ささささ、最終巻でございますッ!
いきなり最終巻の紹介かよ!と思う方がもしかしていらした場合に備えて
1巻の紹介記事
2巻の紹介記事
3巻の紹介記事
念のためリンクしておきますねー。

内容紹介(Amazonよりコピペ)
第3回なろうコン大賞 金賞受賞作!
大人気「北欧」シリーズ、待望の第4弾!
一目惚れからのプロポーズ、一年間のお試し婚を経て、愛を確かめ合ったリツハルドとジークリンデ。
リツ両親の帰郷、そして奇跡のような第一子誕生。二年前には想像もしなかった、二人の姿がそこにはあった。
季節がめぐるように、家族の形は変化し、辺境の村にも新風が吹き込まれていく――狩って、採って、食べる。
ただそれだけの、だからこそ愛しき大切な日常。リツとジークの愛あふれる日々は今日も続いていく。


表紙を見てオドロキです。だってなろうでは結婚式の話なんて読んでなかったから!
これはもう読まなくては!と、わたしのように思ったなろう読者も多いのではないかしら。ふっふっふ。

書下ろし?と思って比較してみましたが、なろう掲載のWeb版がベースなのは変わらず、みたいです。
ただし、結婚式の話で分かる通り、4巻は既刊の1~3巻に比べて書下ろしが多く、しかもそれが大きなポイントになっています。
そもそも、4巻最初のほうの章『第七十七話 感謝を込めて』はWeb版には『最終話』ってついていますから、連載としては一度区切りをつけていたってことでしょうね。
その後の追加話やリクエスト話などを経て3章、最終章があって、ホントの完結になったのを組み合わせ直し、さらに書き下ろし追加で4巻完成。うーん、編集の手がかかってて豪華ですわぁ♪

新規の物語は、ストーリーももちろんよかったけど、イラストがなんたって素敵だったなあ。
リツをつまみに薔薇のお酒を飲む艶っぽいジークの姿とか、結婚したけど既成事実がまだなのが判明しちゃったアイナとエメリクの場面とか。
あかねこさんごちっす!最高っす!と悶えましたw
(アイナとエメリヒはちゃんと夫婦になれるんだろうかとちょっと心配。アイナのお母さんあたりが気づいて教えてあげてくれないだろうか…)

番外編やエピローグも長めで大変嬉しいです。
言葉の通じない使用人一家のことがわかってなるほど納得。しかしこの一家はミルポロンが言葉を覚えるまで、かなり長い間言葉が通じなかったんだけど全然平気で暮らしていたあたり、メンタルが丈夫ですわねぇ。
だからミルポロンが意地悪ルカとくっつけるのかも、だけど(*´艸`*) 
そうそう、挿絵でルカを見たときは感激でした。彼の顔ってなんとなく想像し難かったので「こんな顔か!」って。うん、ツンデレだw

個人的にはエピローグのお祖父さまの話がもう好きで好きでたまらんです。
なろう版には訪問の話しかないので、お祖父さま、お年だしもしかして…?とか不安になってたら、書籍版ではちゃんと元気になっていらっしゃる!長生きして曾孫とガンガン遊び倒しちゃってください!

などなど、書籍の完結版を読んで思ったんですが
これは「なろう→本」の人も、「本→なろう」の人も、両方得した気分になる、お買い得なシリーズです。
さすがになろうの文章と書籍を突き合わせまではしませんでしたけど、それでも書籍化するにあたって、順番を入れ替えたり、挿絵やコラム的マメ知識を入れたりと、とにかく手をかけて書籍化しているのがよくわかります。ストーリーのセレクトも上手なので、なろうだけの未収録の話はオマケ話とか裏話として読める感じなのね。
そしれ両方読んだあと、「あれ?書籍には入ってないけど、たしかあんな話があったような…」となろうに舞い戻ってしまう…のはわたしだけではないと思いたい(笑)。

そんななろう版はこちらで読めます。例によってリンク貼っちゃえー
北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし

完結しつつ、たまに閑話が更新されるらしい。そして末尾に追加ではなく、時系列に沿って挟まれているようだ…。
なのでブックマークからは外さず、活動報告を見てはいそいそと再訪したりするのでありました。

書籍化作品や完結作品のほかにも、マシメサさんはなろうで連載中の作品が複数あり、しかも更新頻度が高いので毎日とっても楽しめます。
わたしと本の趣味が合う方には、ぜひぜひ他の作品もおススメしたい!『~遠征ごはん』も『~花色衣~』も『炎の神子様~』も面白いんだぜぇ\(^o^)/

ということで、たぶんそのうち記事にすると思いますー。お待ちくださいませですー。


 [た行の出版社]   [は行のタイトル]   [小説家になろう]
スポンサーサイト

3巻です!ドレスでしっとり美人さんのジークに大注目です♪

2巻の紹介記事はこちら
1巻の紹介記事はこちら

内容(「BOOK」データベースより)
一年前の夜会で出会った、立場も文化も異なる二人―辺境の地を治める貧乏貴族リツハルドと、二つ名持ちのイケメン元軍人女性ジークリンデ。一年間のお試し婚の結果、相思相愛を確認し(やっと?)正式な夫婦に!報告と新婚旅行を兼ねてジークの実家へ旅立った二人だが、旅先で待っていたのは想像もしないことばかり!!「ジ、ジーク、も、もしかして!?」「待て、落ち着け。まだ分からない」プレゼント満載のクリスマスツリー。貴族のお茶会に、ほかほかグリューワイン。ジーク父、こだわりの肉汁溢れるソーセージと生ハム、愛情たっぷり薔薇のジュース作り、と心も身体も温まる第三巻です!第3回なろうコン大賞金賞受賞作!


今回は1冊まるまるジークの祖国です。
旅行先、ドレスを着ようとしたジークのコルセットをリツが締めるというセクシーショットのイラストが物語の開始早々にありまして、やだもうジークさんったらナイスバディ♡などと勝手に盛り上がりましたが、これが伏線だったとは★
盛大にネタバレなので一応反転しましょうかね。
ジークさん、ご懐妊でした!おめでとうございます\(^o^)/

というわけで、1週間くらいの予定の旅行が1年くらいの滞在に延びちゃうわけです。
その間、ジークがすばらしく女性らしくなっているのに驚くご実家の男性陣ですが、ジークのありのままを受け入れ、素敵な女性だよ好き好き大好きとリツに愛情をそそがれまくって1年過ごしていますからねえ。そりゃあ女性としての自信がつかないほうがおかしいですよ。うん。
彼女にとっては実家よりもリツの隣が自分の居場所。なので離れることを考えると不安になっちゃったりもして、この巻のジークは可愛いさ満開!ふたりのイラストもジークが女性らしい服装と髪形をしているためにさらにあまあまに。砂吐き注意の帯は伊達じゃありませんことよ(笑)。

新しい登場人物が今回もたくさんいます。主にジークの家族や親戚ですが、なんと行方不明だったリツの両親も帰ってきました。お祖父様にぎゅうぎゅうに締め上げられたあとリツの代わりに領主の仕事をすることになったため、登場場面はわずかなんですけどね。
10年ぶりの再会なのにあまり悪びれてない両親と、文句のひとつもないリツに、ええ子や…と思う一方で、情の薄い親子だなあという感想もチラリとよぎりますが、ジークとの夫婦関係が円満だから寛大でいられるってことかな。
ま、リツは人懐っこいのでジークの実家でもすこぶる仲良くやっていますしそれでいいのか。お義父さんと一緒にお風呂とか、仲良すぎるだろう、ともちょっと思うけどwww 

そんな仲良しお義父さんと作るソーセージや実家でのお食事、出かけて外で食べるものなども大変おいしそうで、飯テロも健在。うむ。リツが姪っ子ちゃんたちに花を食べさせられる場面もありまして(物語の雪妖精の好物らしい)、幅広いw食メニューでございます。

そうそう、飯テロで思い出しましたが、この巻のあかねこさんイラストのミニ知識は果実酒バラの花ver.です。
あまたあるメニューから薔薇のお酒がピックアップされたのも、あまあま夫婦らしくってよろしゅうございますね。
3巻目で書き出すのは後出しじゃんけんぽいですが、各巻の裏表紙に食卓のイラストがありましてね。素晴らしく美味しそうなので空腹時に見るのは危険なくらいです。3巻はソーセージですか…あ、お腹空いてるのに見ちゃった。ヤバイ…。

とにかく幸せそうなふたりの物語を読んで、一緒にふわふわしてしまうのが目的だろうそうだろうとにやにやしてしまうこの作品。ジークの妊娠・出産を経て、さらに幸せでフワフワしてる雪妖精のリツがジークを愛でずにはいられない3巻も安定のあまあまでした。今回もご馳走様でした(合掌)。


このブログで紹介しているのは書籍ですが、「小説家になろう」でWeb版も読むことができます。下記リンクしておきます^^
 ↓
北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし


 [た行の出版社]  [は行のタイトル]  [小説家になろう]

2巻です!仮暮らし後半です!
(1巻の紹介も念のためにリンクするっす)

内容(「BOOK」データベースより)
雪国の辺境で一年間のお試し婚を始めた、妖精系貴族・リツハルドと猛禽系イケメン女子・ジークリンデ。季節は巡り、極寒の地にも春が訪れる。縁溢れる森の恵み―キノコと燻製肉のソテー、釣りたて魚フライにトナカイ肉のスープ、各種ベリーはパイ、ジャム、お酒にも―賑わう食卓に心浮き立ち、雪解けと共に奥手な二人の距離もゆっくりと縮まっていくが…突然来訪したリツの祖父・アーダルベルトは見抜く、「遠慮をしているから仲も深まらないのだ!」そして村では、もう一組の異文化カップル、アイナとエメリヒの恋も急展開!?狩りと食事と、恋心。ハンティング型スローライフ、待望の第2弾!


ふたりの出会いからは半年ちょっと。春になって野外に出かけることも増える時期。
雪が解けて、人の行き来もしやすくなりますよねー。
ということで、祖父の訪問あり、エメリヒの再訪あり、新しい部隊長の就任ありと来る人も多く、ベリー摘みや祭りなど出かける機会も増えます。順調に愛が深まっているようです。ふふふ。

元の話が「小説家になろう」から削除されていないので、ネットでもまだ読めます。

ネットには2巻の『ジークリンデの雪国日記』がないのでございます(ないよね?わたしの見落としじゃないよね?)。
なろうさんでは読めなかったリツへの想いがさらに深まるジークの内面。本の醍醐味ですよ(ΦωΦ)フフフ…。

そうそう、本の醍醐味といえば、このシリーズはオマケ的に1巻にひとつミニ知識がついております。
1巻はククサ(木のこぶを使って作るカップ)で、2巻はなんと熊の解体方法!あかねこさんのキュートな絵で解体されておりますよ。
や、役には立ちませんが(震え声)楽しいのでいいことにします。
そうそう、あかねこさんといえば、表紙のふたりの姿もステキですが、中のイラストも雰囲気が変わってよいのですよ♪
筆で描かれているのかしら、線がとっても柔らかいんですよね。人物のアップが多くって、リツとジークのいちゃらぶはニヤニヤと眺めてしまいますし、アイナちゃんの可愛いツンデレや泣き顔には萌えがたぎります!この方の描くキャラ、ホント好きだぁ~♡
ジークの髪が伸びてきて、少しずつ女性らしい柔らかい雰囲気になってきて、たまらんです。ほほ。

そうそう、サブキャラで恋愛模様を展開してくださる美少女アイナちゃんと、元はリツの恋敵だったエメリヒは、この巻で急展開を遂げているので、そこもお楽しみですね。主役ふたりは順調に愛を育んでいるので、ドラマティックな展開はサブキャラたちにお任せです。まあ、あまあまなのはどっちもどっちですけどねー(笑)。
あ、甘くなるまでもうちょっとかかる別のカップル未満の話もありますよー!

物語後半で本当の夫婦になり、仮暮らしあらため狩り暮らしへ移行となり、これからも甘くて幸せなふたりの生活物語は続きます。
既に読んではいるのですが、続きを再読するのがさらに楽しみです\(^o^)/

(本はまだだけど、ネットでちょっと試し読みしたい方はこちらへどうぞ→ 北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし(小説家になろう))


 [た行の出版社]   [小説家になろう]   [は行のタイトル] 

小説家になろう」発の単行本です。
なろうさんで読んでるだけでは飽き足らず、結局買っちまったぜ。悔いなし!

内容紹介
極寒の地を治める伯爵・リツハルド。男前の元軍人・ジークリンデ。彼女の鋭い眼差しに心奪われたリツハルドは、思わず告げる。
「あっあの、自分と結婚して下さい!!」
――一目惚れからはじまる、1年間のお試し婚。ソリを駆ってトナカイを狩り、解体&仕分け&熟成。
ベリーを 摘み、保存食に蝋燭&伝統工芸品も作る合間に、凍結湖で魚釣り。熟成肉の香草焼きに、トロけるチーズとパリパリソーセージ、
木の実いっぱいのパンとほかほかサーモンシチュー。自給自足な狩猟民族的スローライフを通して、奥手な2人は無事、正式な夫婦になれるのか!?
応募総数6284作! 日本最大級のライトノベルコンテスト「第3回なろう(小説家になろう)コン大賞、金賞受賞作!!
オーロラ輝く辺境ではじまる、不器用夫婦(仮)のほのぼの生活、スタートです。

帯の文章もいいなあ。『狩って、採って、食べる』とか『お腹が空いて、恋したくなる』とか『飯テロ&砂吐き注意!』 とかね。
そんな話ですよ、うん(笑)。

江本さん、あとがきによるとこの作品がデビュー作だそう。
美味しそうな挿絵がたっぷりで、中のページも凝ったデザイン。あかねこさんのイラストやデザイナーさんとのマッチングが素晴らしいです。
なろうさんでも読めるのにわざわざ本を買ったのは、本としての完成度が素晴らしかったからなんですよね。

なんたって表紙!
わかりますか?手前にいるかわいこちゃんがリツハルドですよ。主人公で「」ですよ!「」!(大事なことなので二度書いて、かつ太字にしました)
そして赤毛が奥さんのジークリンデ。どうよ、この凛々しさ!めっちゃオトコマエ!さすがどこに行ってもファンクラブができるだけのことはある。
リツハルドが初めてジークを見た時も、女性たちに囲まれていたもんなあ。リツは女性の中に紛れて近寄りプロポーズした訳だけど、外から見てたら女性に混じっても違和感のない愛らしさだったのではなかろうか…。

見た目は男女逆転、では中身は?というと
見た目通り凛々しくさっぱりしたジークに対し、リツは意外性のかたまりでございます。
おっとりしているのは、まあ見た目通りですが、狩りもするし解体も慣れたもの。タフだ。
そしておおらか。ジークのような女性に惚れて、精神的・肉体的にマウンティングをすることなく、しかし自分の気持ちはしっかり伝える。ジークが平静な顔をしつつ、ドキドキして惹かれていくのもよーくわかります!
(物語は基本的にジーク視点が中心ですが、巻末に短編の『ジークリンデの雪国日記』がついているので、彼女の内面が垣間見られるのです。ふふふ)

出会い頭のプロポーズから、1年の仮暮らし提案。冬直前にジークがリツのところに来て共同生活が始まります。
初めてのこと尽くしの生活をするジークをリツがあったかくサポートしながらふたりの間柄も少しずつ近くなって。
冬越しの準備も、食事もゲームもいっしょ。
去年と同じように季節が巡っても、ひとりとふたりではやっぱり違うよねっていうのがリツの言葉の端々からうかがえるから、読みながらめちゃめちゃ応援しちゃう。物語のキャラ(たぶんおそらく野次馬モブ)の一人になった気分でガッツリ参加できるんです。

1巻は冬の始まりから春になるまで。
言葉の通じない使用人や排他的な村人たちや訪ねてくる友人(元恋敵?)など、主人公夫婦に負けない彩り豊かなキャラが揃っていますので、彼らがこのあとどんな活躍をするのかも楽しみ。
小説家になろうで読んでいるひとは書下ろし部分を、なろうを読んでいないひとは全体を。じっくりたっぷりお楽しみください。
あ、ちなみになろうでは完結済みになっていますが、こっそり閑話的な更新がされることもあるみたい。後ろじゃなくて挟み込みみたいなので、著者の活動報告のあと宝探し気分で再訪するのもまた楽し、ですよー♪ 

北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし


  [た行の出版社]  [小説家になろう]  [は行のタイトル] 

タイトル見た時から気になってました。活字中毒の好奇心、めっちゃそそられません?

今第二部の三巻目までが出版されてるようです。

コミカライズもされてるみたい。未読ですがそちらも気になりますねー。

(個人的には脳内で名香智子さんの絵で世界が展開されていたりします…)

 

 [た行の出版社] [か行のタイトル]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。