『翔んで埼玉』、リアルタイムで読んでました。なつかしー(^▽^)/(トシがバレるな、こりゃwww)

内容紹介
30年以上の時を経て、『翔んで埼玉』が奇跡の大復活! 傑作短編集『う~ん、マンダム。』の発売! 続いて代表作『パタリロ! 』の舞台化が決定! 魔夜峰央氏の身に今、何が起きているのか。思い返せば魔夜氏の人生は奇跡の連続だったという。雪国での生い立ちに始まり、漫画家デビュー、ホラーからギャグ漫画家への転身、運命の出会い、自身が「冬の時代」と呼ぶ、長い苦難の時期、そして……今。本書では、そのすべてを赤裸々に語っていただきます。はたして、その人生に降りかかった神がかりの数々とはどんなものだったのか。スピリチュアル漫画家・魔夜峰央先生初のエッセイは、心が軽くなる言葉に満ちた、まるで自己啓発書のような読後感の自伝的作品になりました。巻末付録として、守護霊漫画『龍王無尽』(「パタリロ! 」第129話)を収録!



「え、オカルトじゃなくてスピリチュアルなの?」がタイトルを見たときの第一印象。
スピが流行ってるのもあるだろうし、魔夜さんが直感型の方で、人生のいろいろな時期でインスピレーションを受けて人生を送ってきたこともあり、あわせてのタイトルじゃないかな、なんて勝手に妄想。

自伝とエッセイの間、みたいな感じで、これまでの人生の出来事や感じたことを合わせながらの語り口調で書かれています。
ふんわりした柔らかい語り口なので読みやすいです。

なんとなくだけど、書いていることの裏側にはもっといろんなニュアンスや出来事があって、それらのうち書いても大丈夫そうなところを最大公約数にまとめてさらりと書き表したのかな、なんて。

や、わかんないですけど、なんかこう、後ろにもっとあるよね?って言いたくなっただけです。うん。
魔夜さんのオカルトやホラー、大好きだからかもですね。面白いんだよう。『妖怪缶詰』とか読んでみようかな。懐かしい作品いっぱい詰まってそう。
そういえば、魔夜さんの描いたぬらりひょんはとってもイイ感じだった。洋物も和物もお上手な方だから、妖怪作品や妖精作品の新作を読んでみたいな。あと、ホラーや幻想作品のコミカライズとか。絶対すごく面白いはず!

漫画家や作家の方は多いみたいですね。インスピレーションや直感が鋭い方。魔夜さんもそうみたい。
だからといっていいことばかりではなく、耐え忍ぶ<冬の時代>もあったことを本書で知りました。『パタリロ』がずーっと続いているから、<冬の時代>のことなんて考えてもみなかった。
その<冬の時代>を乗り越えられたのは、いい時期に購入していた財産で、ピッタリなくなったとか読むと「おお~っ!」ですわ。
日常ずっと大なり小なり感じるものがあるんでしょうね。で、それらが現実になるのを体感し、その積み重ねの結果が今回の文章ってことかな。
みんなに共通するものではないかもしれないけど、独りよがりとかじゃないので、感じるものがあるなら生活の上で心がけていくといいのかもです。

巻末にパタリロの『龍王無尽』が収録されているのも面白かったですよ。実際こんなふうなのか?はわからないけど、いい心がけで生きるに越したことはないので参考になるかと(^皿^) 



 [は行の出版社]   [さ行のタイトル] 
スポンサーサイト

はい!本日も小説家になろう掲載作品のご紹介でございます。

本日は<いちはつ>さんの完結済み小説「書簡」をご紹介いたします。
全25話です。中編…でいいんだよね、きっと。(何篇くらいから長編というのか、よくわかってない)
上のタイトルをリンクさせていますので、読みに行けますよ~。

まずはコピペのあらすじね
「小さなイリスは王宮のお茶会で、尺取虫を見つけた。周りの少女たちに見つかったら、きっと使用人に命じてつぶしてしまうだろう。その前に、こっそり逃がしてやらなければ。
尺取虫を救おうと奮闘するイリスに、手を差し伸べたのは一人の騎士だった。

あらゆるいきものを愛する令嬢と、小さなレディがかわいくて仕方がない騎士の、能天気な日常とおてがみ。」



なろうさんはジャンルも対象年齢もいろいろです。
R18のサイトは独立していますが、R15以下だと全部いっしょ。
タイトルで分かりやすい場合もありますが、一方ではこの作品みたいに、タイトルだけだと埋もれちゃうんじゃない?というものも。
で、面白いかどうか読む前にあらすじでアタリをつけるんですが
このあらすじのツボはなんたって尺取虫。虫愛ずる姫君ですか。むふふ、よさげ~。
ってことで読んでみたら…、いいわぁ♪なんともわたしのツボのど真ん中でした。

主人公のイリスは物語開始の時点で8歳。
お茶会に参加しても人の見分けはつきませんが、イモムシについては一家言あり。気にしてくれた騎士にイモムシ愛を熱く語ります。
このくだりを読んで「あー、そうそう。あの足のむちむち、かわいいよね」とうなずいたわたしもけっこうなイモムシ好きです。わはは。
ファーブル昆虫記にハマった時期がある方は理解してくださると信じようw

ちなみにこの物語、かなりの確率でクラシックタイプの児童書好きな方に気に入っていただけると思います。
なんたって、イリスがとっても子どもらしいの。
虫や自然が好きで、人や身分に対してはあまり頓着しなくって。
だからかどうかわからないのですが、実はお相手の騎士の年齢が不明です(笑)。たぶん10歳弱くらい年上だと思うんですが、ぼかされちゃってます。そういえば、身分もこの話では出てこないのよね。サイドストーリー的な物語があるので、そちらを読むとわかるのですけども。

ストーリー序盤は騎士をはじめ、友人関係の構築がメインで、中盤からは騎士との文通が中心。
父親は遠方に住むことが多い、いわゆる転勤族的な仕事をしていまして、イリスは父との暮らしのほうが好きなんですね。
物語が始まった頃、姉の希望で家族での暮らしから父の単身赴任にチェンジしたのですが、イリスは友人に手紙を書くことを大義名分にして、父と一緒に暮らせるよう画策・実行するのです。
仲が悪いわけではないようですが、母・姉と別居することに関して抵抗感がないのは貴族だからでしょうかねー?

遠方からの騎士への手紙は身近なものの面白さや楽しさにあふれています。
この手紙の書き方がいかにも8歳くらいの子の文章っぽいです。すばらしくこなれていて、上手いなーと感心しきり。
ここも児童文学が好きな人にオススメしやすいポイントね。

『あしながおじさん』の時代から、素敵な手紙の物語は面白いに決まってる!のですが、これは愛をもって表現し伝えようという書き手のココロがダダ漏れるからでしょうか。イリスも騎士のフェリクスも手紙にたっぷり愛情やいたわりや思いやりがこもっております。

離れて暮らしたり、戻ったり、遊びに来てもらったりと距離が離れたり縮まったりの中で、変わらず友情をはぐくみ。
穏やかではない国際情勢や理由を知らせてもらえない事情での文通の中断があり。
そして長くどうしているかわからなかったフェリクスとの再会。
物語の終盤は、最初は淡く、やがてだんだんと恋の予感を漂わせる美しい流れです。
暗い国際情勢は墨のシミのように違和感をもたらしますが、音楽の転調のような役割を果たしているんですね。成長がゆっくりだったイリスが子どもから若い女性に外見も内面も変化する、その下支えをしているのでしょう。
再会時のフェリクスのモノローグが読みたかったなああ!(←想像して悶えておりますw)

イリスの社交界デビューに贈るフェリクスのプレゼントは高価でありつつもふたりの大事な思い出を濃やかに詰めていて、気づいたイリスのとまどいは初々しく、フェリクスの申し出は柔らか。品のよいラストに頬が緩みます。ティーンズちょっとだけ手前の女の子にぜひぜひ読んでほしーい!あと日常穏やか系のほのぼの物語が大好きな人にも!(ただし虫嫌いを除く。←ここ重要)

欲を言えばエピローグでふたりのその後の様子が知りたかったのですが、これに関してはスピンアウト的な別作品が不定期連載されているので、そちらで今後読めるよう期待します。
(とてもとても後のエピソードと思われる短編があるのですが、残念なことにちょっと哀しいトーンなので)

はあ、いいもの読んだなーと幸せになれる作品でした。またリピ読みしようっと!


[小説家になろう]   [さ行のタイトル] 

傾向的に、これからもう少しYA本の紹介を増やせるといいかな…と思っています。

まあ、最近読んでいるYAのガイドブックが面白かったからなんですけどw(あ、YA本は記事の最後にリンク貼っておきますねー) 

 

 

YAってね、やっぱりアタリ外れがあるというか、妙に生真面目だと面白くないし、エンタメに寄り過ぎるとラノベになってしまうという、なかなか難しい部分がありまして。

その点、この本はとってもYAっぽくてようございました♪ 

 

ちょっと幼くて単純で詰めの甘いダンスィーが一生懸命に格闘しながら半年ちょいがんばって調理しながら成長していく爽やか系のストーリー。

主人公の米崎恵志の視点からクラスの1年弱のようすが語られます。

専門科のある高校ってこんな感じなんだー?

卒業時に調理師免許の取れる食物調理科は3年ともなると実習がメイン。毎日せっせと調理したり献立考えたりの繰り返しです。

 

<ショクチョウ(食物調理科)>の大きなトクチョウは『話し合いは全員一致まで』。

なかなか独特なルールだけど、大問題でも小問題でもこの決定事項は繰り返し出てきます。今時珍しいけれど、こうなると徹底的に考えて論議をしなくちゃいけなくなりますねー。

パワーゲームにならないあたり、YAの中では若干児童書寄り的な位置づけなのかもです。

 

学校の特性を活かすためなのか、主人公のタイプなのか、恵志は高校3年生にしてはちょいと幼いかな?と思うところが多々ありますが、要素のいれ方によっては物語の流れが全然変わってくるでしょうから、恋愛要素や人間関係のあれこれに関してうとい子を主人公にして、純粋に調理の話にするのがいい、ってことなのかな。

 

 取り組んで、失敗して叱られたりそこから何かを学んだり、たまに学んだつもりが学べてなくってさらに叱られちゃうことなんかもあったり。

ものすごくドラマティックなことばかりおきるわけじゃないし、飛躍的に恵志の腕前があがって天才シェフに!なーんて少年マンガみたいな展開もないけど、だからこそ<日常>のあったかさや面白さがみっしり詰まってます。 

読み進むにつれて、そうそう学校ってこんなふうだった、っていう懐かしさと若さのパワフルさのおすそ分けをいただく気分になりました。

 

 美味しそうで元気が出る、まさに表紙のご飯のような作品。

モリモリっと一気に読めちゃいますので、気になった方はぜひご一読をどうぞ♪

 

そして、この本を知るきっかけになったYAのガイドブックがコチラ↓。

ここで紹介されてる本を読んでブログ記事にすることがこれから増えるかも?ですー^^

 

 [か行の出版社] [さ行のタイトル]

ちょっと前に話題になってた本です♪

 

 

 

いやー、初っ端から笑わせていただきました。

巻頭「この本の使い方」なんですけどね

その1:あなたが初心者なら

その2:あなたが経験者なら

その3:あなたが「誰がなんといっても生きものは持たない主義」なら

となっていまして。


要するにどの人にも『全部読もうね』とおススメしているわけなんですが、その表現がもうね、「持たない主義の人にまで!」と笑っちゃいます。まあ、本を読んでいる時点で持ちたくなくても興味がある人ってことですもんね^^

 

章立ては1章から4章まで。持つ<人>によって分けています。

生きものカメラマン、総合ペットショップオーナー、いろんな生き物を診る獣医師、そしては虫類専門店オーナー。
人気があるペットがいるかと思って安心してページをめくっているうちに、生きものがどんどんマニアックになっていき、最後は「それはそもそも生きている状態で出会うチャンスがあるのか?」という感じになってきます。

わたしはたいがいの生きものはさわれると思いますが、タランチュラだのゴキブリだのスッポンだのはさすがに持とうとは思いませんよ?

これを『全部読』んでどうしろと…(笑)。

 

さらに書くと巻末の<応用編>、毒ヘビやワニの持ち方まで登場します。

すでに雑学の域すら越えているのではないでしょーか?

 

えー?とネタのように笑いつつも

合間合間に犬や猫など家でよく飼われているコンパニオン・アニマルたちも出てきますし、獣医さんの章には爪切りについて書いてあったりもします。

 

まったくもって

役に立つんだか立たないんだかわからない本です(笑)。

 

読むのに時間はかかりませんし

どういう役に立つものかは謎ですが

こういうつかみどころのない本を知っていて、読んでいて、面白がれるというのは

なんか豊かなことなんじゃないかなー、と

読みながら思ったのでご紹介してみましたのでした♪

 

 

 [や行の出版社]  [さ行のタイトル]

美味しそうで、深い味わいの取材本です。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

人生最後のご馳走 [ 青山ゆみこ ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/1/11時点)


内容紹介

余命わずか3週間―。あなたなら何を食べますか?

末期のがん患者14名と、彼らを支える家族、医師、スタッフの物語。

臨終の間際によみがえる、美味しい記憶 末期がん患者が最期の時間を過ごす淀川キリスト教病院ホスピス・ こどもホスピス病院では、週に一度、患者が希望する「リクエスト 食」を作ってくれる。

一見そう豪華でもない、ありふれたメニューだ が、一人一人にとっては、これまでの人生と深く繋がっている最高 の「ご馳走」なのだ。

本書では14名の患者が「リクエスト食」に寄 せる思いを中心に、彼らを支える家族、医師、スタッフの物語を丁 寧に紡ぐ。 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。