3記事にわたって紹介したこちらの本ですが
星新一(上巻)

星新一(上巻)
著者:最相葉月
価格:679円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

星新一(下巻)

星新一(下巻)
著者:最相葉月
価格:720円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


読んでいる最中に、このようなツイートをしておりまして。
「ぐは★  星新一の伝記読んでて、この人ってどんなホロスコープだっけ?と思って見てみたら、星さんの水星がわたしの金星と、星さんの金星がわたしの木星とガチで合だった。 そりゃ、この人の書いたもの好きなわけだわさ。 ちなみに星さん9月6日生まれ。ゴンチチの松村さんと誕生日一緒でしたw」
「ちなみに星新一さん、出生時間まで伝記に書いてあったので、それでホロスコープ出してみたら、アセン・月・水星・金星まで全部!獅子座! 太陽期になったとき相当に辛かったんじゃなかろうか。なんたって乙女座だからねえ。 星読みさんがホロスコープ片手に伝記読みしたら面白いと思う例だわ。マジで」


気になっていたので、本紹介も終わったこのタイミングで
番外編として〈なんちゃってホロスコープ読み〉をしてみます。
ちなみにわたしのレベルはおそらく初中級あたりと思われます。

(本紹介をしています「そのいち」「そのに」「そのさん」の記事が前記事になります。よろしかったらあわせてどうぞ)
続きを読む
スポンサーサイト

はい。あっちのブログのリンク貼りますよって記事です。
「情熱のピアニズム」の紹介記事はこちらからご覧いただけます。

36歳で夭折した天才ピアニスト、ミシェル・ペトルチアーニの生涯を彼と親しかった人­々の証言で紡ぐ驚異のドキュメンタリー。『イル・ポスティーノ』の名匠マイケル・ラド­フォード監督がメガホンを取り、神業のようなピアノの腕と型破りな生き方で周りの人々­を魅了した非凡な男の素顔に迫る。その魅力を語り尽くすのは彼の父親や息子、浮き名を­流した恋人たちや元妻たちに音楽仲間たち。常に前向きに生きたカリスマのパワーに圧倒­される。
http://www.cinematoday.jp/movie/T0015006
配給: キノフィルムズ
オフィシャルサイトhttp://www.pianism-movie.com/
(C) Les Films d'ici-Arte France Cinema-LOOKS Filmproduktion GmbH-partner Media Investment-Eden Joy Music-2011

これだけではなんなので、ちょっと追記的に書きますと・・・
チャーミングな男性はいいよね♡(←そこかよw)

いやまあ、なんといいますか
ヘンに感動をあおる内容になっていなかったのがよかったです。
たしかに彼の才能はすごかったですが
強烈すぎる部分もあったようですから。
もちろん多少ぼかしてはありますけれど
こういう(ほめられない)こともしてましたよ、というのがちゃんと描きだされていたおかげで
音楽や彼の雰囲気もよりよく感じられたというか。

36歳で夭折って若すぎるだろ、と思いますが
長く生きられないかも…とご本人言ってらっしゃる場面もありますし
太く短く濃く生きた方なんですよね。
(それにしても1年に200公演以上って…寿命を縮めたのでは。
どちらがいいのかは悩ましいところではありますけども)

ドキュメンタリーではありますが
ヘンに重たかったり感動させようみたいな意図はあまり感じられない
どちらかというとエンタメっぽい感じで
音楽や演奏の楽しさ気持ちよさが全面に出ている作品で
テンション高く一気に見ちゃいました。

(オマケの話をすると
ふだんブログのほうに書いた記事を友人が読んで
ライブ行ったことあるよー、握手もしてもらったんだよーと
ツイートで教えてくれまして
たいへんうらやましかったでーすw)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。