なろうさんも読んでますが、アルファポさんも読んでおりますw
てことで、今回はアルファポさんで見つけた書籍化作品のご紹介。

内容(「BOOK」データベースより)
双子の妹達から保護者役をお願いされ、最新のVRMMOゲーム『REAL&MAKE』に参加することになった青年ツグミ。妹達の幼馴染も加えた3人娘を見守りつつ、ツグミはファンタジーのゲーム世界で、料理、調合、服飾など、一見地味ながらも難易度の高い生産スキルを成長させていく。そう、ツグミは現実世界でも家事全搬を極めた、最強の主夫だったのだ!超リアルなほのぼのゲーム世界で始まった、ツグミ達のまったりゲームライフ。その珍しいプレイスタイルから、いつの間にか他のプレイヤーに大注目されることに…!アルファポリス「第7回ファンタジー小説大賞」優秀賞受賞作!
第1巻がこちら。


最新刊はこちら。

アルファポリスの連載は、書籍になった部分が短縮Ver.で読めるようになっています。未収録の続きも掲載されていますよん♪
のんびりVRMMO記(なろうさんでも連載されてたそうですが、書籍化のため作品が削除された模様)



さて、本の内容の前に、まずはVRMMOとはなんぞや?って話から。
この作品に限らず、VRMMOとついた小説を読んでいると「リアル体感ゲームなのね」というのはなんとなくわかる。
でも記事にするなら正確にわかったほうがいいよね、ってことでググりました。
ニコニコ大百科が詳しく説明してくれてましたよ。
なるほどねー、実現しなさそうだけど楽しそうな架空空間。ファンタジーというか、SF的な設定なのね。ガチSFみたいに世界の作りこみはされていなくてある意味ご都合主義ではあるけれど、SFの小難しい設定を理解するのは大変なのよーってわたしみたいなタイプには好評なのでは?

このシリーズはロジックありきの作品が好きな人にはお勧めしません。
キャラ読みがキモなので、キャラが好きになれるかどうか&ずっと同じのんびりまったりのテンションが気にならないかどうかですごく評価が分かれそう。(実際、最近の巻についてはAmazonのレビューけっこうアレだったりします★)
あと、コミカライズもされているので、そっちのほうが合う人もきっと一定数いると思う。
わたしはコミックも小説も好きだけど、それは単に小説の挿絵のほうがお兄さんの顔が好みだからwwwコミックはキャラが全体的にちょっと幼い印象なんだよね。

ふわふわふらふら気の向くままに遊び暮らすゲームの中の主人公たち一同と、それをこっそり愛で、掲示板で楽し気に語らう他プレイヤーたち。
成長や進歩はあまりないけど、ゲーム内の1日ってリアルの30分だそうで、それを考えるとゆるふわでもいいかー、とw
主人公のツグミが若いのに主夫で家事以外の仕事をほとんどしていないけど大丈夫?とか、ツッコんじゃいけません。
仕事して稼ぐ大人が登場しないよね、ってのも同上。
ゲームの中でも伏線なの?回収しないの?っていうのがありますが、それはまあ、これからに期待…なのか?
文体とか世界観のゆるい感じが魅力なので、詰めちゃって持ち味が変わっちゃうと面白くなくなる可能性が高そうでね。それでいじれないんじゃないかなー、なんて勝手に思ってます。

誌面構成がちょっと凝ってて、テイム(仲間に)したモンスターの感情を顔文字であらわして、本文の上に吹き出しで見せたり、ちょこちょこ現れる掲示板やステータスが挿絵と文のあいだ、みたいなデザインになっていたり。
ラノベというよりも児童書っぽいかな。小学校中学年くらいからなら楽しく読めると思うー。
と、自分で書いてて腑に落ちた!
ラノベだと思って物足りない人もいるが、児童書と思って読めば満足できるはず!
そりゃー、わたしが好きなわけだよwww

納得したところで、また読みなおしましょうかね。
あ、コミックスも面白いので、気になった方はこちらもどうぞ。

掲示板の表現が楽しくて好きです。わたしはゼンゼンマンさん推し!
お仲間がいたら嬉しいでーす\(^o^)/



あ行の出版社]  [アルファポリス]  [な行のタイトル
スポンサーサイト


今出てるのは3巻で、春に4巻が出るようです。
そういえば、連載途中で吉祥寺が住みたい街ナンバーワンじゃなくなったんですよねー。

【内容情報】(出版社より)吉祥寺で不動産屋を営む双子・都子と富子。吉祥寺に憧れを抱いてやってくる客は彼女たちのフレンドリーな接客に戸惑いながら、吉祥寺以外の“本当に住みたい街”を見つけていく。第2巻では、秋葉原、蔵前、経堂、神楽坂の街ぶらはもちろん、重田双子の実家リノベーション化計画もグイーンと進行! 街ぶらラブな不動産マンガ、ますます目がはなせません! 第3巻では、恵比寿、十条、福生、茗荷谷の街ぶらはもちろん、重田双子が実家リノベーションのため一人暮らしすることになる。東京をこよなく愛する二人が新生活に選んだ街は意外な場所だった。 読むと引っ越ししたくなる街ぶらラブな不動産マンガ!




マキヒロチさんは『いつかティファニーで朝食を』で知った漫画家さん。『いつか~』はアラサー女性グループの生活と朝食を絡めたストーリー展開です。

『いつか~』が<食>ならこの『吉祥寺~』は<住>がモチーフ。
引越しなのでその背景には諸事情あったりもするんだけど、引っ越すことでリセットして、新しく仕切り直しできるってことで、登場人物みんな前向きに区切りを迎えてるのが好み♪

狂言回し的な主人公の双子、都子と富子はインパクトがすごいです(笑)。外見もだし性格もね。吉祥寺がいいかなってくるお客さんにいい物件がないとなると即「じゃ、吉祥寺やめよっか」って拉致の勢いで別のとこに連れてっちゃう。コワイってばさwww
しかも物件にたどり着くまでがまた長い!街案内のほうが部屋案内よりはるかに力が入ってるのね。しかもたいていどっかお店に入って飲み食いするしw 
これで契約決まるってすごいよねーと思ってたら、3巻の終わりでお客さんに逃げられて「うちらが無理矢理連れてきて決める人は1ヵ月に1回くらいだし」ってセリフがあった。どうやら読者は成功例ばかりを見ているらしいよw 

読みながら、街紹介と部屋紹介のどちらが気になるかは、その人によるよね。わたしは圧倒的に部屋派なので、行ったことがある街を見て「そうそう、この店あるよねー」くらいの感想だけど、このマンガをガイドブックにして「次の機会に行ってみよう!」とツアーをしても楽しいんじゃないかな。

部屋派はマンガを読みながら自分の好みポイントを確認ね。いろんなパターンがあるから、自分はどこが気になるかチェックしておくとリアル引っ越しで部屋探しをするときに役立つ、かも?
自分の引越しのときは「そうだ!足を伸ばせるお風呂がいい!」でしたわ。中野のゴージャスお風呂のマンション、素敵回だったなあ( ´艸`)。

不動産屋のインパクトある姉妹、人に部屋をすすめるときの視点は鋭いのに、自分たちの家をリノベーションしようってなったときに見事なまでにコンセプトが浮かばなくてうだうだしたのが妙にリアルだった。たしかに「コンセプト」とか言われても、そんな簡単に決められないよね。
リノベの案と並行しながら、ふたりそれぞれがリノベ中に住む街を見つけたところで3巻が終わり。
「人の数だけ生活の仕方があるよね」ってのは3巻のセリフだけど、4巻はどんな街や生活や部屋が見られるのか?
今から楽しみで~す♪


 [か行の出版社]   [か行のタイトル] 


『翔んで埼玉』、リアルタイムで読んでました。なつかしー(^▽^)/(トシがバレるな、こりゃwww)

内容紹介
30年以上の時を経て、『翔んで埼玉』が奇跡の大復活! 傑作短編集『う~ん、マンダム。』の発売! 続いて代表作『パタリロ! 』の舞台化が決定! 魔夜峰央氏の身に今、何が起きているのか。思い返せば魔夜氏の人生は奇跡の連続だったという。雪国での生い立ちに始まり、漫画家デビュー、ホラーからギャグ漫画家への転身、運命の出会い、自身が「冬の時代」と呼ぶ、長い苦難の時期、そして……今。本書では、そのすべてを赤裸々に語っていただきます。はたして、その人生に降りかかった神がかりの数々とはどんなものだったのか。スピリチュアル漫画家・魔夜峰央先生初のエッセイは、心が軽くなる言葉に満ちた、まるで自己啓発書のような読後感の自伝的作品になりました。巻末付録として、守護霊漫画『龍王無尽』(「パタリロ! 」第129話)を収録!



「え、オカルトじゃなくてスピリチュアルなの?」がタイトルを見たときの第一印象。
スピが流行ってるのもあるだろうし、魔夜さんが直感型の方で、人生のいろいろな時期でインスピレーションを受けて人生を送ってきたこともあり、あわせてのタイトルじゃないかな、なんて勝手に妄想。

自伝とエッセイの間、みたいな感じで、これまでの人生の出来事や感じたことを合わせながらの語り口調で書かれています。
ふんわりした柔らかい語り口なので読みやすいです。

なんとなくだけど、書いていることの裏側にはもっといろんなニュアンスや出来事があって、それらのうち書いても大丈夫そうなところを最大公約数にまとめてさらりと書き表したのかな、なんて。

や、わかんないですけど、なんかこう、後ろにもっとあるよね?って言いたくなっただけです。うん。
魔夜さんのオカルトやホラー、大好きだからかもですね。面白いんだよう。『妖怪缶詰』とか読んでみようかな。懐かしい作品いっぱい詰まってそう。
そういえば、魔夜さんの描いたぬらりひょんはとってもイイ感じだった。洋物も和物もお上手な方だから、妖怪作品や妖精作品の新作を読んでみたいな。あと、ホラーや幻想作品のコミカライズとか。絶対すごく面白いはず!

漫画家や作家の方は多いみたいですね。インスピレーションや直感が鋭い方。魔夜さんもそうみたい。
だからといっていいことばかりではなく、耐え忍ぶ<冬の時代>もあったことを本書で知りました。『パタリロ』がずーっと続いているから、<冬の時代>のことなんて考えてもみなかった。
その<冬の時代>を乗り越えられたのは、いい時期に購入していた財産で、ピッタリなくなったとか読むと「おお~っ!」ですわ。
日常ずっと大なり小なり感じるものがあるんでしょうね。で、それらが現実になるのを体感し、その積み重ねの結果が今回の文章ってことかな。
みんなに共通するものではないかもしれないけど、独りよがりとかじゃないので、感じるものがあるなら生活の上で心がけていくといいのかもです。

巻末にパタリロの『龍王無尽』が収録されているのも面白かったですよ。実際こんなふうなのか?はわからないけど、いい心がけで生きるに越したことはないので参考になるかと(^皿^) 



 [は行の出版社]   [さ行のタイトル] 

去年から、
小説家になろうさんにハマっておりまして、すっかりめっきり「小説はネットで」になりつつあります。

山盛り読んでいるので、この際ですからブログ再開したら「なろう」さんの小説も紹介しちゃえ!ってことで
本日は第一弾。
婿入り募集中 をご紹介します。
短編小説なのでさらっと読めますよ♪
直リンクしているので、ご興味がおありの方は青字タイトルから直行もできます。
作者は<みわかず>さんです。

<(なろうさんからコピペの)あらすじ>
育て上げようとするそばから結婚退職していく後輩たちに焦りながらも、上司のおごりで酒を飲んで気を晴らすOLの保志。上司の同期でイケメンエリートが飲み会にまざるようになって変化が・・・


短編だからというのもありますが、この作品、アホほど繰り返し読んでますw
わたし、この方の文章好きなんですわ。
(なろうさんでお気に入りユーザーという設定があると知ったとき、真っ先に登録させていただきました)

会社の後輩の結婚式の後、仲のいい上司と美味しいお酒を飲んでるところから物語がスタート。
主人公のモノローグと登場人物の会話で進むストーリー。テンポがすごくいいです。
結婚式の華やかさをお名残に、飲み足りないけどお付き合いやバカ騒ぎって感じじゃない。
美味しいお酒を気の合う人と飲む。これサイコー!っていう軽やかな雰囲気なのね。
(いかにもわたしが好きそうでしょw)

主人公は自称「ザ・地味コ」。「仕事ぶりはまあ、普通だと思ってる」そうな。
恋愛カテゴリのネタバレしちゃうと、お相手の男性はハイスペックイケメン。
おお、なんか関係もあるの?一度の経験じゃなかったのかー、と、飲み会の後に主人公が回想しつつ、お相手のお宅へ…。

地味子とイケメン、少女マンガの始まりから続くお約束のような安定の組み合わせ、かと思いきや、
お相手の男性がいい感じにヘタレておりましたw
このヘタレ加減がね、本人談の「俺、仕事以外はグダグダよ?!」とあいまって、素晴らしく効果的なの。
口説きの台詞とかめっちゃ読み込んじゃいます。

彼の話で明らかになる、彼女の「まあ普通」ではなかった高スキルもいいんですよー。
ネタバレなので反転すると
お料理上手、素晴らしい。お茶も美味しいらしい。どんなふうに淹れてるのかなー、気になる!
そういえば名香智子さんのマンガでもあったなあ。アイドルの男性が地味な主人公の料理の腕前に一目惚れって告白する話。
「初めて言われた」みたいなセリフに、「運がよくないと見えないところだからね」って返すんだっけか。
胃袋つかむの大事だわぁ。あと、仕事のスキルもだけどなんたって彼女の気配りね。ステキステキー。


告白にしたがって、トランプを返すみたいにいろんな面が見えてきて、隠してた真面目な恋心とかね、もうキュンキュンですよ。
社会人だから、オトナだから、仕事は普通にしているけど、プライベートの気持ちはね、みたいなの読むと
うわあ、そうかそうかうんうんって、だんだん姿勢が前のめりにw 

ハッピーエンドのラストまでうっとり安心して読み進められますが、惜しむらくはこの話、オトナの恋愛の話なのよね。
なろうさんじゃなくムーンライトさんのほうでR18だったらどんな感じげふんげふん★いかん、指がすべって本音がダダ漏れたw

えーとえーと、そんな感じで甘くて後味のいい作品ですので、
やわらかであったかい気持ちになりたいときに読むのにオススメでございますよ?

ちなみにみわかずさんはなろうさんでただいま『贅沢三昧したいのです!』という作品を連載中。
こちらも面白くて、わたし、なろうさんのほうでレビュー書いてます。書きたりなかったのでwそのうちこっちでも記事にすると思いますー。



[小説家になろう]   [ま行のタイトル] 

ちょっと前に話題になってた本です♪

 

 

 

いやー、初っ端から笑わせていただきました。

巻頭「この本の使い方」なんですけどね

その1:あなたが初心者なら

その2:あなたが経験者なら

その3:あなたが「誰がなんといっても生きものは持たない主義」なら

となっていまして。


要するにどの人にも『全部読もうね』とおススメしているわけなんですが、その表現がもうね、「持たない主義の人にまで!」と笑っちゃいます。まあ、本を読んでいる時点で持ちたくなくても興味がある人ってことですもんね^^

 

章立ては1章から4章まで。持つ<人>によって分けています。

生きものカメラマン、総合ペットショップオーナー、いろんな生き物を診る獣医師、そしては虫類専門店オーナー。
人気があるペットがいるかと思って安心してページをめくっているうちに、生きものがどんどんマニアックになっていき、最後は「それはそもそも生きている状態で出会うチャンスがあるのか?」という感じになってきます。

わたしはたいがいの生きものはさわれると思いますが、タランチュラだのゴキブリだのスッポンだのはさすがに持とうとは思いませんよ?

これを『全部読』んでどうしろと…(笑)。

 

さらに書くと巻末の<応用編>、毒ヘビやワニの持ち方まで登場します。

すでに雑学の域すら越えているのではないでしょーか?

 

えー?とネタのように笑いつつも

合間合間に犬や猫など家でよく飼われているコンパニオン・アニマルたちも出てきますし、獣医さんの章には爪切りについて書いてあったりもします。

 

まったくもって

役に立つんだか立たないんだかわからない本です(笑)。

 

読むのに時間はかかりませんし

どういう役に立つものかは謎ですが

こういうつかみどころのない本を知っていて、読んでいて、面白がれるというのは

なんか豊かなことなんじゃないかなー、と

読みながら思ったのでご紹介してみましたのでした♪

 

 

 [や行の出版社]  [さ行のタイトル]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。