すごいきれいかったです♪


Amazonより内容紹介
「かがみのえほん」は鏡のような紙をつかった絵本です。それぞれのページが、鏡のようにピカピカと反射する銀色の紙でできているのです。ページを開くと、両側の絵が互いに映りこみ、三次元的な空間が目の前に広がります。
鏡の効果が生み出す三次元空間に登場するのは、鮮やかな色彩の美しいにじ。ページをつらぬいて向こう側にくぐりぬけたり、どんどんふえて、互いにからみあったり…にじは鏡の力を借りて次々と姿を変え、見る人を楽しませます。
ともあれ百聞は一見に如かず。ぜひ実際に手にとって、絵本を開いてみて下さい。ページとページが90°で向き合うように開くのがコツです。読み聞かせるときは、お子さんを膝の上に座らせて、同じ目線から読んで下さいね。

著者:わたなべちなつ
出版社:福音館書店
初版:2014年10月10日

わたなべちなつさんの作品は
『きょうのおやつは』を過去記事で紹介しています。

この2冊、ほぼ同時発売ですね。
製作も同時進行だったのかしら。タイヘンだったでしょうね~★
続きを読む
スポンサーサイト

いろんな意味でにーっ!と笑っちゃう絵本でした♪


内容紹介
「かがみのえほん」は鏡のような紙をつかった絵本です。それぞれのページが、鏡のようにピカピカと反射する銀色の紙でできているのです。ページを開くと、両側の絵が互いに映りこみ、三次元的な空間が目の前に広がります。
卵をわって、小麦粉、砂糖、牛乳を入れて…さあ、いよいよおやつづくりの始まりです。鏡の効果が生み出す三次元空間で、卵の白身がとろりと流れ落ち、ゆげがふわふわと広がります。ページには読む人の姿も映りこむので、まるで自分がその場に居合わせて、おやつづくりに参加しているような感覚になります。さらに本の持ち方を工夫すれば、材料や道具を自分の手で扱っているような気分も味わえます。
ともあれ百聞は一見に如かず。ぜひ実際に手にとって、絵本を開いてみて下さい。ページとページが90°で向き合うように開くのがコツです。読み聞かせるときは、お子さんを膝の上に座らせて、同じ目線から読んで下さいね。

著者:わたなべ ちなつ
出版社:福音館書店
初版:2014年10月9日
続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。