ソーイング好きな方へのプレゼントにもいいかも?な繊細できれいな絵本です。

 

リトルモアの絵本はビジュアル系のものが多くて、感覚的に合う・合わないがはっきりしているんじゃないでしょうかね。

個人的にはこの絵本はかなりツボです。

 

旧館のときカテゴリを真っ先に作ったくらい宮沢賢治は好きな作家です。

すべてが名作とは言いませんが(むしろ作品によってクオリティの差が大きい作家です)、とにかくたくさん絵本化されています。

そして、その中でもこの『銀河鉄道の夜』は画家数めっちゃ多い!

画家の心をくすぐる作品なんでしょうね。

 

 

個人的な好き嫌いで言うと、嫌いではないけど、好きというほど思い入れはない作品ですが、とにかく人気が高いので目にする機会も多く、結果、あれがいいこれはどうかななどと考える機会も多くなります。

で、清川あさみさんという方の絵本作品を見て興味がわき、他の絵本作品は…と検索して『銀河鉄道の夜』を発見。

アタリの香りがする!と読んでみた次第。

 

布や刺しゅう、スパンコールなどをふんだんに使った挿絵はゴージャスかつ繊細。

使われている素材を考えると女性寄りかなー、と思いますが

男性が拒否感を感じるほど甘くもない仕上がりになっています。

そうはいっても冒頭にも書きましたが、ソーイングする人の喰いつき率は高そう。わたしは自分で絵を描くわけではないですが、この組み合わせの多彩さに驚きました。同じく手法を見て目からウロコの人もいることでしょうね。

 

色合いは夜の暗さをふんだんにあらわすためでしょうか、重たいくらいの色使いですが、素材で質感を軽くしています。バランスいいなー。

絵の数も多く、そのうえ文章だけのページの配色にも心遣いが感じられ、パッと見るだけで「贅沢な絵本だなー」って感じ。

 

丁寧だけど入れ込みすぎていない、文章との程よい距離感は手法のためか、それとも画家の感覚なのか。

この作品、抒情的な文章なので絵がそこに近づきすぎると湿った<泣かせ>の雰囲気になってしまうような印象があり、わたしはそういうの苦手なので、距離感があると安心するんですね。

銀糸で直線的なステッチがシャープだからか、それとももっとほかに理由があるのかわかりませんが、文章と絵が重なりながらも独自の世界を作っているようで、コラボという言葉が似合います。

 

個人的にはいまのところイチオシの『銀河鉄道~』かも。

ほかの清川作品もぜひ読んで、今後また紹介したいと思っています。

 

 

 [ら行の出版社]  [か行のひと]   [か行のタイトル] 
スポンサーサイト

前の記事でモリナガ・ヨウさんの「築地市場」を紹介したわけですが

なんと!マジ直後にこの絵本に関するモリナガさんのインタビューが公開されました。

ご縁を感じる一方で、紹介前にコレ読まなくてよかったなあ、というのが実感。

モリナガさんの対象への熱と距離感がよくわかる、とてもいいインタビューなので、記事を書く前に読んでいたらゼッタイ引っぱられた文章になってた。

孫引きばっかの紹介文になったりしたら、自分でダメ出しツッコミしまくって記事を下書きにのまま放置の可能性もあったかも。あーヤバかったーwww 

 

ということで、本日の記事は『モリナガさんインタビューの感想&紹介』なのです。他の本を紹介しようかと思ってたんだけど、このタイミングじゃないと書けないフレッシュな内容なので!

 

わたし、ついったらーなので、好きな作家や漫画家のフォローもしていますが、記事を書いて告知リプすることってあんまりないんです。

でも、気づいてくださってRTしてくださったりリプくださったりする著者の方もいらして。モリナガさんも、今回、RTとリプをダブルでくださったんでした。(嬉しかったので両方貼りつけちゃいますw)

で、リプの後、このようなツイートをなさっていらっしゃいました。 

 

インタビューを読んだ時もこのツイートを見た時も、とっても嬉しかったのは、わたしが惹かれてやまなかった夜の空気感は、モリナガさんがとても苦心して表現なさってたんだとわかったこと。

 

何であっても表現する側とそれを愛でる側の間には<作品>がはさまってて。

それがどんな風かっていうのは両者が同じ目で見てるとは限らないんですよね。視差や時差があるのは当然なわけ。

なのでわたしは感想や紹介をするときには、表現者・発信者にフィードバックできたらいいなって意図があります。

「ここがステキでした」「ココが面白かったです」「ここ、好きなんです」

っていうのを作り手の方に伝えたいなって思って書いてます。ラブレターですね^^

その、「わたしのLOVEなところ」と「著者のいっぱい工夫しましたなところ」がマッチングしているのがわかって、これはもう嬉しさ倍増!

通じた~♡ な感激でございましたですよ。

 

そうはいっても、やっぱりまだまだ受け切れてなかったようです。

インタビューを読んで初めて気づくデザイナーさんの意図・工夫。

なるほど、絵と文だけじゃなく、それを見せるデザイナーさんの技量もありますよねー。

(もっと細かくいうと、インタビューには書かれていませんけど、編集さんの力量や印刷屋さんの色再生の技術もあると思います。特に色はとっても素敵に出ていますから、再現するのにかなり配慮なさったはず。

あー、こんなん書いてたら原画見てみたくなってきちゃった)

 

でね、インタビューの途中に、作品の絵を手前にピントを合わせて撮影した1枚があるんですが…

めっちゃめちゃにリアルになります。

これイイ!他の絵でもやってみたい!(テクがないのでできないけど★)

絵本を肉眼で見るだけじゃなくて撮影してさらに遊べるなんて面白すぎる!

 

さらにいうと、そうだよなんでわたしはこの絵の見やすさを書かなかったんだろうと更新直後に思ってはいたんです。うまく表現できなかったんだよう、ううう…。

いーっぱい描きこんであるのに、全体を見ると空気のヌケ感があって、キュウキュウじゃない広がりがある絵なんですよ~。

くそう、なんでこの1文を昨日入れなかったかな、自分。更新した記事を見直して、入れこもうとしたら、ぜーんぶ書きなおしになりそうな予感がしたので後出しジャンケンなのを知りつつ、この記事に太字で入れときますわー。

 

そんな感じで読みながらあいづちをたくさん入れて、読み終わった後はインタビュー記事を読み直しながら絵本を手にとり確認したくなっちゃうステキ記事でした。

絵本の後でインタビューを読むほうが、先に読むよりおススメですが、待ちきれないならインタビューを読んで楽しみどころをチェックした後に絵本、でも別の楽しみ方ができそうです。

どちらにしても、対で読むのがおススメの絵本とインタビューでした。

ここ当分は、これがイチオシの予感がいたしますです。うっふー♪

 

モリナガ・ヨウさんの新刊です。

サイズはちょいと大きいのですが、この大きさはアリです。

というかこのサイズ、必要でした。

 

 

『ジェット機と空港・管制塔』

 

 

 [か行の出版社]  [た行のタイトル]

前回の記事に引き続き、この本の紹介です。

 


今回は登場人物のお話を中心に

わたし、 トラックバック的なことは基本的にしないんですが、自分が過去記事で書いたかどうか探している時に、このブログ記事を発見しまして、やーそうだったと目からウロコ的な思いだしを。

そうだよ、ベッキーおばもロマンスの話をしてたんじゃないか!と。

 

初っ端で衝撃だった過去のロマンス(というか片思い)の告白があったんですよ。しかも遺産分けの集会の真っ最中。やー、すっかり忘れてたわー。

 

モンゴメリには時々過去の回想的な物語があります。

<過去にこんな出来事があった、そして今…>みたいなパターンね。

ロマンスだったりケンカだったりとバリエーションは様々なんですが、

ベッキーおばの「昔あなたが猛烈に好きでした」と、面と向かって相手に告白し、結ばれることがない(というかそもそも今は愛情はない)ってのは、他の作品では読んだことないです。なのでかなり新鮮。

そしてまた、過去の片恋の相手がめっちゃ凡庸な感じで、思ってもみなかった告白に「何を、しかもなんでまた今さら…」と、大変気まずいという。

このあたりのリアルで滑稽な感じ、たまりませんです。モンゴメリファンで未読な方なら、せひ気合入れてチェックいただきたい部分です。

 

これに比べると他の登場人物のロマンスはわりと正統派かも(だからといって面白さがへるわけではないですが)。

…って書いてて、ふと気づいたんですが

この本、主役がいないわ! 

もしかして水差し?って一瞬思いましたが、アレは狂言回しみたいな役割だしなあ。

ゲイもジョスリンもマーガレットもドナも、なんだかんだいってサイドストーリー。

…一歩間違えたらとりとめが無くなる物語をよくまあ絶妙のバランスで仕上げたものです。モンゴメリすげーっす。

 

上記でつらつらと書きだした女性たちはマーガレット以外、モンゴメリの正統派のロマンスを紡ぎだしています。

 

ゲイの幼い恋と破れた後の真実の恋は非常にわかりやすい形ですが、だからといってときめきや切なさが減ることは一切ありません。まさに<少女マンガの世界>でして、あの読んでいないコミカライズもきっとこのゲイの物語を中心にしてるんじゃないかな?と思います。

 

ジョスリンの勘違いの恋と、それに気づいた後の復縁は、モンゴメリの得意なパターンをちょっとひねった感じですね。(とはいえ、これはぶっちゃけどうなの?とも思いますけどねー。相手のヒューのお母さんがジョスリンに対して非常に腹を立てていますが、そっちのが共感できたりする。結婚式で他の男に一目惚れをして、旦那に告白・別居…。それが一時ののぼせあがった錯覚だとわかったからといって元サヤ?ヒューの立場どうなの?って感じです。わたしだけ?

 

ドナは敵だと思ってた相手にまさかの一目惚れで恋が始まります。

激しい恋と激しいケンカ。そしてドラマティックな仲直り。わたしも気が相当に強いので、このカップル(というか、ドナの気性や対応は)あるあるわかるわかるで大変楽しかったです。

未亡人から一転して恋する女性に変わる、その心の動きも瑞々しいですし、盲目ではないけれど一途で、ヒューと世界旅行に行くことに何のためらいもない潔さもステキ。ストーリー的にはうじうじしているゲイの方が読ませるんですがw ピリッとしたスパイスのような存在でした。

 

マーガレットのロマンスは、ちょっと『青い城』を思わせますが。相手が男性ではなくて家というあたりが意外なんです。この発想はなかったw 

でもまあたしかに満足して暮らすのに異性が必要不可欠というわけではないですもんね。プロポーズされてお試し交際をして、やっぱダメ★ってくだりは当時の小説ではかなり斬新な設定だったんじゃないのかなあ、などと勝手に推測しています。

夢の幸せが現実の幸せにシフトしていく移り変わりの場面は、アタマとリアルの違い&腑に落ちる感がとても秀逸。「こう考えていたけど、実際にするならこっちの方がしっくりくるよねー」って、あの感じはスピ系の本好きさんにも楽しめそう。結果的にひとりではなく、ふたりで幸せになるんだーっていうのもよかったです。10年後、20年後の幸せな未来まで想像できます♪ 

 

あとは…狂人と思われている月の男も忘れちゃいけないかー。

普通と違うということで存在がちょっと怖いけれど、本質をついた会話をたびたびします。

「愛しているだけで、姿を見るだけで、幸せなんだ」という至極まっとうに聞こえそうなセリフですが、相手が月で、それを実行していると、とんでもなくシュールでホラーだったりもしますです、ハイ…。

 

主要なところはだいたい書いたよねー?と思っていたんですが残っていたのがビッグ・サムとリトル・サムのコンビ。このふたり、どういう扱いなんでしょうね?

カップルでは当然ないけれど、物語の最後を〆るエピソードは彼らのもの。めでたしめでたしではあるけれど、ちょっと弱かったりもして、なかなかビミョウな感じでした。これも夫婦にこだわらない幸せの形ってことなんかなあ。

このコンビに関しては、読んだ方の感想もうかがいたいです。ぜひに。

 

ということで、シチュエーション読み、キャラ読み、両方について書いていきましたが、どちらもとても楽しい作品でした。

上記のように終わりかたや人間関係など、今ひとつスッキリサッパリしない部分もあったりしますが、全体のバランス感覚は抜群です。

モンゴメリの作品集の中では異色なほうですので、そのあたり含めてお楽しみいただければと思います~^^

 

 

 [か行の出版社]  [ま行のタイトル]

 本日はモンゴメリ作品のご紹介。

これも「紹介してるはず!」と思ったんだけどまだだったみたいです。 

コミックスも出ているようですが、

 [か行の出版社]  [ま行のタイトル]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。