本日紹介するのは、『小説家になろう』サイトのR18女性向けサイト『ムーンライトノベルズ』で更新中の作品。
展開がアツイ!個人的大注目のタイミングで紹介しちゃいます^^

『真夏のダイエッター』(18歳以上の方のみアクセスしてください)
<小説情報のあらすじよりコピペ>
「太っている女との恋愛は無理」とフラれてしまった女子高生有年原ちより。太っていると恋愛というステージに立つことすらできないということに衝撃を受けダイエットをして痩せる決意をする。

著者は香折さん。(繰り返しますがアクセスは18歳以上の方のみどうぞです)
まだR18展開になってません。が、サイトの年齢制限があるのでくどく書いてみました。


この著者の高校生作品が大好きで、最近めっきりハマり読みしています。
R18サイトの小説って、「エロがメイン」なのから「エロを含む。しかしメインはストーリー」まで幅広くて、今日紹介の『真夏の~』は後者。なので現時点ではエロ的展開にはなっておりません。
というか、エロ以前ね。まだ恋愛両想い展開にもなってない。たぶんそろそろ来る。がんばれふたり!と、じれじれと待っている段階。更新が朝なので、もう毎朝起きたら一番にチェックしてますわwww 

仲がいい男子だからがんばって告白したのに、断り文句が…★
この冒頭でガッツリつかまれたわたしの思春期も丸かった。
相手をうらむことなくダイエットに向かう主人公のうねちゃん(有年原は「うねはら」と読むのです)エライ!
そして、頼る相手がほとんど話したことのないクラスメイト男子ってスゴイwww
彼が瘦せているから一緒に過ごして痩せポイントを知りたいとな。理由は納得だけど行動力が暴走している彼女にツッコミを入れつつもグイグイと読み進めてしまいます。

告ったのもフラれたのもその理由も身近なクラスメイトには話せない。
恥ずかしいからと自分では思ってるけど、振った相手の真庭くんを悪く言えない、根本的に優しい性格なのが大いに関係してるんだろうなあ。
うねちゃん視点でストーリーが進むので客観的な表現は少なめですが、それでも彼女の他人に対して分け隔てをしない性格や思ったことを素直に口に出す天真爛漫さなど、とっても可愛い女の子なのはよくわかる。
外見だけで振った無神経男子の真庭くんには「逃した魚はデカかった」と、後でうんと後悔するといいよ!と意地悪~い視線を浴びせちゃうのは丸い元女子としては当然のなりゆきでございますよ、うん。

もう一方のお相手は、痩せてるためにうねちゃんのダイエット計画に巻き込まれちゃった徳山くん。
クラスでの立ち位置はマイノリティぽい地味男子ですが、なんだかんだいって面倒見がよくて、彼自身の太る方のダイエットも兼ねて一緒にご飯食べたり運動したり。
徳山くんママの絵美ちゃんも一緒に、ほとんど毎日家族ぐるみのお付き合いカップルか!な勢いなのに、うねちゃんにはそんな自覚がないのがおかしくてたまりません。
徳山くん、いつごろからうねちゃん好きだったんだろ。お母さんにも(そしてお父さんにも)バレバレで、すごい協力体制なんだよね~(^w^) 
うねちゃんのおすすめに従って髪を切ってカッコよくなって、筋肉もつけつつあるからうまくいったら細マッチョか?
(ちなみにふたりの目標体重は同じ。うねちゃんは痩せて、徳山くんは太って。ダイエット協力の提案を受けたときに徳山くんが設定したんだけど、これ、ストーリー的にすごいパンチが効いててイイのです)

仲良くしつつもたまに拗れて暴言が出ちゃったり、数日会わなくなるけど片方が折れたらすぐに仲直りする二人の様子は高校生というよりもちっちゃい子の仲良しさんっぽい愛らしさ。でも徳山くんの好意はうねちゃんの無意識にじわじわ染み込みつつあって。
そろそろ溢れてこぼれるんじゃないかしら、真庭くんが変に刷り込んじゃった体重と恋愛に関するうねちゃんのコンプレックスを徳山くんはどんなふうに壊してくれるかしら、と、更新が楽しみでワクワクなのです。

タイムラグで、ブログ記事と作品内容にずれが出ちゃうんだろうなー、と思いつつ、あまりにも好きすぎて書かずにはいられなかった入れ込み中のこの作品、いっしょに読んで楽しんでくださる方がいたらとっても嬉しいです!オススメ!



ムーンライトノベルズ]   [ま行のタイトル] 
スポンサーサイト

寒い時期になると読みたくなる1冊です。
著者のリンダ・ハワードは、有名なロマンス作家で著作も多数。
ロマンスは現代ものよりヒストリカルが好きなわたしですが、この作品は現代でもピカイチにステキだと思います~♪

内容(「BOOK」データベースより)
田舎町の高校に赴任した教師メアリーは、トップの成績にもかかわらず学校に来なくなった生徒ジョー・マッケンジーを訪問した。話を聞くに、ジョーと彼の父ウルフはインディアンの混血だという理由で町民と距離を置いているらしい。ジョーが密かにパイロットに憧れているのを知ったメアリーは個人授業を申し出るが、ウルフは冷たく拒絶した―自分たちには近づくな、僕はレイプの罪で刑務所にいた男だ、と。女王リンダの最高傑作シリーズ、待望の文庫化。

去年から、
小説家になろうさんにハマっておりまして、すっかりめっきり「小説はネットで」になりつつあります。

山盛り読んでいるので、この際ですからブログ再開したら「なろう」さんの小説も紹介しちゃえ!ってことで
本日は第一弾。
婿入り募集中 をご紹介します。
短編小説なのでさらっと読めますよ♪
直リンクしているので、ご興味がおありの方は青字タイトルから直行もできます。
作者は<みわかず>さんです。

<(なろうさんからコピペの)あらすじ>
育て上げようとするそばから結婚退職していく後輩たちに焦りながらも、上司のおごりで酒を飲んで気を晴らすOLの保志。上司の同期でイケメンエリートが飲み会にまざるようになって変化が・・・


短編だからというのもありますが、この作品、アホほど繰り返し読んでますw
わたし、この方の文章好きなんですわ。
(なろうさんでお気に入りユーザーという設定があると知ったとき、真っ先に登録させていただきました)

会社の後輩の結婚式の後、仲のいい上司と美味しいお酒を飲んでるところから物語がスタート。
主人公のモノローグと登場人物の会話で進むストーリー。テンポがすごくいいです。
結婚式の華やかさをお名残に、飲み足りないけどお付き合いやバカ騒ぎって感じじゃない。
美味しいお酒を気の合う人と飲む。これサイコー!っていう軽やかな雰囲気なのね。
(いかにもわたしが好きそうでしょw)

主人公は自称「ザ・地味コ」。「仕事ぶりはまあ、普通だと思ってる」そうな。
恋愛カテゴリのネタバレしちゃうと、お相手の男性はハイスペックイケメン。
おお、なんか関係もあるの?一度の経験じゃなかったのかー、と、飲み会の後に主人公が回想しつつ、お相手のお宅へ…。

地味子とイケメン、少女マンガの始まりから続くお約束のような安定の組み合わせ、かと思いきや、
お相手の男性がいい感じにヘタレておりましたw
このヘタレ加減がね、本人談の「俺、仕事以外はグダグダよ?!」とあいまって、素晴らしく効果的なの。
口説きの台詞とかめっちゃ読み込んじゃいます。

彼の話で明らかになる、彼女の「まあ普通」ではなかった高スキルもいいんですよー。
ネタバレなので反転すると
お料理上手、素晴らしい。お茶も美味しいらしい。どんなふうに淹れてるのかなー、気になる!
そういえば名香智子さんのマンガでもあったなあ。アイドルの男性が地味な主人公の料理の腕前に一目惚れって告白する話。
「初めて言われた」みたいなセリフに、「運がよくないと見えないところだからね」って返すんだっけか。
胃袋つかむの大事だわぁ。あと、仕事のスキルもだけどなんたって彼女の気配りね。ステキステキー。


告白にしたがって、トランプを返すみたいにいろんな面が見えてきて、隠してた真面目な恋心とかね、もうキュンキュンですよ。
社会人だから、オトナだから、仕事は普通にしているけど、プライベートの気持ちはね、みたいなの読むと
うわあ、そうかそうかうんうんって、だんだん姿勢が前のめりにw 

ハッピーエンドのラストまでうっとり安心して読み進められますが、惜しむらくはこの話、オトナの恋愛の話なのよね。
なろうさんじゃなくムーンライトさんのほうでR18だったらどんな感じげふんげふん★いかん、指がすべって本音がダダ漏れたw

えーとえーと、そんな感じで甘くて後味のいい作品ですので、
やわらかであったかい気持ちになりたいときに読むのにオススメでございますよ?

ちなみにみわかずさんはなろうさんでただいま『贅沢三昧したいのです!』という作品を連載中。
こちらも面白くて、わたし、なろうさんのほうでレビュー書いてます。書きたりなかったのでwそのうちこっちでも記事にすると思いますー。



[小説家になろう]   [ま行のタイトル] 

大好きなシリーズです。が…

 

新刊が出たと思ったら…なんと…

 シリーズの最終巻

残念です~★

 

単行本にしては珍しく著者あとがきがあって、そこで最終巻であるお知らせを読み、ガーンとショックを受けました。

作中では5年ちょっとの経過ですが、現実では出版から13年、著者の構想からは19年たっているとのこと。ずれによっての違和感はないとのことでしたが、そうはいっても作品もイキモノですものね。著者の中で区切りがついてしまったということみたいです。

 

清掃のお仕事をしているのに、いつも華やかな服装で、人がいないときには大声で歌ったりする「らしく」ないキリコちゃんにもう会えないのかと思うと淋しいわーと、再度読み直してみたり。

 

観察眼が鋭くて、推理力もあるので、仕事先のオフィスでトラブルがあったときに誰かが相談すると、清掃のお仕事をしているキリコちゃんが探偵的に日常の謎を解く、というのが基本設定。

お掃除という仕事と、人が無意識に出しているシグナルってリンクしているのかもなー、と読みながら思ったりします。

 

そういえばこのシリーズ、最初は旦那さんの大介くんの語りから始まったんですよね。出会いが最初の話で、その本の終わりでふたりは結婚して。

それからの大介くんは、ときどきぴょいっと顔を出すくらいですが、活躍するというよりも、キリコちゃんをしっかり支えている存在なんですね。

結婚して5年がたってもいいカップルよねーとしばしばにんまりします。

5年以上たって「ちゃんとわたしのことを見ててくれる」ってかなりポイント高いですよ、うん♪

 

そしてシリーズ最終話では久々に彼・大介くんの語りでストーリーが進みますが、これがね、彼のいいところがとってもよく表れているんです。

 

キリコちゃんの家族が亡くなって。急な話だから、気持ちの立て直しがうまくできなくて。

その彼女の「普通にしていなくちゃいけない」を見抜いて「無理しなくていい」って伝えて、彼女のこんなふうに過ごしたいをかなえてあげるの。

何よりも、最中に押しかけてくる親戚のあしらいかたが素晴らしくて、もう神対応

キリコちゃんじゃなくて大介くんの親戚だけど、結婚していれば(とくにうるさい親戚からみれば)そうもいってられないもの。そこをキリコちゃんとは一切会わせず、しかも彼女には責任がないように計らう。

こんなやりかたがあるのかー⁉とビックリでした。

これ、パートナーがいる人は対処法を頭のどこかに入れておいて、もしものときにスマートに対応できれば、パートナーからの評価、めちゃめちゃ上がりそうな気がします。ホントこの話の大介くん、かっこよかったっす!

 

いつも周囲の人の問題を解決するキリコちゃんがこの最終話では自分の問題に大介くんと一緒に立ち向かって。事態には一区切りついて、でも彼女たちの人生はまだこれからも続いていくんだなって物語の結び。

何度も繰り返し読みたくなる作品って、こんなふうに面白くって楽しくて、『登場人物はホントにどこかにいて、わたしたちはその一部分をのぞいてるだけ』って気分にさせてくれるんですよね。

 シリーズ最初の作品からずっと、次はいつ出るのかなって待ってたキリコちゃんの続きが読めないのはホントにホントに淋しいんですが、でも納得できる最終巻なのでした。

 

著者の近藤さんに「楽しい時間をありがとうございました」ってお伝えして記事を結びたいと思います。

(そして早く重版がかかって、最終話の誤植がなおりますように!)

[さ行の出版社]   [ま行のタイトル] 

前回の記事に引き続き、この本の紹介です。

 


今回は登場人物のお話を中心に

わたし、 トラックバック的なことは基本的にしないんですが、自分が過去記事で書いたかどうか探している時に、このブログ記事を発見しまして、やーそうだったと目からウロコ的な思いだしを。

そうだよ、ベッキーおばもロマンスの話をしてたんじゃないか!と。

 

初っ端で衝撃だった過去のロマンス(というか片思い)の告白があったんですよ。しかも遺産分けの集会の真っ最中。やー、すっかり忘れてたわー。

 

モンゴメリには時々過去の回想的な物語があります。

<過去にこんな出来事があった、そして今…>みたいなパターンね。

ロマンスだったりケンカだったりとバリエーションは様々なんですが、

ベッキーおばの「昔あなたが猛烈に好きでした」と、面と向かって相手に告白し、結ばれることがない(というかそもそも今は愛情はない)ってのは、他の作品では読んだことないです。なのでかなり新鮮。

そしてまた、過去の片恋の相手がめっちゃ凡庸な感じで、思ってもみなかった告白に「何を、しかもなんでまた今さら…」と、大変気まずいという。

このあたりのリアルで滑稽な感じ、たまりませんです。モンゴメリファンで未読な方なら、せひ気合入れてチェックいただきたい部分です。

 

これに比べると他の登場人物のロマンスはわりと正統派かも(だからといって面白さがへるわけではないですが)。

…って書いてて、ふと気づいたんですが

この本、主役がいないわ! 

もしかして水差し?って一瞬思いましたが、アレは狂言回しみたいな役割だしなあ。

ゲイもジョスリンもマーガレットもドナも、なんだかんだいってサイドストーリー。

…一歩間違えたらとりとめが無くなる物語をよくまあ絶妙のバランスで仕上げたものです。モンゴメリすげーっす。

 

上記でつらつらと書きだした女性たちはマーガレット以外、モンゴメリの正統派のロマンスを紡ぎだしています。

 

ゲイの幼い恋と破れた後の真実の恋は非常にわかりやすい形ですが、だからといってときめきや切なさが減ることは一切ありません。まさに<少女マンガの世界>でして、あの読んでいないコミカライズもきっとこのゲイの物語を中心にしてるんじゃないかな?と思います。

 

ジョスリンの勘違いの恋と、それに気づいた後の復縁は、モンゴメリの得意なパターンをちょっとひねった感じですね。(とはいえ、これはぶっちゃけどうなの?とも思いますけどねー。相手のヒューのお母さんがジョスリンに対して非常に腹を立てていますが、そっちのが共感できたりする。結婚式で他の男に一目惚れをして、旦那に告白・別居…。それが一時ののぼせあがった錯覚だとわかったからといって元サヤ?ヒューの立場どうなの?って感じです。わたしだけ?

 

ドナは敵だと思ってた相手にまさかの一目惚れで恋が始まります。

激しい恋と激しいケンカ。そしてドラマティックな仲直り。わたしも気が相当に強いので、このカップル(というか、ドナの気性や対応は)あるあるわかるわかるで大変楽しかったです。

未亡人から一転して恋する女性に変わる、その心の動きも瑞々しいですし、盲目ではないけれど一途で、ヒューと世界旅行に行くことに何のためらいもない潔さもステキ。ストーリー的にはうじうじしているゲイの方が読ませるんですがw ピリッとしたスパイスのような存在でした。

 

マーガレットのロマンスは、ちょっと『青い城』を思わせますが。相手が男性ではなくて家というあたりが意外なんです。この発想はなかったw 

でもまあたしかに満足して暮らすのに異性が必要不可欠というわけではないですもんね。プロポーズされてお試し交際をして、やっぱダメ★ってくだりは当時の小説ではかなり斬新な設定だったんじゃないのかなあ、などと勝手に推測しています。

夢の幸せが現実の幸せにシフトしていく移り変わりの場面は、アタマとリアルの違い&腑に落ちる感がとても秀逸。「こう考えていたけど、実際にするならこっちの方がしっくりくるよねー」って、あの感じはスピ系の本好きさんにも楽しめそう。結果的にひとりではなく、ふたりで幸せになるんだーっていうのもよかったです。10年後、20年後の幸せな未来まで想像できます♪ 

 

あとは…狂人と思われている月の男も忘れちゃいけないかー。

普通と違うということで存在がちょっと怖いけれど、本質をついた会話をたびたびします。

「愛しているだけで、姿を見るだけで、幸せなんだ」という至極まっとうに聞こえそうなセリフですが、相手が月で、それを実行していると、とんでもなくシュールでホラーだったりもしますです、ハイ…。

 

主要なところはだいたい書いたよねー?と思っていたんですが残っていたのがビッグ・サムとリトル・サムのコンビ。このふたり、どういう扱いなんでしょうね?

カップルでは当然ないけれど、物語の最後を〆るエピソードは彼らのもの。めでたしめでたしではあるけれど、ちょっと弱かったりもして、なかなかビミョウな感じでした。これも夫婦にこだわらない幸せの形ってことなんかなあ。

このコンビに関しては、読んだ方の感想もうかがいたいです。ぜひに。

 

ということで、シチュエーション読み、キャラ読み、両方について書いていきましたが、どちらもとても楽しい作品でした。

上記のように終わりかたや人間関係など、今ひとつスッキリサッパリしない部分もあったりしますが、全体のバランス感覚は抜群です。

モンゴメリの作品集の中では異色なほうですので、そのあたり含めてお楽しみいただければと思います~^^

 

 

 [か行の出版社]  [ま行のタイトル]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。