ソーイング好きな方へのプレゼントにもいいかも?な繊細できれいな絵本です。

 

リトルモアの絵本はビジュアル系のものが多くて、感覚的に合う・合わないがはっきりしているんじゃないでしょうかね。

個人的にはこの絵本はかなりツボです。

 

旧館のときカテゴリを真っ先に作ったくらい宮沢賢治は好きな作家です。

すべてが名作とは言いませんが(むしろ作品によってクオリティの差が大きい作家です)、とにかくたくさん絵本化されています。

そして、その中でもこの『銀河鉄道の夜』は画家数めっちゃ多い!

画家の心をくすぐる作品なんでしょうね。

 

 

個人的な好き嫌いで言うと、嫌いではないけど、好きというほど思い入れはない作品ですが、とにかく人気が高いので目にする機会も多く、結果、あれがいいこれはどうかななどと考える機会も多くなります。

で、清川あさみさんという方の絵本作品を見て興味がわき、他の絵本作品は…と検索して『銀河鉄道の夜』を発見。

アタリの香りがする!と読んでみた次第。

 

布や刺しゅう、スパンコールなどをふんだんに使った挿絵はゴージャスかつ繊細。

使われている素材を考えると女性寄りかなー、と思いますが

男性が拒否感を感じるほど甘くもない仕上がりになっています。

そうはいっても冒頭にも書きましたが、ソーイングする人の喰いつき率は高そう。わたしは自分で絵を描くわけではないですが、この組み合わせの多彩さに驚きました。同じく手法を見て目からウロコの人もいることでしょうね。

 

色合いは夜の暗さをふんだんにあらわすためでしょうか、重たいくらいの色使いですが、素材で質感を軽くしています。バランスいいなー。

絵の数も多く、そのうえ文章だけのページの配色にも心遣いが感じられ、パッと見るだけで「贅沢な絵本だなー」って感じ。

 

丁寧だけど入れ込みすぎていない、文章との程よい距離感は手法のためか、それとも画家の感覚なのか。

この作品、抒情的な文章なので絵がそこに近づきすぎると湿った<泣かせ>の雰囲気になってしまうような印象があり、わたしはそういうの苦手なので、距離感があると安心するんですね。

銀糸で直線的なステッチがシャープだからか、それとももっとほかに理由があるのかわかりませんが、文章と絵が重なりながらも独自の世界を作っているようで、コラボという言葉が似合います。

 

個人的にはいまのところイチオシの『銀河鉄道~』かも。

ほかの清川作品もぜひ読んで、今後また紹介したいと思っています。

 

 

 [ら行の出版社]  [か行のひと]   [か行のタイトル] 
スポンサーサイト

このアリスには、ぜひぜひ売れて版を重ねていただきたい

身もフタもありませんが本音です。

 

内容紹介

ルイス・キャロル不思議の国のアリス』刊行150周年記念出版!高山宏の新訳と佐々木マキの描き下ろしイラストで贈る、日本語版『不思議の国のアリス』の金字塔!

装丁・祖父江慎+鯉沼恵一(cozfish)(オール2色刷り・四六判・上製)

誰もが知ってるお話の、誰も知らないコトバとカタチ 「会話のない本なんて本じゃない、といちばんはじめのところでアリスが言っています。 この翻訳は会話のある本になっているはずです。 アリスは同時に絵のない本なんて、とも言っています。 この本の「絵」はどうですか? このたび、絵もあれば会話もある本をお届けできました」(本書より)  

 

 おススメのアリス、アリマス

アリスは古典です。
しかもたいてい挿絵がついています。
有名どころでいうとテニエルにラッカム、ちょっと変わりどころだとトーベ・ヤンソン(←ココロの姉妹のツイ友さんオススメ。未読の読まなくては本)とか?
どれもそれぞれ味わい深いんですが、まさか佐々木マキ氏にあの世界を再現していただけるとは思わなかったですよ!

 

ツイ友さんというかブロ友さんというかな方に「出てるんですよー、いいんですよー」っておすすめいただいて、なるほどいいかもと思ったんですわ。

表紙は色もイラストもわりと地味めで(失礼★)、中のイラストも2色なんですけども、それがまたいい味出してる

…って、佐々木マキさんの他の本でも書いたことあるような。

 

過去の蒸し返しはさておいて、とにかくアリスがかわいい!んですが、このアリスは媚のないかわいさなんだよねー。

アリスというとロリータ、みたいに結びつけられることもありますけど、このアリスにはエロス感じないっす。萌えないっす。でもめっちゃカワイイっす♪

 

そして新鮮だったのはウサギ!全然かわいくないwww 
狂言回し的にあらわれるから、可愛く描かれることが多いんだけど、このアリスでは不機嫌全開のぶっさい感じです。

女王はトランプまんまだし、チェシャ猫はにっかり笑ってるしね。

いわゆるパターン的な絵を踏襲しているところとそうじゃないところが絶妙にミックスされていて、うわーもうなんていうか…好きだー!!!!!

 

そして話が戻りますが2色遣いね。

とっても素敵なんですが、デザインの方が色も決めてるのかな?折に合わせてなのかわからないけれど、いろんなパターンの2色があって誌面が華やいでます。

編集者さんのインタビューないかな~、っとググってたら
表紙と中身がチラリと見られる記事発見!

 イイ感じのイラスト、ご確認いただけますよ~ん^^

 

そして忘れてはいけない、文章つーか翻訳でございます。

アリスのストーリーは知ってるけど、そして過去に精読したこともあるけど
絵だけではなく本文もしっかり読みなおしました。そして退屈しませんでした。
うーん、すごい。

 

アリスって、夢オチで、実をいうとそれほどわたし好みの内容ではないんですよ。それが結構シャキシャキ読めちゃうというのは、かなりこなれた翻訳なんですねえ。

高山氏のあとがきによると、アリスの訳は二度目とのことですが、前回の自分の訳をなぞるわけにいかないところがしんどそうです。

 

『”time”を「間」と訳せば解決すると気づいた』ことについて『天にものぼる心地』と書いていらして、この文章読むだけで一緒になって「おお!」と興奮しましたねー。

フィットする言葉を見つけた時のあの幸福感。個人の趣味のブログであってもたとえようもない嬉しさです。それがプロの翻訳家でお仕事で発揮できたら…感無量でしょうね。おめでとうございます!

 

年月を重ね、いろんな版が出ている中でも、面白い作品は「これはナイス!」とピッカピカに光を放ちます。

そしてこの本はまさにキラキラチカチカと細やかにまばゆく輝いているんです。


アリススキーさまも、ちょいと興味のあるだけって方も、

ぜひぜひ手に取ってご一読くださいませですー♪

 

 

[あ行の出版社]   [か行のひと]  [は行のタイトル]

ダブルで読みました。

 

 [あ行の出版社]   [か行のひと]  [か行のタイトル]

のうさぎさんのシリーズ、久々の紹介です。


内容(「MARC」データベースより)
のうさぎさんは鏡をもらいました。お洒落なくまさんとおおかみくんが鏡をのぞきこみます。でも2人はだんだん不機嫌になっていくのでした…。月刊『クーヨン』掲載「のうさぎのこうふくブックみずうみ」の絵本化。

文:片山令子
絵:片山健
出版社:ビリケン出版

このシリーズは
『いえ』
『ともだち』
『あな』
を過去記事で紹介しています。
続きを読む

なぜかワタシの脳内ではこの本「不思議なアイロン」になっちゃってます★
魔法だってばよ!(←検索間違いを何度もしたあげく自分にキレてます)


内容(「BOOK」データベースより)
ジョンが宝くじで当てた、ごく普通のアイロンが、隣り近所をまきこむ大騒動のもとになり…。ストーリーテリングの名手エイキンが、昔話の伝統にのっとりながらも自由で個性的なユーモアやファンタジーを展開させた、ふしぎなお話9編。小学中級以上。

文:ジョーン・エイキン
絵:河本 祥子
出版社:岩波書店(岩波少年文庫)
初版:1988年11月18日

エイキン作品は『ふしぎな八つのおとぎばなし』を過去記事で紹介しています。

エイキン作品で検索して読んだのか~
…ハイ、自分のしたこと思いっきり忘れてますw
どこでどう本を探して読んだのか、って
どうも自分のなかでは重要じゃないみたいで
どんどこどんどこ忘れちゃいます★
モノ忘れがよくてねぇww
続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。