今日紹介するのは『小説家になろう』に掲載された中編。著者は霧島まるはさん。
下記のタイトルから作品が読めます。

『長靴をはいた侍女』 

<作品よりコピペのあらすじ>
 雨の日は、好きだ。下っ端侍女のロニは、雨が降るたびにそう思う。
 ロニには、雨の日に仕事があった。彼女の仕えているお嬢様の手紙を、とある屋敷にお届けするという大切な仕事が。
 雨降る花の都を長靴で歩くロニの、小さな恋物語。

霧島さんは書籍化された『左遷も悪くない』という全5巻の作品があり、ワタクシ、ただいま読んでる真っ最中。
面白いので読了後、ブログ記事にするかも♪
(ちなみに霧島さん作品はみわかずさんが以前活動報告で『ソバカス隊長と暗闇の蜜蜂』という作品をオススメしていたのが出会いのきっかけなんですな。この作品もよかったよ~!)


『長靴をはいた侍女』は2014年に連載されたのかー。
雨の日になると思い出して読みたくなって、何度も繰り返し読んでるんだよね。

憂鬱な雨の日。億劫な雨の日。
でも、「晴れるのを待つ」んじゃなくて「雨ならではの楽しみ」があったとしたら…。
うん、晴れの日よりもワクワクするかも。
そんな『雨の日だけ届くお手紙』を配達しているのが主人公のロニ。
ネタバレすると「最初の2回は偶然で、指摘されて気づいた」ってことだけど、<雨>という自分たちでは選べないお天気というキーワードと組み合わせられたら、内容が普通だったとしても、特別な手紙に感じてグッときそうよね。
『男性から女性に』じゃなくて『女性から男性に』というのもポイント高い!雨の日だけという、控えめなタイミングで「あなたのことを考えています」ってアピールになるうえ、相手にお返事を強要していない(←ここ重要)。 
うん、素晴らしいアプローチだ。
雨がくると思い出す→お手紙が来る→読む→(たぶんイイ感じのほんのりラブレター)
これはリピートされれば男性も絆されるよね。そして男性がお返事を書き、雨の日の文通となり、関係が深まる、と。

メール中心の現代では無理な「手書きのお手紙」「イレギュラーだけどちゃんとわかるタイミング」「特定の配達人」というスペシャリティのコンボ。
あーなんてロマンティック!ありえないけど体験してみたーい!とか思っちゃう(*´艸`*)

でねでね、この道10年以上のベテラン侍女のロニが、この作品で初めて自分も執事頭の男性と文通するようになるっていう設定も素敵なのね。
本編終了後のおまけの話の最後がふたりの手紙のやり取りになっていて、初々しくて愛らしくて、もだもだニヤニヤ。
主人公ふたりのやり取りを見ながら、お互いの主人の手紙を妄想するのもまた楽し、なのよ。

挿絵つきで書籍化されないだろうか。もしくはコミカライズ。心の底から読んでみたい!
雨と長靴が上手な絵だといいな。主人公カップルは地味目な感じで、主人カップルは男性が派手めなのが希望。
どんな人がいいかな、森薫さんとか川原由美子さんだと絵柄が派手すぎるかな…とかもう妄想が大暴走www
いつか紙でも読めますように…(^人^) 



小説家になろう]  [な行のタイトル
スポンサーサイト

なろうさんも読んでますが、アルファポさんも読んでおりますw
てことで、今回はアルファポさんで見つけた書籍化作品のご紹介。

内容(「BOOK」データベースより)
双子の妹達から保護者役をお願いされ、最新のVRMMOゲーム『REAL&MAKE』に参加することになった青年ツグミ。妹達の幼馴染も加えた3人娘を見守りつつ、ツグミはファンタジーのゲーム世界で、料理、調合、服飾など、一見地味ながらも難易度の高い生産スキルを成長させていく。そう、ツグミは現実世界でも家事全搬を極めた、最強の主夫だったのだ!超リアルなほのぼのゲーム世界で始まった、ツグミ達のまったりゲームライフ。その珍しいプレイスタイルから、いつの間にか他のプレイヤーに大注目されることに…!アルファポリス「第7回ファンタジー小説大賞」優秀賞受賞作!
第1巻がこちら。


最新刊はこちら。

アルファポリスの連載は、書籍になった部分が短縮Ver.で読めるようになっています。未収録の続きも掲載されていますよん♪
のんびりVRMMO記(なろうさんでも連載されてたそうですが、書籍化のため作品が削除された模様)



さて、本の内容の前に、まずはVRMMOとはなんぞや?って話から。
この作品に限らず、VRMMOとついた小説を読んでいると「リアル体感ゲームなのね」というのはなんとなくわかる。
でも記事にするなら正確にわかったほうがいいよね、ってことでググりました。
ニコニコ大百科が詳しく説明してくれてましたよ。
なるほどねー、実現しなさそうだけど楽しそうな架空空間。ファンタジーというか、SF的な設定なのね。ガチSFみたいに世界の作りこみはされていなくてある意味ご都合主義ではあるけれど、SFの小難しい設定を理解するのは大変なのよーってわたしみたいなタイプには好評なのでは?

このシリーズはロジックありきの作品が好きな人にはお勧めしません。
キャラ読みがキモなので、キャラが好きになれるかどうか&ずっと同じのんびりまったりのテンションが気にならないかどうかですごく評価が分かれそう。(実際、最近の巻についてはAmazonのレビューけっこうアレだったりします★)
あと、コミカライズもされているので、そっちのほうが合う人もきっと一定数いると思う。
わたしはコミックも小説も好きだけど、それは単に小説の挿絵のほうがお兄さんの顔が好みだからwwwコミックはキャラが全体的にちょっと幼い印象なんだよね。

ふわふわふらふら気の向くままに遊び暮らすゲームの中の主人公たち一同と、それをこっそり愛で、掲示板で楽し気に語らう他プレイヤーたち。
成長や進歩はあまりないけど、ゲーム内の1日ってリアルの30分だそうで、それを考えるとゆるふわでもいいかー、とw
主人公のツグミが若いのに主夫で家事以外の仕事をほとんどしていないけど大丈夫?とか、ツッコんじゃいけません。
仕事して稼ぐ大人が登場しないよね、ってのも同上。
ゲームの中でも伏線なの?回収しないの?っていうのがありますが、それはまあ、これからに期待…なのか?
文体とか世界観のゆるい感じが魅力なので、詰めちゃって持ち味が変わっちゃうと面白くなくなる可能性が高そうでね。それでいじれないんじゃないかなー、なんて勝手に思ってます。

誌面構成がちょっと凝ってて、テイム(仲間に)したモンスターの感情を顔文字であらわして、本文の上に吹き出しで見せたり、ちょこちょこ現れる掲示板やステータスが挿絵と文のあいだ、みたいなデザインになっていたり。
ラノベというよりも児童書っぽいかな。小学校中学年くらいからなら楽しく読めると思うー。
と、自分で書いてて腑に落ちた!
ラノベだと思って物足りない人もいるが、児童書と思って読めば満足できるはず!
そりゃー、わたしが好きなわけだよwww

納得したところで、また読みなおしましょうかね。
あ、コミックスも面白いので、気になった方はこちらもどうぞ。

掲示板の表現が楽しくて好きです。わたしはゼンゼンマンさん推し!
お仲間がいたら嬉しいでーす\(^o^)/



あ行の出版社]  [アルファポリス]  [な行のタイトル

あれ?ブレザーの色が変わってますけど、いいの?
1巻を買った翌日に再度本屋に走りましたよ(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン

内容紹介
能面をつけて生きる女子高生・花子さん。のほほんと過ごす花子さんですが、彼女をめぐる妄想、そして恋心はヒートアップ! 花子さんの意外な一面も明らかになって…!? 能面女子の青春コメディ第2巻!!

買った勢いで書いた1巻の紹介記事が気になる方はこちらからどうぞ!


2巻のあとがきで「1巻が売れなかったら2巻は出なかった」とぶっちゃけられていましたが、すでに3巻は出る予定になっているらしい。人気があってなにより。
1巻のメンバーがはっちゃけてパワーアップしております。

花子さんはねー、安定の能面さんなんですが
香穂ちゃんはちょいズレに磨きがかかり
けんちゃんはどんどん残念なお頭に
三郎さんの変態っぷりも順調に進行…
要するに、みんなヘンなベクトルになってますwww 

特に三郎さん!あなたちょっとそこに座って(以下略)といいたくなってしまうのは、わたしが成田美名子さんの『花よりも花の如く』を読んでるからかも。
…うん、同じカテゴリに入れるのはムリがあるよね。
でも、両方読んでるとどうしても浮かぶんだよおおお!
両方読んでこの葛藤が通じる人と語り合いたい。マジで。
小面で反射的に思い出すのが、『花よりも~』のシリアスなエピソードだったりしませんか?ねえねえねえ!

ところで織田さんのテクなのか、今どきの女子高生はこういうものなのか、スカート短くて大胆ポーズで上手にヤバいとこ隠されて描かれてるんですけど、それ気になってるのわたしだけでしょうかとムリヤリ話を変えてみる。
えっちいアングル多いよね。見事に隠されてるけど。ドキドキする男子へのサービスなんだろうかw

さらに気になっているのが、花子さんママの面はいつから般若なんだろうということ。気になる同志はいませんかねー?花子さんの初面のときから般若ですけども、親戚の方々は孫次郎とか増女とかじゃないの?(1巻最終話を見て知ったかぶりで書いてみる)
泉家の面のルールがわかる巻はこの先くるのかしら?などと、どうでもいいことでワクワクしてみたり。
あとねあとね、今記事を書きながら思ったんですけどね、花子さん、美容室ではどうしてるんだろ。シャンプーもカットも面ひも邪魔なんじゃない?そのうちネタになったりしないかなーw

斯様に気になっていることは多々あれど、ストーリーがすすむにつれて意外とどうでもよくなってるのは能面の中の花子さんの素顔だったりも。
クラスメイトの坂本君はいまだに気になっている(というか美人であってほしいと思ってる)みたいだけど、能面があれだけ表情豊かでキュートだと、カラーじゃなければ違和感を感じなくなっちゃって。読んでるうちに慣らされてきちゃったわあ(しみじみ)。
まあ、カラーコミックスの表紙を見るとやっぱり「おおっ」とはなるんですけどね。インパクト強いわw

今の流れだと、3巻は水着姿が拝める予定の花子さん。巻末の注によると、予告のラフと実際の水着とはデザインが異なる場合があるそうですwけんちゃんサブちゃん、鼻血出さないようにねwww
磨きがかかりつつある花子さんのキュートな能面姿がさらにかわいくなることを期待して(マジで1巻より2巻のがリアルなのに表情豊かに愛らしくなっております。見比べ必須!)、夏まではちみちみと1巻2巻を読み直すことにしまっするー。


か行の出版社]  [な行のタイトル] 

は…ハライタイ…(明らかに笑いすぎ)

内容紹介
【能面をつけて華麗に生きる、喜劇のヒロイン誕生!】
家庭の事情で、能面をつけて生活している女子高生・花子さん。
見かけはホラー、中身はキュートな花子さんのスクールライフは、
恋あり!友情あり!!能面あり!!!!
まわりの視線もなんのその!能面女子の青春コメディ!!


何でいつ読んだんだか忘れましたけど、これは一回読んだら忘れられないよね!ってことで、コミックス見つけて即買い。2巻を一緒に買わなかった自分を深く反省しています。過去の自分に説教したい…。


コメディとギャグの間くらいのテイストです。とにかく笑える。
花子さん自身強烈なキャラクターではあるんですが、能面という設定がすごすぎるためその性格がかすみがち。どう考えてもフツーじゃないのに意外とフツーっぽい?と思わせられてしまうのです。ザ・能面マジック!
花子さんナイスバディなのに!キレイなEカップのおっぱいが小ネタだよ?ご飯をどうやって食べてるのかのほうが大ネタなんだよ?それってどうなの?(ややキレ気味)

…いやまあ能面かぶってお食事どうするかってのは十分ネタになりますけどね。
(そしておっぱいネタのように、ちょいエロなサービス?もあります。下品じゃないから女性も男性もオッケーだよ、きっと)

しかしねえ、能面をかぶって暮らしてると、日常すべて目が離せなくなるのねえ。
入学式、持ち物検査、お弁当、鬼ごっこ(笑)。どれもこれもすんげー楽しい!
花子さんは同中の生徒がいない高校に進学した設定なので、周囲はみんな初めてさん。そりゃービビるよねーw
別の学校に進学した幼馴染み男子とか、新しく知り合った能楽師も加わり、オマケにふたりとも残念男子(男性)なのでさらにカオスに。
あ、幼馴染み男子はお勉強が得意じゃないイケメンだそうで、その設定がところどころいい感じのスパイスになっています。使い方上手いです。
仲良しのクラスメイト・香穂ちゃんはすっとぼけの入った狂言回し的役割。そして他のほとんどのクラスメイトは普通の人で、ビビりつつも内心のツッコミは読者の声を代弁していると言っていい、はず…。うん。読んでるうちに毒されてきたのかちょっと自信なくなってきたけど。

毒されたといえば、1巻読み通すと能面がめっちゃ表情豊かに見えてきましてね。
これは著者の愛と表現力でもありますけども、どんな角度からの能面でも表情豊かで可愛い(キュートとファニーのどちらに分類されるかは読者によるんだろうけど)のがすごいんだわ。能面なのにねえ。。。
著者の能面愛半端ないっすよ。マジで。

1巻は、受賞作と小学生編も入っているので、プレの世界も味わえます。
あと、スキマページの小ネタも飛ばしててナイスです。
この先どこまでどれくらい笑わせてくれるのかがめちゃ楽しみな作品、このブログ書いてる途中で出かけて2巻買ってきましたから、書き終わったら即読み始めますわ。

てことで、待ちきれないので1巻の感想はこのへんで!
(たぶん近々2巻の感想も書きますッ!)


 [か行の出版社]  [な行のタイトル] 

けっこう前に出てた本なんですね。気になりつつも読み逃していました★

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。