うーん、濃い…。でも読みだしたら一気です。
以下Amazonの紹介ですが、コピペで1記事にできるんじゃね?ってくらいいっぱいだったので、あえて短い方の文章をコピペ。さらに目次をショートカットしました。

内容紹介
パロディマンガの巨星がマジに描いた、明日は我が身のうつ病脱出コミック!
著者自身のうつ病脱出体験をベースにうつ病からの脱出に成功した人たちをレポート。うつ病について実体験から知識を学べ、かつ悩みを分かち合い勇気付けられる、画期的なドキュメンタリーコミック!


興味がある方は、Amazonのページに行くと目次ともっと詳しい紹介文が見られます。
目次で登場している人名を見て、あの人も?え、この人も?うつの人って多いのねー⁉って驚くんじゃないでしょーか。わたしは驚きました。

実をいうと、わたしも病院にいくほどではないのですが、うつ傾向があります。
ツイートもしましたが、コラム的にはさまっている『あの時ぼくはうつだった その1』の症状に似たようなことやってます。アレ落ち込むんですよねー★
家にこもりっきりになったり、入眠時に声が聞こえる、いわゆる幻聴だろうなーという体験もありますが、基本設定が丈夫なので「動けないかー、寝よ」「声が聞こえるということはそろそろ眠れるのねー」と、後者は不調にすら当時気づかなかったという…。過去の自分にツッコみたいレベルなので病院に行こうとかは思わないんですけどね。

ま、軽度とはいえ、そういう傾向の自覚があるのでこの本も気になったわけですが
読んでみると、気温差、気圧差でうつ傾向が表面化するなど(著者の田中さんは気温差でやられ、ツイートすると気圧差の人からの反応があったそうな)、病気未満でも役立つ情報がいろいろありました。
気分のアップダウン激しいんだよねー、とか、情緒不安定な時あるんだわーって人は読んでみて損はしないと思います。
コミックだから読みやすいですし、掲載著名人の中にファンの人がいたら、今まで知られてなかった一面が見られますよ。

いろんな人のケースが読めるのもいいんですが、表現として秀逸だなーと思ったのは<うつ>。表紙にも登場している、なんだかゲルっぽい妖怪みたいなヤツです。キモイけど嫌悪感を感じるほどではないこの表現うまいです。山盛りいるときしょくて、少ないと「ま、いっか」程度に許容できそうなイメージ。
田中さんはいろんな絵柄を描ける方のようですが、著作の絵柄は手塚治虫ふう。そのせいかブラックジャックを連想してしまいました。似たキャラで表現されている人も登場します。サービスいいなあw
似てるのがダメって人にはおすすめできませんが、気にならないファンの方ならさらに楽しめます。

ところで、この本の本編の終わりに「つづく」ってあるんですけど、コレ、エピローグがあるからなのか、それとも続編の予定があるからなのか、どっちなんでしょうね?
もっといろんなケースが読めれば、自分の不安定さに対応するやりかたが増えそうな気がするので、続きがあるならぜひ読みたいです。 

今、うつや双極性障害のトンネルの中にいる人も、傾向があって不安定な気分の人も、ずーっとそのままじゃないから大丈夫って元気づけてくれる一冊なので、たくさんの人に読んでほしいです~。


か行の出版社]  [あ行のタイトル

スポンサーサイト

ぶたぶたさんのコンビニコミック、去年出てたんですよね。買ったけど、オススメしたくて姉のうちにもってっちゃったので手元にありません。またどっかで見つかったら買おう。
前にも書いていますが、小説ぶたぶたさんシリーズの新刊ペース早いです。わたしの読書ペースが追い付かなかったりする。もっとマメにならねば…★

内容(「BOOK」データベースより)
寒い冬の夜。商店街の一角に気になる店が。覗いてみると、温かな雰囲気に心が躍る。ああ、入ってみたい、そんなとき。もし、店の隅にピンクのぶたのぬいぐるみが転がっていたら、それは「味に間違いない店」の目印かも。見た目はぬいぐるみ、中身は心優しい中年男性。山崎ぶたぶたが、いろんなタイプの飲み屋さんで、美味しい料理とともにあなたを待っています。
ぶたぶたさん好きすぎて、こんだけブログで紹介してました。こんだけ書いてたらいいよねってことでカテゴリ作りましたわーw
(過去記事のカテゴリ分けはおいおい…(;^_^A)
「ぶたぶた」
「クリスマスのぶたぶた」

「キッチンぶたぶた」
「ぶたぶたの本屋さん」
「ぶたぶた日記(ダイアリー)」
「ぶたぶたの甘いもの」


矢崎さんは食べ物を美味しそうに書く作家さんで、ぶたぶた以外に『食堂つばめ』シリーズも順調に巻数が増えています。良きかな良きかな♪
で、今回は居酒屋さんやバーのマスターをしているぶたぶたさんの話。
ツイートもしましたけど、切実に近所に「やまざき」(テイクアウトがいろいろできる居酒屋)か「桜屋」(おでんの屋台)が欲しい!です。仕事終割が遅い、でも外ご飯を日常にするのはあんまり気が進まない…って方は読むの気をつけたほうがいいかもです。すっごい!リアルに浮かぶから!(経験者は涙をにじませ語る)

ずーっとずーっとぶたぶたさんのシリーズを読んでいるので、彼は脳内での知り合いです。
ぶたぶたさんの作る食べ物は美味しそうで、しかも彼の姿を見ながら他愛のない話をしてもいいなら、通うよね。うん。
だから遠くにありますって話は聞きたくなくて、やっぱり近所とか行ける範囲の場所にあってほしい。『僕の友だち』の新宿ゴールデン街で日替わりの店主さんとかもいいなあ。ホラー語ってくれるのかー、がんばって仕事の調整するかも。

リアルではちょっと人見知りの気があるわたしでも、ぶたぶたさんにならきっと話しかけられると思うんだけど、でも、飲食店だったらとりわけ話しやすそう。カウンターで話し込まなくても、挨拶がてらの一言二言でいいの。元気出ると思うの。
…うん、最近ちょっと疲れてる自覚ある(笑)。

だからこそ!こういう本で日常の元気をストックするのですよ。

読みながらニヤニヤしたり、「あるある」と頷いてみたり、そうかなー?と思ってみたり。
気軽で読むのに神経使わなくていい安心感のあるシリーズ、大事。
ぶたぶたさんにはわたしの永遠のお隣さんでいてもらって、だれかと話してて、美味しいものを作っててほしいものです。
読んでる間は楽しくて、読み終わると本棚で次回の待機をしてくれる。そんな1冊でした。


 [か行の出版社]   [あ行のタイトル] 

なんて美味しそうな表紙なんだ!

内容紹介

果てしない未来と、果てしない不安。甘いお菓子が、必要だ。待望の続編! 美人で頼りがいのある椿店長。 「乙女」なイケメン立花さん。元ヤン人妻大学生の桜井さん。 そして、食べるの大好きアンちゃん。 『みつ屋』のみんなに、また会えます──。 50万部突破のベストセラー、待望の続編ができあがりました! 

 

やっと出版されましたー!ホントに待望でしたよ。

5年?6年?なんかそれくらいぶりです。

今作を一言で表現するなら、ズバリ

ダブル乙女の悩み

 でしょうか。

読めばわかる。読んでください、と書いて済ませたいくらいですw

 

ま、そんなわけにもいかないので、例によって個人的感想をつらつらと。

 

前回同様、デパ地下の和菓子屋さんで出会う日常の小さな謎を解読していくタイプの連作短編集の趣。

今回はちょっとほろ苦い話が多めかな。とはいえ深刻ではない展開なので安心して読めるのは変わらず、です。

 

そして読んでいるうち、このシリーズに時間がかかるのがなんとなくですがわかります。

「若いっていいね」っていう人もたくさんいますが、いいねって言われる裏側でしんどい思いをしていることもいっぱいあって。

主人公のアンちゃんの内心を表す文章を読んでいるうち、そうだよねー若いってしんどいことでもあるんだよねーって思い出します。

元気だけど経験値が足りないから、空回りしたり、考えすぎちゃったり。

真面目に仕事していて、一緒に働く人にも恵まれてるけど、この先どうなるの?どんな自分になりたいの?ってつい考えちゃう。

こういう、いわゆるフツーの子の迷いとミステリを共存させて、なおかつ主人公の成長や和菓子の話も入れて…ってなると、要素とバランス諸々の兼ね合いが難しいんじゃないかなー、と。

 

アンちゃんは相変わらず生真面目で素直で美味しく味わうのが上手。周囲の人たちにもかわいがられています。

自己評価の低さにもどかしさを感じる人もいるかもですが、自分のいいところは「あたりまえ」「フツーのこと」だと思っていて気づかないのが彼女らしさでもあるのでねー。このあたり、なかなかビミョウです。

どう見てもモテてるのに気づかないしな!前作の紹介記事でも書いたけど、ホントに誰か教えてあげてほしいですよ。

アナタ学校ヨリモ社会ニ出タラ抜群ニモテルタイプナンデスヨ~♪

ってね^^

 

一方で変化しまくっちゃってるのが立花さんです。

前作では割とシンプルに〈乙女男子〉だったんですが、今作ではすごく複雑。

乙女度も(やや)低くなって、お悩み真っ最中で。

が・がんばれー!っと読みながらココロで応援。

 

ところで立花さんって、おいくつ?たしか前作でも書かれていないんだよね。

年齢差は…?とかいろいろ妄想たくましくなっちゃいます( ´艸`) 

師匠と読者にはバレバレのつつぬけで、お相手は全然まったく気づいていない恋がこの先どう展開するのかも非常~に楽しみです。

以下反転ね。

アンちゃんはお菓子販売の才能たっぷりあると思うし、立花さんが職人の後、独立開店したら奥さんになって売り子ちゃんで切り盛りとかいいよねえ…なんて妄想が暴走するわけですよ。

しかしそれは出来すぎ…というか、下手な少女マンガのエピソードみたいにもなっちゃうよねー。って、一読者が何をそこまで考えてるんだつー話ですよねーwww

 

ここで終わり、じゃなくて続きが期待!のシリーズなので(そのあたり主人公の年代が近いけど『シンデレラ・ティース』とか『ホテルジューシー』とは作品のタイプが違うね)展開が難しそうな気もしますが、でもやっぱりさらに続巻が楽しみです。

願わくば、次の巻はもう少しインターバル短く出版されてほしいものですが、丁寧に書かれて少しずつ変化するのがこのシリーズのよさでもあるので、ファンは既刊2冊を読み返しながらグッと我慢だな。

 

あ、初読でも再読でも、このシリーズを読むときはお菓子とお茶を手近に置くのがおススメです。美味しい作品なので、ゼッタイ食べたくなるから。

作中に出てくるお菓子(や食事)と飲み物ならなおいいけど、なかったら手ごろな甘いお菓子とそれにあう飲み物でも全然オッケー。

気持ちとお口、ダブルで幸せになりましょうね~^^

 

 

追伸:前のブログで『和菓子のアン』も紹介しているので、過去記事のリンクも貼っておきますです。よろしかったら合わせてどうぞ!

『和菓子のアン』

 

 

 

 [か行の出版社]  [あ行のタイトル]

 うんと小さい子向けのポップアップ絵本です。

 

おめでとうのももんちゃん (ももんちゃんのポップアップえほん)

       とよた かずひこ 童心社 2010-11-30
       売り上げランキング : 317809
                                      by ヨメレバ

Amazon.co.jp: おめでとうのももんちゃん (ももんちゃんのポップアップえほん): とよた かずひこ: 本

内容紹介

きんぎょさんがぴょーん、さぼてんさんが「どっこいしょ」ってとびだした! サボテンさんもちくちくすたすた。おばけさんもどろどろどろん、みんなでおでかけです。みんなによばれて出てきたももんちゃんは、大きなプレゼントをかかえているよ。人気シリーズがポップアップ絵本になって登場です! お誕生日カード付。

 

ももんちゃんのシリーズは過去に数回ご紹介しています。とよたさんのカテゴリも作っているのですが、過去記事整理がまだおいついていないので、検索していただくのが確実です(すみません!)


あかちゃん絵本・ファーストブック系ではかなりのおススメ本なんですが、ポップアップにして大丈夫かな?というのが読む前の感想でした。

さわって壊しちゃわないかな?って。
結果的にいうと、危惧はあるのですが、一般的なポップアップ絵本より作りが単純なので、多少は持つかも…?って感じです。

 

ポップアップというと、いろんな仕掛けがしてあって、さわって動かしてというのがわりと定番のように思うのですが、この『~ももんちゃん』に関しては立ちあがって「おおっ」とビックリして終わりというシンプルさ。
こう書くとあっけないように思われちゃうかもですが、小さい子向けで作るなら、やっぱこうかな、という納得感があります。
切りぬき式の仕掛け絵本もありますけど、あれは「切り抜かれてる(けど、実は違うんだよ)」というのが理解できないと面白くないのでね、ちょっと大きい子向けなんです。
その点これは「わ♡」ってなって次にいけますから、たぶん読むのもラクではないかとw 

 

でもってこの絵本、読んでみるとわかりますが、「おめでとう」と言われるのはももんちゃんではないのです。
読み手のアナタにおめでとう、なんですね。

ということで、ズバリ


プレゼントにピッタリ


なのでした。
やっぱり誕生日プレゼントがいいかしらん。1歳とか2歳あたり。
わかりやすくてアピール力バッチリ、これプレゼントの重要ポイントです。
すごく仲良しってほどじゃないから、絵本の好みはわからない。「絵本はまだ…」って言ってるから実はあんまり読み聞かせ経験ないかも?でも絵本って面白いのになー。
って感じなら、こういう変化球絵本でお近づきになってもらうのも一つの手だと思うんですよ。
もちろん自宅用に買うもよし、です。


ハロウィン終わってクリスマスあたりかな、悩んだ時の選択肢のひとつとしてご検討どうぞでございます。

 

[た行の出版社] [あ行のタイトル]

 今月の大人絵本会のお題本です。

…って、もう明日じゃないですかー!?

 

いしゃがよい (幼児絵本シリーズ)

さくら せかい 福音館書店 2015-05-13
売り上げランキング : 72215
by ヨメレバ

 

 

Amazon.co.jp: いしゃがよい (幼児絵本シリーズ): さくら せかい, さくら せかい: 本

 

以下はアマゾンからのコピペです。ネタバレ部分は反転しています。
内容紹介 山で迷子のパンダの子どもを見つけたエンさんは、ファンファンと名付けて育てます。体の弱いファンファンが病気をするたびに、エンさんはファンファンを自転車に乗せ、ひと山越え、ふた山越えて医者通い。やがて、ファンファンは大きく丈夫に育ち、今度はファンファンが年老いたエンさんを乗せて医者通い。ふたりの温かい交流を描きます。 2010年に「こどものとも年少版」(1月号)として刊行されると、最後の2ページになるといつも声が詰まり、涙なしでは読めません、というお便りが数多く寄せられました。ファンファンが病気をするたびに、「ひとやま こえ ふたやま こえ いしゃがよい」と繰り返される文章と、帰り道にエンさんが歌う「このこ だれのこ パンダのこ」という歌のリズミカルな心地よさ。そして、時が経つにつれて成長していくファンファンと、年老いていくエンさんの見事な対比。なんともいえない温かい余韻が心に残る作品です。
 
出版社からのコメント 月刊誌「こどものとも年少版」の作品として刊行当時、読者の方から沢山の感動のおたよりを頂きました。「無意識にあたたかい心というのは、こういうふうに人生に返ってくるのだと思いました。」「心に残る素晴らしいお話!」「子どものために読んだのに、私自身の心の芯を温めてもらいました。」「何度読んでも、最後の2ページに涙してします。」「リズムがよくて、娘も大好きです!」 みなさんからの熱い声にお応えして、このたび待望のハードカバー化となりました。
 
 
…もう、書くことないかもwwwいやいや、そういうわけにもいきませんので、つらつらと書いていきましょうかね~^^
 

第一印象→読むまでタイトルの区切りがわかりませんでした

…って、身もフタもないアレなはじめかたですね★ 


でも、この手の迷いポイントはひらがな絵本にときどきありますよね?
「いしゃが よい」なのか「いしゃ がよい」なのか、すぐにわかりました?わたし、迷いまくりましたよ。
Amazonの解説を見るとすぐに「医者通い」なのはわかるんですけど、見ないで読みはじめましたから。
正解でしたけどねー。
まあ、どちらか納得できるように、まずは読んでくださいということです。

で、読んでみて… 

続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。