ヨシタケさんつながりです。


作家の「私」とナマズの「コリドラス」のおかしな共同生活。コリドラスが語る荒唐無稽な身の上話と、私が書く掌編が交互に登場するユーモア連作集。

文:斉藤 洋
絵: ヨシタケシンスケ
出版社:偕成社
初版:2012年10月2日

ヨシタケさんの作品は
『りんごかもしれない』
『ぼくのニセモノをつくるには』
を過去記事で紹介しています。
続きを読む
スポンサーサイト

どこの書店でもやまもり並んでますね。


<内容>
ぼくってなに?じぶんらしさ...じぶんらしさとはなんだろう...?じぶんを知るって、めんどくさいけど、おもしろい。大ヒット『りんごかもしれない』につづく待望の新刊!!ヨシタケシンスケの発想えほん第2弾。

著者:ヨシタケシンスケ
出版社:ブロンズ新社
初版:2014年9月25日

ヨシタケさんの本は
『りんごかもしれない』
を過去記事で紹介しています。
続きを読む

笑いたいなと思って読んでみたら…爆笑しましたよ。



内容紹介
とんでもなく面白い絵本が、誕生してしまいました。
だるまさんが ならんだ
だるまさんが ころんだ
だるまさんが にらんだ
だるまさんが きけんだ
だるまさんが しずんだ
え~っ! ! しずんだ!
どうなる、どうなる、だるまさん。
このバカバカしさ、「お見事! 」というほかありません。
だれにも言ってはいけない爆笑のラスト。
だるまを愛するすべての人、必見の絵本!

文:おおなり修司
絵:丸山誠司
出版社:絵本館
初版:2013年12月

このコンビの絵本は
『アルパカパカパカやってきて』
を過去記事で紹介しています。
続きを読む

ふと思い出し再読。いいんだこれが…。


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
違う時間を生きる恋人たちの心情を痛切に描いて、発表と同時にスタンダードになったと絶讃されたデビュー作「美亜へ贈る真珠」をはじめ、亡くなった男を想いつづける女心の深淵にふれる「梨湖という虚像」、夫婦のすれちがいが驚くべきできごとに発展する「玲子の箱宇宙」、時間を超越して男女が運命的なめぐりあいを果たす「時尼に関する覚え書」と、女性名をタイトルに織りこんだ、泣ける抒情ロマンスSF7篇を収録。

著者:梶尾真治
出版社:早川書房

梶尾真治作品は『しりとり佐助』のシリーズを過去記事で紹介しています。
その1はこちらから
その2はこちらから
お読みいただけます。
続きを読む

このキャラクターはハマるw


内容(「MARC」データベースより)
やぎのムッシュ・ムニエルは魔術士。子どもをひとりさらっていって、弟子にしようと町へやってきました。ムニエルの呪文で変な魚の形になった小さな瓶は、元気そうな少年をつかまえたのですが…。

著者:佐々木マキ
出版社:絵本館

佐々木マキさんはカテゴリがあります。
気になった方はサイドバーから紹介本がご覧いただけます♪
続きを読む

そうだそうだ、今年の2月に見に行った映画って、そういえば絵本にもなってたんですよね。
と、今ごろ思い出したというw


商品の詳細説明
大阪・貝塚市の北出精肉店では代々、牛の肥育から屠畜、精肉までを営んできた。牛は屠畜・解体され、肉や太鼓となって生まれ変わる。2011年秋、精肉店での屠畜・解体は幕を閉じた。その最後の仕事が、はじまる。

写真と文:本橋成一
出版社:農文協
初版:2013年3月5日

映画『ある精肉店のはなし』の紹介記事は2回に分けて書いたので
その1

その2
でご覧いただけます。
続きを読む

ファンタジー?と思って読み始めたのですが
違いましたw



内容(「BOOK」データベースより)
ダニエルはいつも、心にうかぶままに絵をかいていました。おどるコウノトリ、おしゃれをしたキツネ…、空想のつばさをひろげると、ふしぎな絵がつぎつぎに生まれてきました。ところがダニエルのおとうさんには、その絵がぜんぜん理解できなかったのです。相手をおもいやり、受け入れること。自分らしい創造の世界を大切にすること。そんな気持ちがえがかれた、ちいさな家族の物語。

著者:バーバラ・マクリントック
出版社:ほるぷ出版
初版:2005年9月30日
続きを読む

喉もとをおさえられるような作品でした。。。


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
東日本大震災のあと発生した原発事故によって「立ち入り禁止区域」になった牧場があります。だれもいなくなった町の牧場にとどまり、そこに取り残された牛たちを、何が何でも守りつづけようと決めた、牛飼いのすがたを描き出す絵本。
文:森絵都
絵:吉田尚令
出版社:岩崎書店
初版:2014年9月30日

吉田さんの作品は
『悪い本』
を過去記事で紹介しています。

森絵都さんの作品もいろいろ紹介しているのですが
リンクがうまく貼れないのです、ごめんなさい!
気になる方はサイドバーから検索いただけますと幸いですm(_ _)m
続きを読む

リンク記事はこちらからお読みいただけます。

くろいまちこ仕様…というか、ネガティブ面がポーンと出てきまして。
ネガティブが悪いとは思っていないのですが、絵本の紹介になってない文章しか書けませんでした(汗)。

こういうのはココで書くのもアレねー★
と思っていますので、リンク記事ということで。

あ、本はこちらでございます。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「どうぶつたちも、ほんをよみたいかもしれないな」としょかんがだいすきなカリーナがカウンターにすわると、どうでしょう!いちばんのりのカナリアにつづいて、ライオン、くま、ぞう、くじゃく、かめ…どうぶつたちが、ぞくぞくはいってきました。としょかんは、まるでどうぶつえんのようです。クラシックであたたかいー親子でわけあいたい、ドン・フリーマンの世界。


こういう愛らしく子どもらしい内容の絵本でもにょってしまったことで
絵本紹介をずっとしてきたのに、なんでだ★
と、ちょっとショックを受けていました。
つらつら考えているタイミングでのツイ友さんのツイートを見て、ちょうどつながった感じです。

まあ、自分が悪いわけでも、周囲が悪いわけでもないけれど
それでも悲しい気持ちが残ってしまうこと、あるよねーってことで。
いい悪いのジャッジメントはわきに置いて
ああそうなのねー、そうだったのねーって
その気持ちを虫干しして、できればよしよしとなだめてあげられるといいなーっと思います。

Twitterで、ゴンチチの三上さんが(←ココ重要w)!
ご紹介していた本です^^


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
くまのベルナルさんには友だちがいません。いつもひとりぼっちです。ある日、ベルナルさんのぼうしにキツツキが穴をあけて…。繊細な絵でつむぎだす、やさしい物語。

著者:いまいあやの
出版社:BL出版
初版:2014年2月10日

いまいさんの作品は
『イソップ物語 13のおはなし』
を過去記事で紹介しています。
続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。