アン・ジョナスに思いきりハマっています♪


楽天より商品の詳細説明
女の子の新しいおふとんーー。女の子が小さかった頃の洋服や古いカーテンをパッチワークにして、パパとママが作ってくれました。これは2歳のときのワンピースの布。あっちのは赤ちゃんのときのカーテンの布。星や花、風船やオットセイ、ピエロの模様……いろいろな布が縫い合わされたおふとんには、たくさんの思い出が詰まっています。その新しいおふとんをかけた夜、女の子は夢を見ます。女の子はいつの間にか、色とりどりの風船がたくさん売られ、オットセイやピエロが芸を披露するサーカスを訪れていました……。

著者はアン・ジョナス
出版社はあかね書房

アン・ジョナス作品は
光の旅かげの旅
いろのダンス
を紹介しています。
続きを読む
スポンサーサイト


内容紹介
テキサスの田舎に、おじいさんと雌(めす)猫が住んでいました。ねずみも捕らず、のんびり暮らす猫の好物は、おじいさんが作るポテト・スープです。 ある朝、なかなか起きない猫を残し、おじいさんが湖に魚釣りに出かけると……。気むずかしいけど通じ合える、そんな年取った雌猫の魅力に、あなたも浸ってみませんか。

文章はテリー・ファりッシュ
絵はバリー・ルート
翻訳は村上春樹
出版社は講談社です。
続きを読む

Twitterで知った町田尚子さんの個展「hovering」
28日の最終日に行ってきました。

(あ、ちなみに会場で町田さんに直接お会いできまして
写真のブログへの掲載についてうかがったところ
NGとのことでした)

※後日追記:
町田さんがブログで個展のお話と写真を掲載なさっていました。
ので
こちら、記事とリンクさせていただきました。
会場や絵の雰囲気、伝わると思います~^^

会場は北青山にある「MAYA」というギャラリーです。
町田さんの前は山口マオさんが個展をやってらしたの!?
絵本作家さんの個展をよくやるギャラリーなのかしら。たまにチェックしないと、かも★
続きを読む

なつかしの「こそあどの森」シリーズ。
前回の紹介からもう2年もたっちゃってるんですね~★


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ぬ、ぬ、ぬ、ぬ、ぬまばあさん。ぬ、ぬ、ぬ、ぬ、ぬまばあさん。いつもいねむりぬまのそこ。こどもがくるとでてくるぞ。つかまえられたらさあたいへん。おおきなおなべでぐつぐつぐつ…。みんなが知っている遊び歌。「ぬまばあさんのうた」を知っていますか。

著者は岡田淳さん
出版社は理論社です。

こそあどの森のシリーズは
ふしぎな木の実の料理法
まよなかの魔女の秘密
あかりの木の魔法
ユメミザクラの木の下で
ミュージカル・スパイス
だれかののぞむもの
森の中の海賊船

過去記事で紹介しています。
あと1冊くらいで、シリーズ全巻網羅かな?

なんで2年も間があいたかというと
季節に合わせて紹介しよう…と思ってたら
去年ものの見事にタイミングを外しちゃったのでした★
あいた~…

ってことで、今年はちゃんと時期よりちょっと前にご紹介ですよっ♪
続きを読む

うわもうちょっとやめて~★
別の本を記事にする予定だったのに
パラッと見たらツボすぎて書かずにはいられなくなっちゃったじゃないのよう!


内容紹介
いま、明かされる「パンダのひみつ」。
あなたは、パンダ専用の銭湯があるのを知っていますか。
実は...あるのです。
え~っ、まさか、そうだったのか...。
あなたの知らないパンダの世界がここにあります。
出版社からのコメント
ポップな色の魔術師tupera tuperaが描くパンダ! !

著者のtupera tupera(ツペラ ツペラ)とは
亀山達矢さんと中川敦子さんによるユニットの名前だそうです。
他にも著書があるみたい。読んでみようっと♪

出版社は絵本館。
8月に出版されたばかりなのに品切れ状態ということは、人気ありすぎて増刷が間に合わなかったとみた!
おそらく近いうちにまた買えるようになると思いまーす♪
続きを読む

昨日の大人絵本会から、連想ゲーム的に選んだ絵本です♪


内容紹介
なおちゃんは、お父さんといっしょに自転車に乗って保育園にいきます。たばこやのおばあさんにあいさつをして、風を口の中に受け、お父さんにきのう保育園で遊んだことを報告して、友だちに会って、園につきます。園ではままごとをしたり、たまごを買いにいったり、めだまやきをたべたり、お昼寝をしたりします。園庭で遊んでいるとお母さんがお迎えです。お母さんにきょうあったことをお話ししたり、お友だちとさよならしたりしてから、ボタンを押して横断歩道をわたり、八百屋さん、肉屋さんにより、道のオウムを見て、自動販売機をのぞき、道ばたの花やころがっているボールを見つけ、またたばこやのおばあさんにあいさつをします。とちゅうで自転車にのったお父さんに会って、みんなでおうちにかえります。園にかよう子どもの好奇心と目線がとらえたものをていねいに追って、あたりまえの日常が、新鮮に映し出される絵本です。

文章は神沢利子さん
絵は林明子さん
出版社は福音館書店、「こどものとも絵本」です。
続きを読む

この絵本はたしかカーリルのレシピにあったはず。
テーマが何だったかは忘れちゃったけど、コワイ系の絵本だったような?


商品の詳細説明
おろそしい魔物がいる森のはずれに住んでいるおばあさん。おばあさんの味方はたった一匹のかえるだけ。ところがなんてことでしょう。このかえるときたら・・・

著者はウィリアム・ビー
出版社はセーラー出版です。
続きを読む

昨日、渋谷で映画を観てきました。


「世界一美しい本を作る男―シュタイデルとの旅―」
というタイトルで、もうこの題名だけでノックアウトw

でもって帰宅後に感想を、ふだんブログのほうで書きました。
コドモノ本ではないのですが、本がらみなのでリンクしますね。

世界一美しい本を作る男―シュタイデルとの旅―

よろしければご覧ください♪

ん?あれ?
なんでコレ読んでるのに書いてないの~?
ってことで、読書の秋ですし、
ソニンの外伝、記事にしまっする。


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
江南の美しく豊かな湾を統治する「海竜商会」。その有力者サヴァンを伯父にもち、何不自由なく幸せな日々を送っていた少年・クワン。ところがクワンの落とした首飾りがきっかけとなって、陰謀に巻きこまれていく。多くの人の心を引きつける江南の第二王子クワンの絶望と波乱に満ちた再生の物語。

著者は菅野雪虫さん
出版社は唖々砂(アーサ)さん
出版社は講談社です。

ソニンのシリーズは、本編の
1.黄金の燕
2.海の孔雀
3.朱烏の星
4.夢の白鷺
5.大地の翼

そして外伝の
巨山外伝
を過去記事で紹介しています。
要するに全編読んで書いておりますw
続きを読む

涼しくなりました。
食欲の秋。
お弁当を作るのにも、いたまないかしらとか神経質にならなくてすむのがウレシイ時期ですね♪


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ごはんにミートボール、卵焼き…おかずを詰めておいしいお弁当のできあがり。

著者は小西英子さん
出版社は福音館書店。幼児絵本シリーズ(もとは「こどものとも年少版」です)
続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。