに感じているのか、ご感想聞いてみたいな。

 

5年以上前に出版された本ですが、Twitter論としても秀逸ですし、ネットリテラシーの参考書的に使えるところも多いです。
わたしはブログも同じようなスタンスで書いているので、この方の発信のセンス、とっても好きになりました。

 

Twitter初心者さんだけじゃなく、それなりに長くやっている「けど…」って方にもぜひおススメしたい本です。
もちろんついったらーの方にもね。
書店で入手しにくいみたいなのが残念ですが、機会があったら手にとって読んでみてくださいませー♪

 

 

 [か行の出版社]  [た行のタイトル]

 やっと辿り着きました…(笑)。

この本にのめりこんで前の2冊も再読しましたからね。(わたしにとって、これはかなり珍しいのです)

 で、間が空いたので紹介する前にまた読み直すんだ~。うふふ♪

 

冬虫夏草

梨木 香歩 新潮社 2013-10-31
売り上げランキング : 29021
by ヨメレバ

 Amazonよりコピペの内容(「BOOK」データベースより)

疏水に近い亡友の生家の守りを託されている、駆け出しもの書きの綿貫征四郎。行方知れずになって半年あまりが経つ愛犬ゴローの目撃情報に加え、イワナの夫婦者が営むという宿屋に泊まってみたい誘惑に勝てず、家も原稿もほっぽり出して分け入った秋色いや増す鈴鹿の山襞深くで、綿貫がしみじみと瞠目させられたもの。それは、自然の猛威に抗いはせぬが心の背筋はすっくと伸ばし、冬なら冬を、夏なら夏を生きぬこうとする真摯な姿だった。人びとも、人間にあらざる者たちも…。『家守綺譚』の主人公にして新米精神労働者たる綿貫征四郎が、鈴鹿山中で繰り広げる心の冒険の旅。
前作とスピンオフ作品も過去記事で紹介しています。
 気になる方は記事の最後にリンクを貼っておきますので、よろしければそちらからご覧ください。

 

我ながらいいハマりっぷりでした

読んでいるときにこんなツイートをしていました。

「今、梨木香歩さんの『冬虫夏草』を読んでいるんだけど、あまりにも好きすぎてなかなか進めない。紙魚になって文章をもちもちと食べ進みたいとまで思ってしまった。なんなんだ、こののめり込みっぷりは…。」

 

そうなんです。面白いのにサクサク進めないという珍しいパターンに陥りまして。ちょっと読んでは休み、少し間をあけてやっとまた読める…そんな感じで匍匐前進のような読書っぷりでした。

 

戻ってこないゴローを探しに綿貫さんが出かけて、あちらへ、またこちらへと。ゴローを探しているのやら、単に放浪しているのやらわからないような側面もある作品です。

よく考えてみると、『村田~』はこの作品よりも時系列的にはもっと後のはずでして、そこにちゃんと登場しているんですから、ここでゴローに何かあるわけはないんですけどね。でもやっぱり読んでるうちに綿貫さんに同調して不安になっちゃったりもするわけです。

『家守~』のときからどれくらい経っているのかしら。綿貫さんとゴローの結びつきは強くなっていて、だからこそ大丈夫だろうと思いつつも探しに出ずにはいられないという、この繋がりがね、とってもとってもよいのですよ。

 

綿貫さんって、不思議なことを受け入れる度量の広さがある反面、浮世離れをしてもいて、物書きだしねえと言ってしまえばそれまでなんですが、やっぱりちょっとはがゆいというか、しっかりして!って声をかけたくなるときがあるんです。

で、ゴローはその点しっかりしているというか重みのある存在で。だからこそのいいコンビだったのね。

 

そのゴローが不在の物語なので、実のところふわふわしすぎるんじゃないかな?という不安もちょこっとあったんです。案の定、探しに行く!と腰を上げた綿貫さんには奇妙な出来事が道連れのようで、一直線どころか一冊ひたすら迂回しまくってますしね。

でもねー、ゴローに対する想いはやっぱり深いので、迂回しながらも手掛かりを得て、最後にはちゃんと会えるわけでして。

このラストの再会の場面がグッとくるというかなんというかもう、「綿貫さん、カッコイイ!」としびれてしまいましたです。

 

同じように不思議や奇妙と出会いながらも、前作よりは落ち着いているというか、地に足がついた綿貫さんの変わりかたを味わうもよし、

ときどきちらりとあらわれるゴローの影を綿貫さんのように追うもよし、

たくさんの不思議・奇妙をじんわりと味わうもよし。

『家守~』がうんと好きな人にも、少し物足りなかったかも?って人にも『村田~』面白かったよって人にも

一律でおススメしちゃいますです♪

 

前作と関連作品の紹介は、以下のタイトルから過去記事をご覧いただけますので、よろしければどうぞです^^

『村田エフェンディ滞土録』

 

『家守綺譚』  

 

 

 

 [さ行の出版社]  [た行のタイトル]

 申年なので、1月のうちに1冊くらいは…ね♪


 


内容(「BOOK」データベースより)
のんびり木陰でお昼寝中のゴリラのおとうちゃん。そこへ、かわいいゴリラの子どもがやってきて「なあおとうちゃんあそんで~や」「なんやまたかいな」―読んで楽しい、やって楽しい、からだ遊びの絵本です。


全国の小さい子がいるお父さーん!いい絵本ありますよー!
 絵本の読み聞かせってどうやっていいかわからないし…。
と、ためらっている男の人に声を大にして呼びかけたい本です。
なんたって親子でする体を使った遊びの本ですからね。しかも著者の三浦さんが実際に遊んだものばかりみたい。

これはねー、もう、お父さんというか男性の出番ですよ。女性はここまでダイナミックに遊べないですもん。2歳~3歳くらいのホントに小さい子で、どれか一つをたまに、なら出来るかもですが、「もっと」が出たら対応できるのは男性しかいない!
 
絵本を読んで「これやって」にこたえて、周囲に誰かがいっしょにいるなら撮影なんかもしてもらっちゃって。
1回だけでなく、何度も繰り返すことで、普段の、そしてとっても特別で大事な思い出ができるんじゃないでしょーか。
おとうちゃんのゴリラさんはなかなかのハンサムで肉体派。写真と絵本を見比べて「そっくりー!」と言われてもこれなら嬉しいと思うー^^
 
本文が関西弁で(わたしは違いがよくわからないのですが、内容からすると大阪言葉かな?)、一瞬おや?と思いましたが、そこがまた味になっていて良いのですね。
「作者のことば」を読みましてなるほど納得。〈つうてんかく〉と〈スカイツリー〉のあたりのひねりもステキでした♪
 
デザインぽさを前面に打ち出しつつ、でも機械的ではなくあったかみがシッカリと伝わる三浦さんの絵は眺めているだけでニコニコしちゃいます。
家々で、少しずつ違う声が読み聞かせしているんだろうなー、って想像するとさらにほんわかした気持ちに。
そういえば、ゴンチチの松村さんはただいまサルブーム。三浦さんはクリスマスアルバムのイラストをご担当なさっていたし、もしかしてお宅にこの絵本があったりするかしらん?(お持ちでなければわたしがプレゼントしたいーwww)

ま、そんな感じで(←どんな感じだw)楽しい絵本ですので、小さい子がいるお父さんに、友達がプレゼントしてあげるのも喜ばれるんじゃないかな。
そして後日、絵本の感想を聞いてみたら「ホントにやらされて大変だったよー」なんて返ってきても、顔が笑っていたりして。ご家庭のノロケを聞かされる可能性、大だと思いまーす\(^o^)/
 
 
オマケの追記は反転で:ひとつだけ残念なのは、ゴリラでお父さんなので、この際ですからシルバーバッグにしていただきたかった…(ですが、そういうリアリティを入れちゃうと説明がきっと必要で読むのが面倒になりますよねそうですね★)。
 


[か行の出版社]  [か行のタイトル

 折しも年末に読みまして。なんか色々切実な気分でした…。おぅふ★

 

2012年、著者が仕事場として都内の木造アパートを借りるところから話ははじまります。狭いアパートの床にうず積み上げられた本、本、本。「こんなに部屋中本だらけだと、そのうち床が抜けてしまうのでは?」と不安におそわれた著者は、最良の解決策をもとめて取材を開始。蔵書をまとめて処分した人、蔵書を電子化した人、私設図書館を作った人、大きな書庫を作った人等々。

 

大事なのは物理より心理 

ストレートかつドッキリなタイトル。しかも出版社が〈本の雑誌社〉って、なんかできすぎかも。
本読みなら気になること間違いなしでしょ。てか、本読みかそうでないかの踏み絵にできるんじゃね?ってくらいのインパクトを感じるのはわたしだけかしらん。

 

世の中の本を読む人と読まない人の間の川は意外と広いのかもしんないなーと思うことがしばしばあります。
インテリア記事の写真とか見るとたいがい「こんな本の収納場所のない部屋に住めるかー!」とツッコミます。しないですか?するよね?すると言ってオネガイ!
ま、その叫びの裏側の、わたしん家みたいに本ばっかりだと写真をとっても部屋の写真だか本棚の写真だかになっちゃうという事情は脇に置いときますけどもさ。

 

趣味の本読みでさえこうですからね、プロのライターさんになるとそりゃもう言うまでもないっす。
自宅の本の量に「ヤバい…」とマジで感じてビビっている方々を代表して(?)西牟田さんが書いたインタビュー&自分の体験レポの複合技がこの1冊。
実際に床が抜けた方のインタビューあり、抜けてはいないがヤバい方々へのインタビューあり、蔵書保存をどうしているか、削減した方はどのような方法をとったかなど、かなりの盛りだくさんな内容になっています。

 

しかし、軽い気持ちで読み始めてみたら、これがけっこうヘビーな雰囲気★文章の間から緊迫感がヒシヒシと漂ってきちゃってえ、なんか、ちょっと、興味本位で読み始めちゃったけど大丈夫…?
なーんて感じてしまったホントの理由は後ほど明らかになるんですが、結局のところ増やすか?減らすか?の二者択一で、増やす方が減らすよりはるかにラクー!って言いきりますが、それで終わらないからさあ大変。

 

著者をはじめとして、本読みにとっては、読んだ本は自分の内側のどこかと繋がってるもんなんです。
本に該当するのが服の人もいるでしょうし、コレクションのグッズの人もいるでしょう。
増やすことで繋がりが薄まる可能性はある。けど、だからって手放して繋がりを切るのがラクになるわけではない。
どんな方法があるのか?その方法をとった人はどう感じたのか?そして著者は?
という思考の旅(ある意味迷路)に一緒に連れていかれる趣があります。

 

床が抜けるにもパターンがあるとか、物理的な話ひとつにとってもなぜか説がいろいろあったり、床抜けの被害にもバリエーションがあったりとか。
ん、なんでこんな寄り道が?などと読みすすみながら困惑もしますが、本を持つか手放すかの選択って、本読みにとっては人生の選択につながっていますからね。一直線にすすむだけがいいこととは限らない!
著者はどうしたいの?そして読者である自分はどうするの?まで絡んでくることに、読む前に予想しなかったわたしが甘かったのかも。

 

あの世に本は持っていけない。だとすると今持っている多数の本をこれからどうしよう。
生きてる間の対策、亡くなった後の処分、減らした人の心境、後悔、行動。
図書館化か自炊か廃棄か電子化か?
さまざまなパターンを読みながら、去年した引越しの大変さを思い出し、著者の話と自分の事が乖離したり寄り添ったり。

 

面白いのが作中に登場する方々の中で、数少ない思い切りのいい方が内澤旬子さんと大野更紗さんで女性だったこと。
内澤さんは処分をすすめ、大野さんは徹底的にデータ化をすすめるという違いがありますが、迷いのなさは共通しています。
個人的には大野さんの本棚&机に一目惚れ。効率第一のかっちょいいデスクでした。自分が使いこなせるかどうかを棚に上げていいなら、アレ欲しい!ですわ。マジで。
そうはいかないので、とりあえず本棚のディスプレイ変更を検討しています。
「部屋に置いてあるもの、視界に入るものが思考に影響を及ぼすので気をつけ」たほうがいいようですから。
(「 」内は大野更紗さんの弁を引用。すごい説得力でした…。)

 

著者のようによんどころない事情は今のところありませんが、先々のことも考えたほうがいいお年頃。
自分なら…うちの本は…、しっかり考えて、この本を読んだことを血肉にしたいと考えさせてくれる、みっちりとした一冊でした。
お世話になりました!

 

 

[は行の出版社]  [は行のタイトル]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。