うーん、濃い…。でも読みだしたら一気です。
以下Amazonの紹介ですが、コピペで1記事にできるんじゃね?ってくらいいっぱいだったので、あえて短い方の文章をコピペ。さらに目次をショートカットしました。

内容紹介
パロディマンガの巨星がマジに描いた、明日は我が身のうつ病脱出コミック!
著者自身のうつ病脱出体験をベースにうつ病からの脱出に成功した人たちをレポート。うつ病について実体験から知識を学べ、かつ悩みを分かち合い勇気付けられる、画期的なドキュメンタリーコミック!


興味がある方は、Amazonのページに行くと目次ともっと詳しい紹介文が見られます。
目次で登場している人名を見て、あの人も?え、この人も?うつの人って多いのねー⁉って驚くんじゃないでしょーか。わたしは驚きました。

実をいうと、わたしも病院にいくほどではないのですが、うつ傾向があります。
ツイートもしましたが、コラム的にはさまっている『あの時ぼくはうつだった その1』の症状に似たようなことやってます。アレ落ち込むんですよねー★
家にこもりっきりになったり、入眠時に声が聞こえる、いわゆる幻聴だろうなーという体験もありますが、基本設定が丈夫なので「動けないかー、寝よ」「声が聞こえるということはそろそろ眠れるのねー」と、後者は不調にすら当時気づかなかったという…。過去の自分にツッコみたいレベルなので病院に行こうとかは思わないんですけどね。

ま、軽度とはいえ、そういう傾向の自覚があるのでこの本も気になったわけですが
読んでみると、気温差、気圧差でうつ傾向が表面化するなど(著者の田中さんは気温差でやられ、ツイートすると気圧差の人からの反応があったそうな)、病気未満でも役立つ情報がいろいろありました。
気分のアップダウン激しいんだよねー、とか、情緒不安定な時あるんだわーって人は読んでみて損はしないと思います。
コミックだから読みやすいですし、掲載著名人の中にファンの人がいたら、今まで知られてなかった一面が見られますよ。

いろんな人のケースが読めるのもいいんですが、表現として秀逸だなーと思ったのは<うつ>。表紙にも登場している、なんだかゲルっぽい妖怪みたいなヤツです。キモイけど嫌悪感を感じるほどではないこの表現うまいです。山盛りいるときしょくて、少ないと「ま、いっか」程度に許容できそうなイメージ。
田中さんはいろんな絵柄を描ける方のようですが、著作の絵柄は手塚治虫ふう。そのせいかブラックジャックを連想してしまいました。似たキャラで表現されている人も登場します。サービスいいなあw
似てるのがダメって人にはおすすめできませんが、気にならないファンの方ならさらに楽しめます。

ところで、この本の本編の終わりに「つづく」ってあるんですけど、コレ、エピローグがあるからなのか、それとも続編の予定があるからなのか、どっちなんでしょうね?
もっといろんなケースが読めれば、自分の不安定さに対応するやりかたが増えそうな気がするので、続きがあるならぜひ読みたいです。 

今、うつや双極性障害のトンネルの中にいる人も、傾向があって不安定な気分の人も、ずーっとそのままじゃないから大丈夫って元気づけてくれる一冊なので、たくさんの人に読んでほしいです~。


か行の出版社]  [あ行のタイトル

スポンサーサイト

 うんと小さい子向けのポップアップ絵本です。

 

おめでとうのももんちゃん (ももんちゃんのポップアップえほん)

       とよた かずひこ 童心社 2010-11-30
       売り上げランキング : 317809
                                      by ヨメレバ

Amazon.co.jp: おめでとうのももんちゃん (ももんちゃんのポップアップえほん): とよた かずひこ: 本

内容紹介

きんぎょさんがぴょーん、さぼてんさんが「どっこいしょ」ってとびだした! サボテンさんもちくちくすたすた。おばけさんもどろどろどろん、みんなでおでかけです。みんなによばれて出てきたももんちゃんは、大きなプレゼントをかかえているよ。人気シリーズがポップアップ絵本になって登場です! お誕生日カード付。

 

ももんちゃんのシリーズは過去に数回ご紹介しています。とよたさんのカテゴリも作っているのですが、過去記事整理がまだおいついていないので、検索していただくのが確実です(すみません!)


あかちゃん絵本・ファーストブック系ではかなりのおススメ本なんですが、ポップアップにして大丈夫かな?というのが読む前の感想でした。

さわって壊しちゃわないかな?って。
結果的にいうと、危惧はあるのですが、一般的なポップアップ絵本より作りが単純なので、多少は持つかも…?って感じです。

 

ポップアップというと、いろんな仕掛けがしてあって、さわって動かしてというのがわりと定番のように思うのですが、この『~ももんちゃん』に関しては立ちあがって「おおっ」とビックリして終わりというシンプルさ。
こう書くとあっけないように思われちゃうかもですが、小さい子向けで作るなら、やっぱこうかな、という納得感があります。
切りぬき式の仕掛け絵本もありますけど、あれは「切り抜かれてる(けど、実は違うんだよ)」というのが理解できないと面白くないのでね、ちょっと大きい子向けなんです。
その点これは「わ♡」ってなって次にいけますから、たぶん読むのもラクではないかとw 

 

でもってこの絵本、読んでみるとわかりますが、「おめでとう」と言われるのはももんちゃんではないのです。
読み手のアナタにおめでとう、なんですね。

ということで、ズバリ


プレゼントにピッタリ


なのでした。
やっぱり誕生日プレゼントがいいかしらん。1歳とか2歳あたり。
わかりやすくてアピール力バッチリ、これプレゼントの重要ポイントです。
すごく仲良しってほどじゃないから、絵本の好みはわからない。「絵本はまだ…」って言ってるから実はあんまり読み聞かせ経験ないかも?でも絵本って面白いのになー。
って感じなら、こういう変化球絵本でお近づきになってもらうのも一つの手だと思うんですよ。
もちろん自宅用に買うもよし、です。


ハロウィン終わってクリスマスあたりかな、悩んだ時の選択肢のひとつとしてご検討どうぞでございます。

 

[た行の出版社] [あ行のタイトル]

 今日の記事は重い内容になるかと思われます。

いつものトーンとは違いますので、 おつきあいいただける方はそのようにお考えいただけますと幸いです。

 

消えたい: 虐待された人の生き方から知る心の幸せ (単行本)

高橋 和巳 筑摩書房 2014-03-10
売り上げランキング : 20872
by ヨメレバ

楽天ブックス: 消えたい - 虐待された人の生き方から知る心の幸せ - 高橋和巳 - 4480864288 : 本

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
自分の「存在」を疑ったことはありますか?親から虐待されて育った人たちは、普通とは全く違う世界を生きている。そこから見えてくる、人間の心、存在、そして幸せの意味とは?

 

 非常に個人的に感情移入してしております。冷静な文章では全っ然!ありませんよー★


黒子のバスケ事件」の犯人に精神科医が差し入れしたという本。
以前にも情報を得ていたのですが、そのときは手に取ることがなく、最近になってまた思い出して読んでみました。今回はタイミングがあったということなのでしょうね。

いきなり異を申し立ててごめんなさいですが、この内容情報に関してはちょっと「どうなのさ」ってところから始めちゃいます。

 

「普通とは全く違う世界」ってなんだよ。ウエメセで語ってるんじゃねえよ。

 

人って主観的なモンです。
この本では虐待にあっていた人のケースを多くとりあげていますが、彼らにとってはそれが「普通」だったんです。
著者はそこを理解して、彼らのスタンスに立ちながら会話をするから、彼らも著者の言葉が通じて、染みていくんです。
そこを履き違えた書き方ってどうなんでしょうか。

 

…うーん、今日は興奮しがちだな。感情的にならないように気をつけながら書いていかないといけませんねえ★

 

わたしは虐待を受けて育ったわけではないです。

家庭に機能不全な部分があったよなー

振り返ってみると感じる部分があります。
(そして、機能不全や、それによって自分が傷ついていることにうっすらとしか気づいていなかった若いころにとても『普通の家庭』に憧れていた時期がありましたが、その時期に家庭を持って子どもを産んで育てなくてよかったかもしれないなー、というのは、いろいろちゃんと腑に落ちた今だから(負け惜しみではなく)言えることです。
子どもに過剰に期待したり、子どもを支配したがったり、もしくは八つ当たりしたり、そういうヤバい可能性が多すぎました…。これ、産めなかった言い訳じゃなくマジで思ってます…)

 

完璧な家なんてないんだってことはわかっていますし、自分にそう言い聞かせていた部分ももちろんあります。
でも
よその家の家族関係を見て複雑な感情にとらわれて、『どうして円満な親子関係を見ているのに自分はそれが腹立たしいのだろう?』と感じたら
自分の家庭環境を大人の目、他人の目で振り返ってみる必要があるかもしれないです。
自分の家は、自分が思っている以上に機能不全だったのかもしれない
そして、自分はそのことで頭で理解しているよりもっと気持ちが傷ついているのかもしれない…
ということに、わたしは長い時間をかけてやっと気づきました。
人生の折り返しはとっくに過ぎていますが、その折り返しを過ぎてからです。
子どもの頃にあった出来事と、周囲の大人が一般的にする評価に対して、<子どものわたし>はとてもそのことが腹立たしい。そしてその腹立ちは間違ってはいない。
やっと表現できるようになりました。

 

こう書いていても胸が痛み、涙が出そうになっています。手が何度も止まります。
腹が立つことも傷ついているのを認めることも、そこから進むためには大事なことなんです。ちゃんと理解しています。
でも
そんなことはないんだって思いこめれば、もしかしたらこの痛みは表面化しないで自分を誤魔化していられたかもしれないって
そう思っている自分もいまだに確かにいるんです。
両方の自分を否定しないよう、こらえて踏ん張るチカラが、今、必要で、だから手を止めながらも少しずつ書き進めています。

 

衣食住に不自由どころか、甘やかされて育っていてもこうです。
もっと深刻な状況からのスタートだった人たちはいかばかりなのか…。

それでも、当時の自分にとってはそれが「普通」。
その違いを理解して、現状は違うことを示唆してくれて、快適ということを探させてくれる、教えてくれる、著者のような人がいるのはありがたいことです。
そしてそれが本という媒体になり、人々に読まれることで、著者のようなドクターの診断を受けられない(もしくは受診するほど深刻ではない)人たちも
間接的に疑似体験をしたり、自分を振り返ったり、そしてもしかしたら自分の環境にも変化をもたらすことができるかもしれません。

 

よその家庭をうらやましく感じる必要のない人が読むと「これでいいの?」って思う事例が出てくるかも知れませんが、人とケースによって対処は違うものです。
過去に対しての行為と
現状に対しての対処法はおのずから違ってきますしね。
沢山の事例に向き合いながら著者は目の前の人に対してアドバイスをしており、それらが書きあらわされています。

 

わたしのように、小さくても家庭に関する痛みを感じている人が読めば
内容を分析し、自分に当てはめて「ここが欠けていたんだ」とか、「ここを満たして欲しかったんだ」ということに思い当たるかもしれません。
過去をやり直すことはできなくても
これからの自分に対して、欠けている部分を満たす生活を心がけていくことはできそうです。

 

痛みがなければ、痛みを理解する一助に
痛みがあれば、それを自覚し、改善する一助に
それぞれ読んだ人に対してなにがしかの助けを与える本ではないかと思います。

 

 

<オマケ>

虐待については下記のコミックのエピソードもなかなかキます。

マイノリティな要素たっぷりのディープな作品なので人を選びますが、気になる方は一読してみるのもアリかも。

 

リバーサイド・ネイキッドブレッド (Feelコミックス)

       有間 しのぶ 祥伝社 2012-12-08
       売り上げランキング : 104348
                                      by ヨメレバ

 

 

 [た行の出版社]  [か行のタイトル]

 新刊が出るなり買って、けっこうリピして読んでおります♪

 

 

十年後、街のどこかで偶然に (花とゆめCOMICS)

津田雅美 白泉社 2015-09-04
売り上げランキング : 2227
by ヨメレバ

楽天ブックス: 十年後、街のどこかで偶然に - 津田雅美 - 4592195981 : 本

【内容情報】(出版社より)
筆記具メーカーで働く藤堂は、高校の同級生・槙と十年ぶりに再会する。左官職人となっていた槙は変わらず無口な性格だったが、以前よりわかりやすい人と感じる。高校生では近づけなかった二人が、今新しいステージに…!?
2015年9月刊。

 

津田雅美作品は、たぶん全部読んでると思いますw

紹介してる過去記事がありますので、記事の最後にリンクを貼っておきますね。

 

「Anelala」で不定期連載してたんじゃなかったかな。
1作目を読み逃していてくやしかったんですよね。コミックス出るなり買って「なるほどこういう設定だったのか」と、やっと納得しました。

同じ高校の女子3人(&男子)が卒業後10年を経てからバッタリ、というシチュエーションがモチーフです。
恋が始まったり、終わった恋を思い出したり、再開して恋が芽生えたりと、三者三様の恋模様が描かれております。
ストーリーももちろん好きなんですけど、ツボなセリフも多いです。
「違和感あるんですよね 世間で学生時代がキラキラしてた的な言われ方されてるの」
「けっこうドロッとしてません? なんとなーく見えない『基準』があって なんとなくみんなその『基準』に合わせなきゃならなくて それ以上目立ってもそれ以下に劣っても『浮く』の」
とかね。かなり強烈にうなずきます。
このセリフを言うのが、高校時代からかなりマイペースで、日和ることなどなさそうな一匹狼タイプの美人な子でして
これがまた『こんなに自立してる子でもそんなこと考える設定なんだ!?』みたいな感じでグッときました。
恋愛も順調にすすめられているようなのに、作中で彼氏が感じている違和感を聞かされて
「終わるのなんて簡単だ 少しずつ気持ちが擦り切れていって 一緒にいられなくなる どんなに相手を大切に思っていても」
とゾッとするあたり、賢さが感じられてね、いいんですよー。

 

恋愛ってね、好き好きキュンキュンのドーパミン系にクローズアップされることが多いと思うんですけど
実際のところ、つきあって一緒に時間を過ごすようになるとセロトニンみたいなタイプの安定・安心が大事なんですよね。
この快適さが損なわれるとドーパミンが出ていたとしてもしんどくなっちゃう。
そういう濃ゆい恋愛じゃないとしている気がしない、って人もいるとは思いますが、個人的にはそれだけで長時間を過ごすのはきついなと感じます。
一緒にいてセロトニンが分泌される相手なら、元気な時だけじゃなくしんどい時もいられるものね。

なので、上で書いたセリフが出てくる『藤堂&槙』カップルで出てくる安定性の話と
別の話で『樫原&須賀谷』カップルが壊れちゃう場面はね、対になっているように感じられ
人物関係以外のリンクの部分も面白かったりします。

 

(ちなみにこの『樫原』ちゃんの話だけ、不思議と男性サイドの内面性が薄いんですよね。
高校時代と旦那さんが別のヒトだからなのか?ページ数の関係も大いにあるとは思いますが
ページ数とエピソードをもっと増やせれば、それこそドーパミンセロトニンの対比させるみたいにして
別の読み応えを感じられたんじゃないかな…と、ちょっと残念でもあります。
記事にはしないけど、実のところ須賀谷にはツッコミまくりたかったりするんですー)

 

最後に出てくる『すばる&北斗』カップルは、まあ、ストーリー的にはちょっととってつけた感もあるんですけど
旅行エピソードとか、幼なじみを恋愛モードに入れると?みたいなのが面白かったのでヨシとしますw
チュウのシーンがあまりにも楽しすぎて、もうコレで全部マルにする!ってくらい笑えた。

少女マンガとレディースコミックのちょうど中間くらいの位置のコミックだと思います。
ガッツリコッテリではないですが、なんとなく繰り返し読めちゃいますよ。
機会がありましたらぜひどうぞ♪

 

オマケ。

津田さんのコミック記事は以下でも読んでいただけまっする。

『ちょっと江戸まで』

『eensy-weensy モンスター』

 

 

[は行の出版社] [さ行のタイトル]

やっと最終巻に辿り着きましたー\(^o^)/


商品説明
今も昔も復讐鬼の物語が人々の心を惹きつけてやまないのは、それが幸福と安寧に背を向けた人間の究極の姿だからであろう。世界の文学史上最も有名な復讐鬼、モンテ・クリスト伯。19世紀フランスの文豪、デュマが創造したこの人物もまた、目的を果たすごとに、底なしの泥沼へと一歩足を踏み入れていく。
本名、エドモン・ダンテス。マルセイユの前途有望な船乗りだった彼は、知人たちの陰謀から無実の罪で捕えられ、14年間の牢獄生活を送る。脱獄を果たし、莫大な財宝を手に入れたダンテスは、モンテ・クリスト伯と名乗ってパリの社交界に登場し、壮大な復讐劇を開始する…。
文庫本で7冊の大著である。物語に多少「できすぎ」の感もあるが、そんな懸念をすぐに吹き飛ばしてくれるほど波状に富んだ展開で、息をつく暇もなく読み通してしまう。フランス文学の大著といっても、机に向かって姿勢を正して読む、というよりは寝そべりながら読むうちについ夜更かししてしまう、というタイプの作品である。
何と言ってもこの小説の白眉は、伯爵の用意周到かつ執拗な復讐の過程である。着々と目的を遂行していく姿が、心理描写をいっさい排した文体で描かれ、後年のハード・ボイルド文学をも連想させる。
復讐の物語にハッピー・エンドはあり得ない。もしあるとすれば、主人公がどこかで「妥協」を見出す必要があろう。モンテ・クリスト伯が最後にどんな選択をするのかも、読みどころのひとつである。(三木秀則)

著者:アレクサンドル・デュマ
出版社:岩波書店(岩波文庫赤版)

過去記事、リンクさせています。
1巻」 「2巻」 「3巻」 「4巻」 「5巻」 「6巻

でもって、この期に及んで『モンテ・クリスト伯』すでに過去記事で紹介してたやないかい!とわかりまして★
いつもなら最初にブログ内の記事検索をするのに、なんで今回に限って洩れてたんだろー!?と思いつつ
前記事を削除するのもアレなのでリンクしちゃいましょーかw
書いたのは約6年前だそうです。マジか。そりゃ忘れても仕方ない…か?

自分でも書いたのを忘れていた紹介記事はこちらからお読みいただけます^^;
続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。