沁みいるような絵本です。
小さい子より、むしろ思春期以降のYA世代や大人向けかも。


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
世界中でながく愛されつづけている『おやすみなさいのほん』のマーガレット・ワイズ・ブラウンとカルデコット賞受賞画家のレナード・ワイスガードのコンビがおくる一冊。日々、目にうつるものたちを新鮮なおどろきをもって自由にとらえたこの本は、1949年に最初に出版されて以来おおくの人々によみつがれている。

出版社:フレーベル館
初版:2001年9月

マーガレット・ワイズ・ブラウン作品は
『ぼくのコブタは、いいこでわるいこ』
『おやすみなさいの本』
『ぼくにげちゃうよ』
を過去記事で紹介しています。
続きを読む
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。