SF好きな方にオススメして、ぜひ感想をうかがいたいものです。

内容(「BOOK」データベースより)
渋谷・青山・麻布・銀座・新宿・湾岸…街から人がいなくなり、残されたのは建物だけ。人間が作ってきたものは何だったのか。自然との共存を拒否し、作っては壊し、壊しては作り、創造と破壊を繰り返してきた歴史がここに。


◆東京が廃墟のようになっている写真集◆
ホントに人っ子ひとりいない!
すごいタイミングで撮影しているのね…と、感心しつつ読み(眺め?)ました。

カメラを向けて、人が途切れるタイミングをうまくつかめることって、たしかにあります。
わたしは神社参拝が好きなので、参拝時に記念撮影することもありますが、全景を人なしで撮れるチャンスって極稀にあって、そのときはうわあ!って、シャッターチャンスもあわせて神様に感謝!です。
でも、それってホントに偶然なので、それを狙ってプロのカメラマンが撮影して、しかも写真集ってのはやっぱスゴイです。

都会の街中で、人がいないはずがないようなスポットがいっぱい撮影されていて、夜中じゃないからすごい早朝なのかもですが、いやー、ゴーストタウン東京、コワイですわ。ホラーっぽいですわ。
なんかね、『漂流教室』を思い出しました。環境としては『ブラスでトラブル』も近いかもだけど、あっちは写真のイメージとは違うんだな。
都会って、人がいて機能してる空気感を含めて都会なのね…。

写真の中に数点、雪景色の高速道路なんかもあるんですが、運転する身なのでゾクゾクしちゃいます。進めなかったらどうしようってあの危機感は味わった人としか共感できない。さすがに乗り捨てたことはないけど、ヤバイと半泣きになったことは数回ある…。うへえ、思い出しちゃった★

写真全体を通しての<距離間のある雰囲気>と撮影のテーマがマッチしているので、好き嫌いはもちろんあるでしょうけど、自分の知らない視点で東京という街を切り取って見せてくれる、興味深い写真集でした。
冒頭にも書いたけど、廃墟になりたてな感じがとてもSFっぽいので、SFファンの人に見て、どんな本を思いついたかとかこの作品と合わせて読むと面白いだろうとか、そういうのを聞いてみたいです。お茶とお茶請けみたいな組み合わせが知りたいw

写真を眺めていて、著者の視点に興味が出てきたので、近日中に他の写真集も見てみようかな…と思っています。



 [ら行の出版社]   [た行のタイトル] 
スポンサーサイト

ソーイング好きな方へのプレゼントにもいいかも?な繊細できれいな絵本です。

 

リトルモアの絵本はビジュアル系のものが多くて、感覚的に合う・合わないがはっきりしているんじゃないでしょうかね。

個人的にはこの絵本はかなりツボです。

 

旧館のときカテゴリを真っ先に作ったくらい宮沢賢治は好きな作家です。

すべてが名作とは言いませんが(むしろ作品によってクオリティの差が大きい作家です)、とにかくたくさん絵本化されています。

そして、その中でもこの『銀河鉄道の夜』は画家数めっちゃ多い!

画家の心をくすぐる作品なんでしょうね。

 

 

個人的な好き嫌いで言うと、嫌いではないけど、好きというほど思い入れはない作品ですが、とにかく人気が高いので目にする機会も多く、結果、あれがいいこれはどうかななどと考える機会も多くなります。

で、清川あさみさんという方の絵本作品を見て興味がわき、他の絵本作品は…と検索して『銀河鉄道の夜』を発見。

アタリの香りがする!と読んでみた次第。

 

布や刺しゅう、スパンコールなどをふんだんに使った挿絵はゴージャスかつ繊細。

使われている素材を考えると女性寄りかなー、と思いますが

男性が拒否感を感じるほど甘くもない仕上がりになっています。

そうはいっても冒頭にも書きましたが、ソーイングする人の喰いつき率は高そう。わたしは自分で絵を描くわけではないですが、この組み合わせの多彩さに驚きました。同じく手法を見て目からウロコの人もいることでしょうね。

 

色合いは夜の暗さをふんだんにあらわすためでしょうか、重たいくらいの色使いですが、素材で質感を軽くしています。バランスいいなー。

絵の数も多く、そのうえ文章だけのページの配色にも心遣いが感じられ、パッと見るだけで「贅沢な絵本だなー」って感じ。

 

丁寧だけど入れ込みすぎていない、文章との程よい距離感は手法のためか、それとも画家の感覚なのか。

この作品、抒情的な文章なので絵がそこに近づきすぎると湿った<泣かせ>の雰囲気になってしまうような印象があり、わたしはそういうの苦手なので、距離感があると安心するんですね。

銀糸で直線的なステッチがシャープだからか、それとももっとほかに理由があるのかわかりませんが、文章と絵が重なりながらも独自の世界を作っているようで、コラボという言葉が似合います。

 

個人的にはいまのところイチオシの『銀河鉄道~』かも。

ほかの清川作品もぜひ読んで、今後また紹介したいと思っています。

 

 

 [ら行の出版社]  [か行のひと]   [か行のタイトル] 

自宅PCネットが繋がらなかったため、しばらくお休みしておりましたが

めでたく開通しましたのでブログも再開です♪

 ハードカバーで絵本といいつつ子ども向けではないと思われますが

美味しそうなので、ご紹介です。

 

にっぽんのおにぎり

       白央 篤司 理論社 2015-06-23
       売り上げランキング : 27142
                                      by ヨメレバ

 

注意!空腹時に読んではいけません

おにぎりって、なんであんなに美味しそうなんでしょうね?
丸くても三角でも俵型でも、あのふんわりしたフォルムをみるとかぶりつきたくなってしまいます。
写真でもそれは同じ。ましてやこの絵本の写真たるや、シンプルにおにぎりをポンと置いて撮影しているだけのように見えるのですが、暴力的なまでの美味そうさに満ちあふれております。
活字は重たいから写真ならいいかーと思いページを開いた初回、お腹が減っていたところになんかこう、一撃をくらわされたようなショックを受けまして、あわててページを閉じました。あのまま読んでいたら、ご飯を炊いておにぎり作りはじめそうでした(笑)。

 

47都道府県の代表的な具でおにぎりを作る、それをわかりやすい文章とともに掲載する。
それだけといえばそれだけの簡潔な絵本です。
だというのに、なんなんでしょうね、このパワフルさは。
お腹がすいていなくても見入ってしまうんですよ。さらにいうと食べたくなるんですよ。


各県についての説明をくだくだしくしているわけでもないし、そもそもこの絵本に載っているおにぎりが全部地元のポピュラーなおにぎりかっていうと、どうもそうではないようなんです。が、読んでるとそれはわりとどうでもよくなってきます(笑)。
このおにぎり並べて売ってるお店が近所にあったら小銭をありったけ握りしめて小走りで向かいますね。そして悩みまくって凝視して1個か2個買って大事に食べて、次は何買おうかなーって楽しく迷いますね。ああ、どこかに存在してくれないかしら…と妄想が暴走してしまうのは、ただいま小腹がすいているからかもしれません。

 

夜中と空腹時は避けたほうがいいかもしれませんが、気になった方はご覧になってみてください。一緒に悶えましょうwww

 

 

 [ら行の出版社]  [な行のタイトル]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。