SF好きな方にオススメして、ぜひ感想をうかがいたいものです。

内容(「BOOK」データベースより)
渋谷・青山・麻布・銀座・新宿・湾岸…街から人がいなくなり、残されたのは建物だけ。人間が作ってきたものは何だったのか。自然との共存を拒否し、作っては壊し、壊しては作り、創造と破壊を繰り返してきた歴史がここに。


◆東京が廃墟のようになっている写真集◆
ホントに人っ子ひとりいない!
すごいタイミングで撮影しているのね…と、感心しつつ読み(眺め?)ました。

カメラを向けて、人が途切れるタイミングをうまくつかめることって、たしかにあります。
わたしは神社参拝が好きなので、参拝時に記念撮影することもありますが、全景を人なしで撮れるチャンスって極稀にあって、そのときはうわあ!って、シャッターチャンスもあわせて神様に感謝!です。
でも、それってホントに偶然なので、それを狙ってプロのカメラマンが撮影して、しかも写真集ってのはやっぱスゴイです。

都会の街中で、人がいないはずがないようなスポットがいっぱい撮影されていて、夜中じゃないからすごい早朝なのかもですが、いやー、ゴーストタウン東京、コワイですわ。ホラーっぽいですわ。
なんかね、『漂流教室』を思い出しました。環境としては『ブラスでトラブル』も近いかもだけど、あっちは写真のイメージとは違うんだな。
都会って、人がいて機能してる空気感を含めて都会なのね…。

写真の中に数点、雪景色の高速道路なんかもあるんですが、運転する身なのでゾクゾクしちゃいます。進めなかったらどうしようってあの危機感は味わった人としか共感できない。さすがに乗り捨てたことはないけど、ヤバイと半泣きになったことは数回ある…。うへえ、思い出しちゃった★

写真全体を通しての<距離間のある雰囲気>と撮影のテーマがマッチしているので、好き嫌いはもちろんあるでしょうけど、自分の知らない視点で東京という街を切り取って見せてくれる、興味深い写真集でした。
冒頭にも書いたけど、廃墟になりたてな感じがとてもSFっぽいので、SFファンの人に見て、どんな本を思いついたかとかこの作品と合わせて読むと面白いだろうとか、そういうのを聞いてみたいです。お茶とお茶請けみたいな組み合わせが知りたいw

写真を眺めていて、著者の視点に興味が出てきたので、近日中に他の写真集も見てみようかな…と思っています。



 [ら行の出版社]   [た行のタイトル] 
スポンサーサイト

やっと読みました~\(^o^)/

 

『小さな国』シリーズ 有川浩Ver. いよいよ開幕

有川作品のコロボックルシリーズはもう1冊、『コロボックル絵物語』がありますが、こちらは正直いって、どうもそのー…だったので、この作品も読むのはおっかなびっくりでした。

なにしろ、シリーズを著者バトンタッチで続けるという、類をみない続行ですからね。しかも児童文学の作家ではない方が話を続けるわけですし。いろいろ勝手が違って大変だったのではないでしょうか。

 

作中に『小さな国』シリーズも出てきて、新シリーズであることもしっかりアピールしつつ、文体や言い回しなども違和感なし。

佐藤さとるVer.からの読者も安心して読めます。流石だー、と感心です。

また、枝分かれしたコロボックルたちの物語にもなっていて、構造も面白いですね。

違う著者が同じシリーズを書いているのだということを理解して読む大人はにんまりしながら、有川ファンでこれが初コロボックルの読者は、この巻のあと、シリーズ初巻に遡りも可。まったくもってうまくできております。

個人的には最後の展開があれもこれもと逆転のオセロのようなひっくり返しっぷりで、ちょっとくどいような気もします。が、これは嗜好性の範囲なのかな…。

 

総合的にみて、上手に佐藤さとるコロボックルを踏襲しつつ、有川らしさもにじみ出た、まさに融合の1冊!でした。

 

 

とはいえ、作品を読みながら、今後のシリーズについて頭を離れない1点がありましたので、作品を離れての個人的メモとして書き留めておきます。

 

わたしはこのコロボックルシリーズの代替わり、何年か後にもう一回大きな転機をむかえることを意識せずにいられないのです。

 

はい。挿絵の変更、ですね。同じ連想の方もいらっしゃるでしょう。

 

佐藤さとる有川浩へのバトンタッチは村上勉の絵によって繋がれているので、視覚的にそれほど大きな違いは感じられないのですが、この先もシリーズが続くのであれば、いつかは村上勉から絵をバトンタッチされる挿絵画家も現れるはず。

 

どんな人になるのか、そしてどのような形で引き継がれるのか?

 

今はまだまだ未知数ですが、この代替わりが行われたときにコロボックルの世界にもさらに変化がもたらされるのでしょうね。

 

 

『だれもが知ってる小さな国』は、新しいコロボックルの世界への第一歩が踏み出された作品でもあり、さらなる次のステップを考える作品にもなったのでした。

前シリーズからのオールドファンの一員として、これからのシリーズの行方も楽しみに読み続けていきたいものです。